企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コミュニティシップ コミュニティシップ

「コミュニティシップ」とは、世界的な経営学者であるカナダ・マギル大学のヘンリー・ミンツバーグ教授が提唱する、組織変革の概念です。「組織は士気の高い人たちのコミュニティ(共同体)になったとき、最もよく機能する」との理論に基づくコンセプトで、組織をコミュニティとして再生し、活性化するためには、現場に関与しない独善的なカリスマ型リーダーシップに依存するのではなく、一人ひとりが自らコミュニティに参画し、個を尊重しながらお互いを結びつけ協働していこうとする意識――コミュニティシップを発揮することが求められます。
(2014/4/25掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュニティシップのケーススタディ

コミュニティが崩れた「失われた20年」
カリスマ型リーダーシップが現場を犠牲に

欧米では経営学の大家としてドラッカーと並び称されるヘンリー・ミンツバーグ教授。古典的な経営理論やMBA型のマネジメントを鋭く批判する異端の経営学者は大の親日家で、伝統的な日本型経営のファンであると公言してはばかりません。

教授が日本型経営を理解し支持するのは、日本企業は「コミュニティシップ」を大切にすることで成長を遂げたと考えるからです。かつて日本企業では、経営者は社員を家族のように大切にし、社員は会社へのコミットメントが強く、それが「我々は会社というコミュニティの一員だ」という帰属意識を育んでいました。現場を輝かせるコミュニティシップこそが日本型経営の原動力であり、バブル崩壊後のいわゆる「失われた20年」の低迷はとりもなおさず、日本企業がこのコミュニティシップを失ったことに起因する現象だと、ミンツバーグ教授は述べています。

教授によれば、日本企業に根付いていたコミュニティが崩壊の危機に瀕している原因は、自らの長所を忘れ、米国型のマネジメントスタイルを取り入れたことにあるといいます。トップダウンを強調する米国型経営では、自ら戦略を策定し改革を強力にけん引するカリスマ的なリーダーシップが評価されますが、そうしたリーダーはともすると一般の従業員の数百倍という法外な報酬を得ることで、自らを特別な存在であると見誤りがち。現場への関心を失い、コミュニティから乖離(かいり)してしまいやすいのです。一方で、米国流の成果主義を導入した結果、一般社員も殻に閉じこもり自分の損得しか考えないように――そうして、日本企業のコミュニティは損なわれていきました。

人々が個を尊重しながら協力して働き、組織をよりよい場とするために互いを結びつけようとする意識――コミュニティシップを形成するのは、現場から乖離(かいり)したトップマネジメントのカリスマ型リーダーシップではありません。コミュニティシップは、現場に配慮しながら人を励まし、巻き込んでいく“ほどよい”リーダーシップの下でこそ発揮されるからです。とはいえ、経営層はその立場上、本来ならばより密接に関与すべき現場と一定の距離をとらざるを得ません。ミンツバーグ教授はそうした“トップの孤独”も認めつつ、その上で組織をコミュニティとして再生し、活性化するためには、現場により深く関与しながら全社的な視点でのマネジメントを担うミドルマネジャー、中間管理職層の役割が極めて重要になると強調しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

連結ピン
「連結ピン」とは、米国の組織心理学者R.リッカートが提唱した組織とリーダーシップの関係に関する概念です。リッカートは、人と人、人と組織、組織と組織を有効に結びつけ、コミュニケーションを円滑化する“潤滑油”の役割あるいはそうした役割を果たす能力を「連結ピン」と呼び、リーダーやマネジメント層には連結ピ...
リーダーシップ
企業の成長においてリーダーシップが重要な意味を持つことは、多くの人が認識しているでしょう。しかし、「リーダーシップとは何か」を問われても、明確に答えるのは難しいのではないでしょうか。ここでは、リーダーシップ論の変遷を紹介しながら、現在の日本の企業に必要とされるリーダーシップの要素および身につける方法...
ホリゾンタル・リーダーシップ
「ホリゾンタル・リーダーシップ」とは、タテの上下関係や指揮命令系統よりも、ヨコの連携や協力関係を重視するリーダーシップのあり方をいいます。組織・部署の壁を越えて多様な人材を連結し、ホリゾンタル(水平方向)なネットワークを機能させることで目標達成に取り組むのが特徴です。ホリゾンタル・リーダーシップにお...

関連する記事

遠藤功さん 企業をのばす現場力―人事部が変われば現場も変わる
「現場力」は本来、日本企業ならではのストロングポイントでした。それがいま大きく揺らぎはじめているといいます。現場再生に向けて――遠藤さんにじっくりとお話をうかがいました。
2008/10/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
柳本直行さん 企業が勝ち残るための「経営品質」
業が長く存続し、発展していくためにはさまざまな要素が必要ですが、そのひとつに「経営品質」という考え方があります。社会経済生産性本部・経営品質推進部部長の柳本直行さんは「企業が勝ち残っていくために追求し続けなければならないもの」だといいます。ビジネス環境が大きく...
2007/03/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
工事現場事務所での派遣受け入れ期間について
工事現場で事務方の一般派遣を受け入れております。 派遣契約は工事現場ごとに結んでおりますが、複数の工事現場において同一業務で一般派遣を受け入れたとき、工事現場間で派遣受け入れ期間は通算されてしまうのでしょうか。 例えば、工事現場Aに2年間、その直後に、工事現場Bに2年間という場合です。派遣を受け...
これからの組織のあり方
マネジメント 組織論の質問です。 自律型組織、ティール型組織などへの志向が一つのメインストリームとしてあると思いますが、一方で従来型の軍隊式組織、官僚型組織もその有効性は完全には否定出来ないと思います。 自律型、軍隊型それぞれの組織が有効に機能するのは、それぞれ一定の条件下によると思いますが、この点...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...