企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロジカル シンキング ロジカル・シンキング

「ロジカル・シンキング」とは、論理的思考という意味。情報を決められた枠組みにしたがって整理・分析するさまざまなスキルの集まりを指し、これらを使うことによって、複雑なものごとの因果関係を明快に把握したり、問題に対する有効な解決策を導き出したりすることが可能になります。合理的な判断や論理的な説明の前提となる思考法で、意思決定や交渉、プレゼンテーションの際に活用できることから、人材育成の現場では必須のコンピテンシーとして定着しています。
(2011/2/28掲載)

ロジカル・シンキングのケーススタディ

ビジネスの国際化、複雑化を背景に
求められる「わかりやすさ」の技術

情緒や雰囲気を重視する日本人にとって「論理」というと少々とっつきにくいイメージがありますが、ロジカル・シンキングは決してものごとを難しく考えたり、表現したりするための方法論ではありません。むしろ逆です。「複雑で込み入った問題をシンプルに整理するための手法」であり、「自分の考えをどんな相手にも誤解なく伝えるためのコミュニケーションスキル」だといえるでしょう。つきつめれば、ロジカル・シンキングとは「わかりやすさ」を生み出す技術。マネジメント力があり、高い成果をあげている人材なら、日々の業務の中でごくあたりまえに使っている実践的なビジネススキルなのです。

ロジカル・シンキングの実践にはさまざまな手法やツールが用いられますが、代表的なツールの一つに「ロジックツリー」という考え方があります。これは、複数の要素が絡み合う問題の解決策を検討する際、目的や最終ゴールから枝葉を分ける形で数多くの要素を階層別に列挙し、整理する方法論です。ロジックツリーをつくることで、情報をもれなく重複なく整理できるため、要素同士の複雑な因果関係がわかりやすくなります。たとえば「店の売り上げを増やすにはどうすればいいか」という問題を解決する場合、方策はいろいろと考えられますが、とりとめもなく思いついた端から検討するのでは効率が悪いし、アイデアを提案するにも説得力に欠けるでしょう。問題解決の最終ゴールは「売り上げの増加」ですから、これを達成するには<(1)顧客の数を増やす>か<(2)顧客単価を増やす>しかありません。そして<(1)顧客の数を増やす>を達成するには<(1)-ⅰ新規顧客を開拓する>か<(1)-ⅱ顧客のリピート率を上げる>しかない。さらに<(1)-ⅰ新規顧客を開拓する>にはどうすればいいか――という具合に要素を一つずつ整理・分析していくことで、あらゆる可能性をもれなく把握でき、何が最も有効で、実現可能な解決策なのか導き出しやすくなるのです。

ロジカル・シンキングでは、この「ロジックツリー」以外にも<AはBである、BはCである、ゆえにAもまたCである>というふうに論理をつなげて推論する「演繹法」や、多くの事例から類似点を抽出して結論を導く「帰納法」、一覧表や分布図を使って要素の違いを明確にする「マトリックス」といった手法がよく使われます。

昨今、市場の動きや顧客のニーズは急速に複雑化・多様化し、各企業とも営業、製造などの単一部門では対応できない全社的な問題が増えています。また、文化も商習慣も異なる相手とわたり合うグローバル・ビジネスの現場では、「察する」「和を重視する」といった日本特有のコミュニケーションは通用しません。ビジネスの国際化と複雑化――ものごとをわかりやすく整理し、表現するロジカル・シンキングの技術が求められているゆえんです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

見える化
「見える化」とは、企業活動の現状、進捗状況、実績などをつねに見えるようにしておくこと。問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると同時に、ビジネスの現場をそもそも問題が発生しにくい環境に変えるための、組織内の体質改善や業務改革の取り組み全般を指します。
質問会議
「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型...
リチーミング
「リチーミング」(reteaming)とは、1990年代前半にフィンランドの精神科医ベン・ファーマン氏と社会心理学者タパニ・アホラ氏によって考案された問題解決およびチーム再構築のためのプログラムのこと。問題の原因や責任の追及にばかり傾く問題志向から、前向きな解決志向へ組織の意識改革を進めることにより...

関連する記事

松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
柳本直行さん 企業が勝ち残るための「経営品質」
業が長く存続し、発展していくためにはさまざまな要素が必要ですが、そのひとつに「経営品質」という考え方があります。社会経済生産性本部・経営品質推進部部長の柳本直行さんは「企業が勝ち残っていくために追求し続けなければならないもの」だといいます。ビジネス環境が大きく...
2007/03/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”
これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?
変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないのがビジネスの難しいところ。そのため、数多い知識・情報の中から、本当に有用なコンテンツを見極め、活用していく能力が必要になる。
2009/05/28掲載注目の記事

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...