企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「改正高年齢者雇用安定法」関連のコンテンツ

  • 1

7件中 17件を表示

ニュース2017/03/27
65歳定年および70歳までの継続再雇用制度を導入。生涯現役で、より働きやすい就業環境の実現をめざす:日置電機
HIOKI(日置電機株式会社:長野県上田市、代表取締役社長:細谷和俊)は、2017年4月1日から、定年年齢を65歳とする「65歳定年制度」と「70歳までの継続再雇用制度」を導入します。少子高齢化による社会構造の変化を背景に、高年齢者雇用に関する環境や...

ニュース2013/04/02
日本マンパワー、50代社員向け「今後の活躍プラン検討」通信講座を開講
希望者全員65歳まで雇用確保義務化に伴い、シニア社員の活性化が必須に!50代社員向け「今後の活躍プラン検討」通信講座を開講『通信教育講座 50代からのキャリアプランニング』 4月1日(月)サービス開始「改正高年齢者雇用安定法」の施行に伴い、いよいよ2...

ニュース2013/02/22
トヨタ自動車、60歳超社員の再雇用で、
職場内の清掃作業などに従事する新制度導入を検討
トヨタ自動車株式会社(愛知県・豊田市)が60歳を超えた社員の再雇用で、体力に自信のない人などを対象に、職場内の清掃や草刈りなどに従事できる新制度の導入を検討していることがわかった。現在、トヨタは60歳超の社員を健康面や職務遂行能力に問題がないことを条...

記事・コラム2013/02/18
「改正高年齢者雇用安定法」への企業の対応と今後の意向
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、本年4月から施行される改正高年齢者雇用安定法(以下、改正高齢法)に対する企業の対応を探るため緊急WEBアンケートを実施。本記事では、その中から「定年後継続雇用制度の現状」「改正高年齢者雇用安定法へ...

用語集2012/11/12
65歳定年制とは――意味、定年延長の義務化によるメリット・デメリットは
「65歳定年制」とは、企業が定年年齢を65歳と定め、当該年齢に達したことを理由に従業員との雇用関係を自動的に終了させる制度のことです。2013年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法により、雇用主には、2025年度までに希望する従業員全員の雇用を65...

記事・コラム2007/08/27
「改正高年齢者雇用安定法」施行後の状況は?中小企業の再雇用制度活用事例と運用・処遇決定時のポイント
「改正高年齢者雇用安定法」の施行から1年以上が経過。中小企業の事例を挙げて制度導入の状況を振り返ります。

記事・コラム2007/04/16
高年齢者雇用の最新実態--改正高齢法への対応と継続雇用制度の実態を調査
団塊世代の大量退職が始まる2007年を目前にして、「改正高年齢者雇用安定法」が2006年4月から施行されました。改正法は、定年後65歳までの安定した雇用確保を企業に義務付けています。2006年5月から6月にかけて『労政時報』が行った「改正高齢法への対...

  • 1

7件中 17件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会