無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ロジカル シンキング ロジカル・シンキング

「ロジカル・シンキング」とは、論理的思考という意味。情報を決められた枠組みにしたがって整理・分析するさまざまなスキルの集まりを指し、これらを使うことによって、複雑なものごとの因果関係を明快に把握したり、問題に対する有効な解決策を導き出したりすることが可能になります。合理的な判断や論理的な説明の前提となる思考法で、意思決定や交渉、プレゼンテーションの際に活用できることから、人材育成の現場では必須のコンピテンシーとして定着しています。
(2011/2/28掲載)

ロジカル・シンキングのケーススタディ

ビジネスの国際化、複雑化を背景に
求められる「わかりやすさ」の技術

情緒や雰囲気を重視する日本人にとって「論理」というと少々とっつきにくいイメージがありますが、ロジカル・シンキングは決してものごとを難しく考えたり、表現したりするための方法論ではありません。むしろ逆です。「複雑で込み入った問題をシンプルに整理するための手法」であり、「自分の考えをどんな相手にも誤解なく伝えるためのコミュニケーションスキル」だといえるでしょう。つきつめれば、ロジカル・シンキングとは「わかりやすさ」を生み出す技術。マネジメント力があり、高い成果をあげている人材なら、日々の業務の中でごくあたりまえに使っている実践的なビジネススキルなのです。

ロジカル・シンキングの実践にはさまざまな手法やツールが用いられますが、代表的なツールの一つに「ロジックツリー」という考え方があります。これは、複数の要素が絡み合う問題の解決策を検討する際、目的や最終ゴールから枝葉を分ける形で数多くの要素を階層別に列挙し、整理する方法論です。ロジックツリーをつくることで、情報をもれなく重複なく整理できるため、要素同士の複雑な因果関係がわかりやすくなります。たとえば「店の売り上げを増やすにはどうすればいいか」という問題を解決する場合、方策はいろいろと考えられますが、とりとめもなく思いついた端から検討するのでは効率が悪いし、アイデアを提案するにも説得力に欠けるでしょう。問題解決の最終ゴールは「売り上げの増加」ですから、これを達成するには<(1)顧客の数を増やす>か<(2)顧客単価を増やす>しかありません。そして<(1)顧客の数を増やす>を達成するには<(1)-ⅰ新規顧客を開拓する>か<(1)-ⅱ顧客のリピート率を上げる>しかない。さらに<(1)-ⅰ新規顧客を開拓する>にはどうすればいいか――という具合に要素を一つずつ整理・分析していくことで、あらゆる可能性をもれなく把握でき、何が最も有効で、実現可能な解決策なのか導き出しやすくなるのです。

ロジカル・シンキングでは、この「ロジックツリー」以外にも<AはBである、BはCである、ゆえにAもまたCである>というふうに論理をつなげて推論する「演繹法」や、多くの事例から類似点を抽出して結論を導く「帰納法」、一覧表や分布図を使って要素の違いを明確にする「マトリックス」といった手法がよく使われます。

昨今、市場の動きや顧客のニーズは急速に複雑化・多様化し、各企業とも営業、製造などの単一部門では対応できない全社的な問題が増えています。また、文化も商習慣も異なる相手とわたり合うグローバル・ビジネスの現場では、「察する」「和を重視する」といった日本特有のコミュニケーションは通用しません。ビジネスの国際化と複雑化――ものごとをわかりやすく整理し、表現するロジカル・シンキングの技術が求められているゆえんです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ロジカルシンキング・課題解決」に関する記事