企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「シニア活用」関連のコンテンツ

  • 1

14件中 114件を表示

ニュース2020/09/23
【ミドル・シニア8,000人調査】55~64歳正社員の約6割が「定年後も働きたい」と回答
ディップ株式会社(以下「当社」)のディップ総合研究所は、55〜79歳の男女8,000人(※1)を対象に「定年後の就業意向・就業実態調査」を実施しましたのでご報告致します。※1 本リリースでは、調査対象者のうち、主に定年退職前就業者(1,391サンプル...

ニュース2020/09/11
『人手不足を円満解決 現状分析から始めるシニア再雇用・定年延長』(森中謙介:著)第一法規より刊行
第一法規株式会社は、森中謙介:著『人手不足を円満解決 現状分析から始めるシニア再雇用・定年延長』を刊行しました。「自社に最適なシニア活用の手法」が知りたい労務担当者向けの一冊・多くの企業で、同一労働であっても再雇用後の賃金が下がることによる、「シニア...

記事・コラム2019/12/09
田中 聡さん:
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知した人材層ですが、その一方で「働かないオジサン」といったイメージがあるように、企業の中で十...

ニュース2019/06/06
シニアの雇用を進めている企業が全体の約8割に上るものの、積極的な雇用ではないと回答した企業が半数以上~ディップ総合研究所『シニア雇用の意識調査』:ディップ
ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下当社)のディップ総合研究所は、「シニア(※)雇用の意識調査」を実施しましたので、お知らせいたします。※60歳以上の方と定義しています<調査結果サマリ>・シニアの雇用を進めてい...

ニュース2019/01/15
現在60代の方は55%弱が70歳以降も働きたいと回答。65歳以降も約30%が週5日程度の勤務を希望~『人生100年時代の「働き方」に関する意識調査』:SOMPOホールディングス
SOMPOホールディングス株式会社(グループCEO取締役社長:櫻田 謙悟)は、政府の定年引上げ・再雇用制度導入の動きや2019年4月施行の働き方改革関連法をふまえ、20代~60代の勤労者の方を対象に、人生100年時代の働き方に関する意識調査を実施しま...

ニュース2018/08/20
シニアの雇用対策に対する一気通貫のサービスを開始~人事制度構築と人事制度運用支援の提携施策により、社内でのシニア人材活性化を実現:アクティブ アンド カンパニー
組織活性化に特化したコンサルティングを行う株式会社アクティブ アンド カンパニー(以下AAC)は、創業より18年間、研修やカウンセリングを中心とした各種サービスにより、ミドル・シニアのキャリア自律支援を手掛ける株式会社ライフワークス(以下ライフワーク...

ニュース2018/05/11
定年年齢を「60歳」としている企業は77.8%、「65歳」としている企業は17.7%~『高齢者活用に関する実態調査』:千葉商工会議所
千葉商工会議所では、「高齢者活用に関する実態調査」の結果をとりまとめ、4月17日にプレスリリースいたしました。 「高齢者活用に関する実態調査」の結果について1.調査方法調査期間:平成29年11月9日~平成30年2月28日(水) 調査対象:当所会員の中...

ニュース2018/02/28
東海4県の企業、25%がすでに定年延長を検討または実施を決定~『東海4県、企業におけるシニア人材の採用・活用に関する実態調査』:三菱UFJリサーチ&コンサルティング
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、企業におけるシニア人材の採用・活用の実情を把握するため、東海4県に本社を置く企業を対象に「シニア人材の採用・活用に関する調査」を実施いたしました。このほど調査結果をとりまとめましたのでお知らせいたします...

ニュース2017/11/16
ダイバーシティ度合いを可視化する!「ダイバーシティ組織診断」正式リリース~多様なメンバーを活かし組織の生産性向上につなげるための打ち手を明確に:WisH
女性活躍・ダイバーシティ推進の支援・コンサルティングを行っているWisH株式会社(本社:東京都新宿区、代表:清水美ゆき、以下WisH)は、ダイバーシティ推進に取り組む企業に向け、自組織の課題を可視化するためのツールである「ダイバーシティ組織診断」を、...

ニュース2017/03/10
シニア人材活用に向け、再就職支援の取り組み進む
高齢化による労働力人口の減少が危惧される中、シニア人材の活用を進める動きが広がりつつある。 厚生労働省は高齢者の再就職支援を担う専門窓口を、2020年をめどに現在の4倍近い300ヵ所に増やす方針。この「生涯現役支援窓口」では、主に65歳以上の高齢者を...

ニュース2016/05/20
二時間単位から海外経験が豊富なビジネスエキスパートを顧問として派遣~シニアを活用した海外事業のスポットコンサルティングサービス「G-advisors」スタート:サイエスト
サイエスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:塚崎 義直、以下 当社)は、二時間単位から海外経験が豊富なビジネスエキスパートを顧問として派遣する「G-advisers」のサービスを開始いたします。長期の契約でなくとも、必要なときに必要な分だけ...

ニュース2014/09/05
高齢・障害・求職者雇用支援機構
10/6 「高年齢者雇用開発フォーラム」開催
高年齢者雇用開発フォーラム参加者募集!(入場無料)10月の高年齢者雇用支援月間に高年齢者雇用開発フォーラムを開催いたします。当フォーラムでは、厚生労働省との共催により高年齢者の知識や経験を職場で有効に活かすため、企業などが行った創意工夫、高年齢者の働...

ニュース2013/12/13
高齢・障害・求職者雇用支援機構
平成25年度「70歳まで働ける企業」実現に向けたシンポジウムを開催
我が国では、2012年から団塊の世代が65歳に達しはじめ、2050年頃には65歳以上の人口が全人口の4割に達するものと推計されています。高齢化の進展と少子化で労働力人口が減少するなか、活力ある社会を構築するためには「年齢にかかわりなく働ける社会(生涯...

ニュース2013/04/02
人材紹介のジーニアス 日本初!年齢不問の求人サイト
「シニア活用.com」を4月1日より、スタート!
シニアと企業を橋渡し~「生涯現役シニア」の雇用を積極創出
ヘッドハンティングを手がけるサーチファーム・ジャパングループ ジーニアス株式会社(東京都千代田区麹町 三上俊輔社長 )は、この度、増加する企業からの求人案件にスピーディーに対応できるよう、シニア人材の登録増加も視野に入れ、4月1日より、年齢不問の求人...

  • 1

14件中 114件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会