企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事白書 調査レポート掲載日:2019/07/08

「エンゲージメント」の重要性は9割の企業が認識しているが、実際に従業員のエンゲージメントが高いのは約3割

「従業員のエンゲージメントが低い」という企業が過半数を占める

いま、人事領域において大きな注目を集めている「エンゲージメント」。その重要性をどのように考えているのかを聞いたところ、「大変重要である」(48.6%)、「重要である」(41.4%)を合わせて90.0%に達しており、「重要ではない」(0.7%)「あまり重要ではない」(1.9%)はごく少数という結果になった。

■「エンゲージメント」の重要性

「エンゲージメント」の重要性

実際に従業員のエンゲージメントはどのような状態にあるのかを聞いたところ、「高い」は3.3%で「どちらかというと高い」(27.3%)と合わせても、30.6%にとどまっている。一方、「低い」(17.2%)、「どちらかというと低い」(39.7%)は合わせて56.9%と過半数を占める。エンゲージメントに対する重要性や効果が期待されているが、現状では低い結果となっている。

■自社の従業員の「エンゲージメント」の状態(全体)

自社の従業員の「エンゲージメント」の状態(全体)

業績別に見ると、市況よりも悪い企業でエンゲージメントが低くなっていることがわかる。「高い」は0%、「どちらかというと高い」は9.9%。逆に「低い」(29.6%)、「どちらかといえば低い」(46.5%)は合わせて76.1%となっている。

■自社の従業員の「エンゲージメント」の状態(業績別)

自社の従業員の「エンゲージメント」の状態(業績別)

「組織開発」が重要と考える企業は約9割だが、
組織開発部門がある企業は5%にとどまる

「組織開発」の重要性をどのように考えているのかを聞いたところ、「大変重要である」「重要である」(いずれも42.8%)との回答が合わせて85.6%となった。一方、「重要ではない」(2.6%)、「あまり重要ではない」(5.0%)は合わせて7.6%と、少数だ。近年、企業における組織開発が課題として取り上がられることが多くなっていますが、まさにそのことを裏付ける結果となった。

■「組織開発」の重要性

「組織開発」の重要性

どの部門が組織開発を担当しているのかを聞いたところ、「組織開発部門がある」は5.0%、「担当者がいる」は2.6%にとどまっている。一方、「担当部門・担当者はいない」は44.0%で、現状では専門部署・担当者を置く企業はそれほど多くないことがわかる。また、「人事部が組織開発を担当している」は32.3%。「組織開発部門はないが別の部門が担当している」は5.7%という結果となった。

■「組織開発」の担当部門の状況

「組織開発」の担当部門の状況
【調査概要】
実施時期2019年3月19日~4月9日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数5,022社、5,273人(のべ)
質問数146問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.組織活性化

出典:『日本の人事部 人事白書2019』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 情報処理・ソフトウェア 2020/04/21

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

人事白書 調査レポートのバックナンバー

「従業員のキャリア開発支援」の必要性を感じている企業は約9割に及ぶが、「行いたいができていない」企業が約4割
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/12/22掲載
有給休暇取得日数の増加が3社に1社
HRテクノロジー導入による従業員への効果・影響は
HRテクノロジーを活用・導入したことで、自社の従業員にどのような影響があったのかを聞きました。それによると、有給休暇取得日数の増加が35.6%と最も多い結果とな...
2020/12/08掲載
障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4%
今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」...
2020/11/24掲載

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第12回】
資格取得やスキルアップ研修……
社員のキャリア開発支援、どんなものがある?
キャリア開発支援の導入について、社員からは「部署移動」や「資格補助」などさまざまな要望が出てきますが、すぐに手を付けられるとは限りません。会社が行うキャリア開発...
2020/12/23掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第11回】
社員のキャリア開発、どうすればいい? Win-Winになるキャリア自律
キャリアに不安を感じる社員に、会社・人事としてできる支援はあるのでしょうか。近年のキャリア開発の主軸である「キャリア自律」について考えます。
2020/12/16掲載編集部注目レポート
内定辞退者数は「変わらない」が過半数
フォローに前向きな企業が7割
新卒採用における直近3年での内定辞退者数の増減ぶりを聞いたところ、「変わらない」(52.4%)が過半数を超えました。企業はどのようなフォローをしているのか調査し...
2020/10/13掲載人事白書 調査レポート
主体性を高め、組織との「良い関係」を築く力を育む
エンゲージメントに注目したニューノーマル時代の新入社員研修とは
コロナ禍で、新人育成は一変しました。リモートワークでのOJTやエンゲージメント構築に頭を悩ませる人事も少なくありません。ニューノーマル時代の新人育成はどうあるべ...
2020/10/07掲載注目の記事
副業・兼業を「認めていない」企業が6割近く
従業員の「副業」「兼業」を認めているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「認めていない」で6割近くを占めました。肯定・黙認の割合は37.0%ですが、この約半...
2020/09/01掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...