企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ワークエンゲイジメント ワーク・エンゲイジメント

「ワーク・エンゲイジメント」とは、従業員の心の健康度を示す概念のひとつで、仕事に対して「熱意」(仕事に誇りややりがいを感じている)、「没頭」(仕事に夢中になり集中して取り組んでいる)、「活力」(仕事に積極的に取り組んでいる)の三つが揃って充実している心理状態を指します。ワーク・エンゲイジメントの実現は、組織におけるメンタルヘルス対策が目指すべき新しいテーマとして注目されています。
(2010/10/18掲載)

ワーク・エンゲイジメントのケーススタディ

人も組織も健康に――メンタルヘルスの新指標
活力ある生産性の高い職場づくりを目指して

企業のメンタルヘルス対策は事業者の社会的責任であり、活力ある職場づくりの第一歩です。すべての組織において、全従業員を対象に、心の健康が確保されなければなりません。一方で少子高齢化に伴い、労働者人口の減少が進むなか、企業にはより多様な労働力の活用と、労働力の“質”の向上も求められています。企業のメンタルヘルス対策は、不調者を対象とした医療や福祉、福利厚生という視点だけでなく、従業員の健康度の増進による生産性の高い職場づくりを目指す視点も求められるようになってきているのです。メンタルヘルスを含めた従業員の“こころ”の問題への対応は、いまや企業の命運を左右する重要な経営課題のひとつといえます。こうしたなか、“人も組織も健康にする”メンタルヘルスの新しいコンセプトとして注目されているのが、「ワーク・エンゲイジメント」です。

ワーク・エンゲイジメントは、オランダ・ユトレヒト大学のショーフェリ(Wilmar B.Schaufeli)教授によって、「バーンアウト」(燃え尽き症候群)の対概念として提唱されました。バーンアウトすると、疲弊し、仕事への熱意が枯渇するのに対して、ワーク・エンゲイジメントの高い従業員は、意欲と活力にあふれ、仕事に積極的に取り組むという特徴を示します。一見、「ワーカホリック」の状態と似ているようですが、両者には仕事に対する考え方や動機の点で大きな違いがあります。ワーク・エンゲイジメントの高い人が仕事に前向きなのは、その仕事が「好きだから」「楽しいから」。一方、ワーカホリックの人は「忙しく働いていないと不安だから」、仕事にのめり込まざるを得ないのです。

これまでの研究で、従業員のワーク・エンゲイジメントが一人ひとりのパフォーマンスを高め、組織の活性化や生産性向上に大きく寄与することが明らかになりました。飲食チェーン店やホテル、レストランなどにおいては、従業員のワーク・エンゲイジメントが高い店舗、施設ほど売上げが伸び、顧客の満足度や再利用の意向も高まるという調査結果が得られています。このようにワーク・エンゲイジメントは、単にメンタルヘルスが良好というだけでなく、仕事への活力や積極性、満足感などを反映する尺度ですから、それを向上させるためには産業保健と人事労務が協調してあたらなければなりません。

ワーク・エンゲイジメントの測定には、前出のショーフェリ(Wilmar B.Schaufeli)教授らが考案した「ユトレヒト ワーク・エンゲイジメント尺度」が用いられます。活力・熱意・没頭の三つの要因に関する17項目の質問から成る調査票で、日本語版も東京大学大学院医学系研究科・医学部 精神保健学分野の島津明人准教授らによって開発されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

メンタルヘルス
職場を取り巻く環境や仕事内容が変化する中、複雑な人間関係や長時間労働など心身へのストレスが高まることで、「メンタルヘルス」に不調をきたす人が増えています。企業は多様なストレスを軽減するために、従業員が抱える心身の問題に焦点を当て、解決策を講じることが求められています。ここでは、メンタルヘルスが及ぼす...
ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ
「ハイリスクアプローチ」と「ポピュレーションアプローチ」は、健康管理の領域で用いられる手法です。ハイリスクアプローチは、健康リスクを抱えた人をスクリーニングし、該当者に行動変容をうながすこと。ポピュレーションアプローチは、リスクの有無にかかわらず、集団に対して同一の環境整備などを指導することをいいま...
組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...

関連する記事

島津明人さん~「ワーク・エンゲイジメント」―組織を元気にする“攻め”のメンヘル対策
“限られた人材で最大の成果を上げなければならない職場”にこそ、組織を活性化する“攻め”のメンタルヘルス対策が必要と指摘する島津准教授。メンタルヘルスの新概念――「ワーク・エンゲイジメント」について詳しくうかがいます。
2011/03/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
企業におけるメンタルヘルスの実態と対策
近年、メンタルヘルス不調者が増加し、メンタルヘルス対策が企業の大きな課題となっています。そのような中、労務行政研究所では、2010年4~5月に「企業のメンタルヘルス対策に関する実態調査」を実施。企業におけるメンタルヘルス不調者の実態や、各社の取り組みについて、...
2010/10/08掲載人事・労務実態調査
企業のメンタルヘルス対策“十分に活用されている”のはわずか4% ~「ストレスチェック義務化法案」成立を受けた企業の動向を調査 ~
従業員数50人以上の全ての事業場に、年1回のストレスチェックの実施を義務付ける「労働安全衛生法の一部を改正する法案(通称:ストレスチェック義務化法案)」が 2014年6月19日に国会で可決・成立し、より体系的な従業員のストレス状況への対応が求められることになり...
2014/10/30掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

ハラスメントやメンタルヘルスに関する教育について
セクハラ、パワハラやメンタルヘルスに関する研修など、管理者向けの教育を企画しています。 ただし、弊社にとっては初めてのことなので、勝手が分かっていない状況です。 どのようなことでも構わないので、アドバイスをいただけると助かります。 よろしくお願い致します。
請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
メンタルヘルス対応について
非常にデリケートな問題ですが、面接時にある程度判断できる質問例を検討しております。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...