企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スポンサーシップセイド スポンサーシップ制度

「スポンサーシップ制度」とは、女性の管理職や経営幹部を増やすために、役員クラスが選ばれた女性社員のスポンサーに就き、マンツーマンで指導して昇進を後押しする制度のことです。スポンサーは英語で保証人、支援者の意。自分の裁量権で、リーダーに必要なスキルが学べる仕事を担当させたり、本人に代わって業績や能力を社内にアピールしたりして、昇進を支援する役割を担います。ベテランによるマンツーマンでの社員育成の手法には、日本企業にも浸透しつつあるメンター制度がありますが、こちらが若手のキャリア相談に乗るなどのサポートにとどまるのに対し、スポンサーシップ制度は対象者の昇進を前提とした育成にまで踏み込む点に大きな特徴があります。
(2014/12/19掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーシップ制度のケーススタディ

有能な女性にはメンターよりスポンサー
昇進を前提に役員クラスが一対一で指導

政府は「2020年までに、企業や官庁の女性管理職の比率を30%に」という目標を掲げていますが、厚生労働省の調査では、昨年10月時点の実績で6.6%と、まだ遠くおよびません。女性管理職が1割未満の企業の約6割が「必要な知識や経験などを有する女性がいない」と答えており、女性人材をリーダーとしてどう育成し活用するかは、女性活躍推進のボトルネックとなっています。

そこで注目されているのがスポンサーシップの重要性です。日本企業にも多く見られるメンターは、直属ではない“斜め上”の上司がキャリアなどの相談に乗るしくみ。これに対し、スポンサーは相談にとどまらず、昇進を実質的に手助けするのが本来の役割です。女性の幹部やリーダーを増やすには「メンター」(相談役)だけでは効果が薄い、責任をもってより上のポストに引き上げる「スポンサー」(支援者)をつけるべき――女性活躍推進で日本を先んじる欧米では、5年ほど前からこうした議論が盛り上がっていました。すでに多くの企業がスポンサーシップ制度を導入したり、人材育成のしくみにスポンサーシップの考え方を取り入れたりしています。

日本でも導入が先行するのは外資系企業。フランスに本社のあるアクサ生命保険では、役員や営業局長が各自の担当部門から女性一人を選び、スポンサーとして1対1で育成、管理職に推薦するまでを担っています。これまでに約40人の女性が同制度の対象となり、うち七人が昇進するという実績を上げています。コンサルタントファーム大手のアクセンチュアでは、女性の管理職登用が著しく遅れているとして09年に「スポンサー制度」を導入しました。女性シニアマネジャー全員にスポンサーをつけるところから始め、その後マネジャーや一部コンサルタントにまで拡大。現在は100人超の女性人材がスポンサーシップによる育成の対象になっています。昨年10月に制度を導入したばかりなのは日本IBM。部長職以上の女性を役員に育てることをミッションに掲げ、役員がスポンサーとなって昇進を支援する取り組みを始めています。

スポンサーシップ制度のような、昇進を前提とした人材育成のしくみを導入する場合、問題点やリスクも少なくありません。昇進のチャンスを与えられるのは一部の女性に限られるため、男性社員はもちろん、対象に選ばれなかった女性のモラール低下を招く恐れがあるのです。また、従来の日本の組織では、男性の上司がマンツーマンで女性を指導するという場面にあまりなじみがありません。適切にコミュニケーションをとり、順調に育成していけるかも不透明です。しかしそうしたリスクを避けていては、「20年までに女性管理職比率30%」の目標など到底達成できないのは火を見るより明らかでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

女性活躍推進法
「女性活躍推進法」とは、2015年8月28日に国会で可決成立した新法――「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」の通称です。同法は、女性が職業生活でその希望に応じて、十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するために制定されました。これにより、従業員301人以上の企業は来年の4月1日までに、...
マミー・トラック
「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえ...
ポジティブ・アクション
Positive Action。積極的格差是正措置。男女間の差別を解消して、働く意欲と能力のある女性が活躍できるように、企業が自主的に行う取り組みのことです。

関連する記事

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」第110回 部下のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(後編) 新入社員を職場全体で育てていく、キーパーソンとしての「メンター」の役割とは?
近年の新卒採用は売り手市場が一段と進み、採用のミスマッチが顕在化したため、入社後のフォローの重要性が今まで以上に増している。しかし、配属先の現場では早期戦力化が求められ、新入社員の育成・定着に手が回らない企業も多い。そうした中、現場に配属された新入社員を職場全...
2017/12/28掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第70回 新・女性活用時代―― いま改めて注目される「女性活躍推進」について考える(後編)
『前編』は政府の成長戦略の中、改めて「女性活用」が求められている背景と、企業が取り組むべき課題について述べてきた。『後編』では、迫りくる労働力不足の下、どのように「女性活用」に取り組んでいけばいいのか、その考え方と事例を紹介していく。
2014/04/14掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ キャリア開発 ]
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 三井不動産ビルマネジメント(株)

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。