企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ショクバコンシェルジュ 職場コンシェルジュ

「職場コンシェルジュ」とは、社内に常駐して従業員の周辺雑務などを支援するサービス全般を指し、大きく二つに分けられます。一つは、業務の中で発生する雑務を外部サービスに委託することで生産性の向上を目指すもの。もう一つは、平日にしかできない役所への問い合わせや、子どもの習い事のリサーチ、旅行の計画など、プライベートを充実させるためのもの。働き方改革が進む中で、より充実した生活を送るための職場環境改善プログラムとして注目されているサービスです。

職場コンシェルジュのケーススタディ

雑務にかけている時間は約15%。
生産性を高め、幸福度を上げる新たなサービス

頼まれた資料を人数分印刷し、かかってきた電話に対応していたら、自分の作業に取り掛かる前に午前中が終わっていた……ということは珍しくないでしょう。スケジュールに入っていなかった雑務に予想外に時間がかかると、その後の予定が大きく狂ってしまいます。リクルートワークス研究所が2017年に行った「全国就業実態パネル調査」によると、雇用者は仕事時間の14.7%を周辺雑務に費やしていたことが分かりました。

そこで最近注目されているのが、周辺雑務やプライベートを充実させるためのリサーチなどを支援してくれる「職場コンシェルジュ」。休日を過ごすのにふさわしい場所のリサーチや、資産運用のための情報収集など、プライベートで起こるさまざまなリサーチタスクを代行してくれるサービスも登場。導入する企業も増えつつあります。

PR会社の株式会社サニーサイドアップでは、2018年8月に社内コンシェルジュの運用を開始。コンシェルジュが育児相談や介護相談に乗ってくれるほか、ベビーシッター会社や家事代行業者の紹介、懇親会やケータリング、手土産の手配まで行ってくれる仕組みを導入しています。また、コンシェルジュを通じて社員のリクエストなどに合わせたワークショップやイベントも開催。メンバー同士の交流や自己啓発につなげる方針です。同社では、あえて「仕事」と「プライベート」を切り分けず、包括的に支援することで、仕事にもプライベートにも全力投球できる環境づくりを進めるといいます。

コンシェルジュが従業員と顔を合わせ、対話をかさねながら、ベストな解決策を考えていくことで、違った事情を持つ一人ひとりに対応できるようになります。社内にいるコンシェルジュは「ちょっとしたことを相談できる存在」として、従業員にとって心強い存在といえるでしょう。

働き方改革が進む中で、残業時間の削減が多くの企業の課題となっています。とはいえ、やらなければならない仕事が減るわけではありません。企業は社内コンシェルジュのようなサービスを活用することで、従業員が本来の業務に集中できる環境を整え、生産性向上と従業員の幸福度を支援することができるのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイー・エクスペリエンス
「エンプロイー・エクスペリエンス」(Employee Experience)とは、直訳すれば「従業員の経験」であり、従業員が企業や組織の中で体験する経験価値を意味します。従業員のエンゲージメントや組織文化といったものを超えた概念であり、従業員の健康や組織としての一体感などに影響する要素すべてを対象と...
就労定着支援
「就労定着支援」とは、2018年4月の改正障害者総合支援法に基づき始まった、一般就労をしている障がい者が就労を続けられるよう、福祉サービスを提供する事業所が行うさまざまなサポートのことをいいます。従来、就職までをサポートする就労移行支援事業所や、障害者就業・生活支援センターなどが中心となり支援を進め...
企業子宝率
「企業子宝率」とは、企業の従業員一人(男女問わず)が、その企業に在職している間に何人の子宝に恵まれるかを推計する指標で、正式には「企業の合計特殊子宝率」と呼ばれます。一人の女性が生涯に産む子どもの数を調べる「合計特殊出生率」を参考にした計算方法で算出しますが、合計特殊出生率の調査対象が15~49歳...

関連する記事

「従業員のキャリア開発支援」の必要性を感じている企業は約9割に及ぶが、「行いたいができていない」企業が約4割
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/12/22掲載人事白書 調査レポート
7. ワーク・ライフ・バランス支援を進める際の注意点
ワーク・ライフ・バランス支援は比較的新しい制度のため、その他の人事制度とうまく連携できていないケースがある。特に大きな影響があるのが人事処遇制度との連携である。ワーク・ライフ・バランス支援策によって休業や短時間勤務などを選択した場合、処遇にどのように反映される...
2012/11/07掲載よくわかる講座
2. ワーク・ライフ・バランスの意義と企業にとってのメリット
ワーク・ライフ・バランスは、経済や社会、価値観の移り変わりに伴って重視されるようになった考え方である。企業が市場の変化に対応してビジネスモデルや商品、サービスを更新しなければならないのと同様、人材マネジメントの面でも変化に順応しなければ、やがて環境との大きなズ...
2012/11/07掲載よくわかる講座

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
業務請負と業務委託の違い
ある解説では、業務委託は個人が企業から仕事を受ける場合、業務請負は企業が企業より仕事を受ける場合、又業務委託は事務的な仕事で、業務請負は生産の仕事などとありますが、現実には病院患者給食の受託などは、関係法例でも業務請負とはよばず、業務委託と呼ばれていますが、両社の違いがよく解りませんので宜しくお願い...
人数規模による対応に関しまして
知識不足の私に教えてください。 この度、派遣スタッフを直接雇用に切り替えるのですが、事業所の従業員数が増えることによって対応することが変わると思います。 ※50名以上で産業医1名を選任等 現状200名程度の従業員ですが、少なくとも300名超え、状況によってはもっと直接雇用に切り替える可能性もありま...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 福利厚生 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...