企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは

立教大学 経営学部 助教/パーソル総合研究所 フェロー 

田中 聡さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田中 聡さん(立教大学 経営学部 助教/パーソル総合研究所 フェロー)

人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知した人材層ですが、その一方で「働かないオジサン」といったイメージがあるように、企業の中で十分に躍進しているとはいえない面もあります。このミドル・シニアを活性化させ、パフォーマンスを発揮してもらうために、人事はどんな取り組みを行えばいいのでしょうか。働く人と組織の成長・学習を研究し、ミドル・シニアの問題にもさまざまな提言を行っている、立教大学経営学部 助教の田中聡さんにお話をうかがいました。

プロフィール
田中 聡さん
立教大学 経営学部 助教/パーソル総合研究所 フェロー

1983年山口県生まれ。2006年 慶應義塾大学商学部を卒業後、株式会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア株式会社)に入社。事業部門での経験を経て、2010年 同グループのシンクタンクである株式会社インテリジェンスHITO総合研究所(現・株式会社パーソル総合研究所)設立に参画。同社リサーチ室長・主任研究員を務めた後、2018年より現職。専門は、経営学習論・人的資源開発論。働く人と組織の成長・学習を研究している。株式会社パーソル総合研究所 フェロー。著書に『「事業を創る人」の大研究』(共著/クロスメディア・パブリッシング)、「HRアワード2019」書籍部門で入賞した『会社人生を後悔しない 40代からの仕事術』(共著/ダイヤモンド社)などがある。

「コスト人材」から「投資人材」へ 企業の見方が変わった

ミドル・シニアとは、どのような人材層と定義されるのでしょうか。また、現在の日本企業におけるミドル・シニアの状況をどのように捉えていらっしゃいますか。

労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現 「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは

企業がミドル・シニアにあらためて注目するようになったのは、有効求人倍率が1倍を超え、現在も続く人手不足が課題としてはっきりと認識されるようになった2014年頃からです。過去にも、バブル景気など人手不足の時代は何度かありましたが、いずれも需要サイドの一時的な盛り上がりを背景としたものでした。しかし、今回は異なります。若年人口が減少し、景気の変動によらず中長期にわたって労働力不足が続くという、かつて日本経済が経験したことのない未曾有の人材不足危機に由来しています。加えて、2013年の高年齢者雇用安定法改正に伴う雇用期間の長期化などを背景に、人員構成上のボリュームゾーンを占める中高年人材=ミドル・シニアの生産性向上に注目が集まるようになりました。

そういった動きを踏まえて、2014年に私がフェローを務めるパーソル総合研究所と法政大学大学院・石山恒貴研究室が共同で「ミドル・シニアの躍進を探究するプロジェクト」を立ち上げました(研究の成果は、『会社人生を後悔しない 40代からの仕事術』(ダイヤモンド社)として書籍化)。ここからは40~54歳をミドル、55歳以上をシニアと定義してお話ししたいと思います。

ミドル・シニアの活性化とは、企業にとって新しいテーマなのでしょうか。

いえ、景気の後退局面では必ずと言っていいほど、ミドル・シニアが組織人事上の重要テーマとして取り上げられてきました。しかし、これまでミドル・シニアに関する議論の多くは、「高い賃金をいかに抑制するか」「いかに雇用を調整するか」というものだったと思います。その背景には、ミドル・シニアを「さらなる成長を見込めない高コスト人材」と捉える見方が経営・人事の間に少なからずあったように思います。ですから、本当の意味での「活性化」を目指した議論とは言い難いですね。

しかし、今回は構造的な人手不足という問題がまったく違う角度から迫ってきました。現在、40代後半の団塊ジュニア世代をピークに労働人口は着実に減っています。そのことを企業が認識した結果、ミドル・シニアへの見方が変わっていったわけです。シンプルにいえば、これまで「コスト」と見ていたミドル・シニアを、「投資対象」と考えるようになってきています。

ミドル・シニアには、どのような特徴があるのでしょうか。

一括りにして論じるのはとても難しいのですが、あえて共通点を一つ挙げると、「就社」意識です。今の50代はバブル期に就職した世代で、多くの内定先から1社を選ぶことができました。一方、今の40代後半(団塊ジュニア世代)は就職氷河期世代と言われ、多数の企業に応募してなんとか1社から内定をもらえるような状態でした。新卒入社時の状況は正反対ですが、会社の一員として所属する意識、つまり、メンバーシップのような価値観を持って働いてきた人たちであるという点で共通していると言えます。

労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現 「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは

しかし今、「それは大きな幻想だったのではないか」と多くのミドル・シニアは気づき始めています。終身雇用という暗黙の約束を信じて入社し、「会社のため、家族のため」という思いで長時間労働や全国転勤をいとわず会社に尽くしてきた。それなのに、ここにきて「終身雇用の時代は終わりました。これからはキャリア自律の時代なので、みなさん専門性を身につけて他社でも通用する人材になってください」と一方的に言われてしまうわけです。「こんなはずじゃなかった」「会社って何なんだ」という虚無感にとらわれてしまうのも無理はありませんよね。ミドル・シニアの人材マネジメントについて考える際は、現時点での個人の意識や行動だけを切り取って課題視するのでなく、こうした日本的雇用慣行がもたらす長期的な影響についても考慮する必要があります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載
宇田川元一さん:
組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載

関連する記事

従業員が協力したくなる!「リファラル採用」のための制度設計&規定
従業員が協力したくなる!人材難の時代、急速に広がる「リファラル採用」のための制度設計&規定
2019/07/05掲載人事・労務関連コラム
ソニー株式会社:
人生100年時代をどう生きるか?
ソニーによるベテラン社員のキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」
現在、多くの企業が社員のキャリア開発に取り組んでいますが、多くは若手・中堅社員を対象としたもの。ベテラン・シニア社員のキャリア支援を行っている企業は、まだ少ない...
2019/03/18掲載となりの人事部
ワーク・ライフ・バランス推進のポイント
労働時間削減・多様性への柔軟な対応――。ワーク・ライフ・バランス推進のために会社・従業員双方が押さえるべきポイントとは?
2017/03/31掲載よくわかる講座
人事担当者に聞いた ミドル社員の処遇と活躍支援に関するアンケート
人員的に40〜54歳が過剰で、
今後は「仕事内容に応じた処遇」が課題となる
組織内の「中堅」として位置づけられるミドル社員の活躍は、どの企業にも共通した重要課題です。ここではミドル社員を「40〜54歳のホワイトカラーで総合職」と設定して...
2015/06/17掲載人事・労務実態調査
野田稔さん
ミドル再生のために人事部はいま何をすべきか 
「中堅層が育っていない」「ミドルマネジメントが機能していない」――近年、ミドルの弱体化がしきりにいわれますが、野田稔さんは「悪いのはミドルではない」と断言します...
2008/09/01掲載キーパーソンが語る“人と組織”
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...