無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】システムシコウ システム思考

「システム思考」とは、物事の全体像を捉え、さまざまな要素とのつながりを把握したうえで、最も効果的な解決法へ向かうアプローチのことをいいます。目に見えている問題だけにとらわれるのではなく、複雑に絡み合う多種多様な事柄を考慮し、物事を本質的な解決に導くための思考法です。ビジネスを取り巻く環境がより複雑に、そして不明瞭になっている今こそ、最も影響を及ぼしそうな要素を見極め、構造的に考える力が求められています。

システム思考のケーススタディ

目に見えている出来事は
氷山の一角に過ぎないかもしれない

解決すべき問題を「システム」のように捉え、多面的な視点で問題解決を目指すシステム思考。多くの外資系企業がこの思考法を取り入れています。日本企業ではまだまだなじみの薄い思考法ですが、グローバル化やダイバーシティ&インクルージョンの流れなど、ビジネスを取り巻く環境が複雑になるなかで、真の問題解決につながる考え方として注目されています。

システム思考を考える際によく引き合いに出されるのが「氷山モデル」です。「氷山の一角」という言葉もあるように、表出しているものはあくまで全体の一部であることを表しています。目に見えている部分を「出来事」とすると、水面下には「行動パターン」「構造」「メンタルモデル」といった要素が隠れています。

わかっている「出来事」を基に、その事象に「パターン」があるかを確認し、それを引き起こす「構造」を突き止め、その構造を生み出している関係者(メンタルモデル)を洗い出す。このアプローチで、多角的に問題を見つめることができます。

たとえば、採用活動で過半数の候補者に内定を辞退されたとします。この出来事だけを見れば、採用担当者のフォローが甘かったのではないかと、担当者一人の責任にされてしまうかもしれません。

ここでシステム思考を用いるとすれば、まずは内定辞退にパターンがあるかどうかを探ります。すると、辞退した候補者の面接時の回答に共通点があった、同じタイミングで競合が選考をしていた、といったパターンが見えてくるかもしれません。次に、構造です。採用フローやスケジュールに合理性はあるか、また、競合と比べたときに見劣りする条件がないか。そして、それらを解決できる人物は誰なのかへと視点を切り替えていきます。

このようなプロセスを通じて、「担当者のフォローが甘い」という原因だけでなく、採用スケジュールや競合と差異、組織文化といったさまざまな要因を探り、課題解決に近づくことができるのです。

課題に対して本質的なアプローチをとるためのシステム思考。複雑化する環境下においては、経営層や管理職だけでなく、プロジェクトを担う社員一人ひとりが今後身につけていきたい思考法です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「システム思考」に関する記事