企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】インストラクショナルデザイン インストラクショナルデザイン

「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が進み、米国では1980年代から企業内教育に広く導入されています。
(2010/9/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インストラクショナルデザインのケーススタディ

教育研修を成果に結びつける方法論
「問題の分析」と「ゴールの明確化」がポイント

国内でも、講師が介在しない「eラーニング」の普及に伴って、指導内容の学習効果を確保する必要性から、企業の人事担当者や教育サービス事業者を中心に、IDへの注目が高まっています。すでに日本マクドナルドが2000年ごろから採用し、顧客満足の向上やアルバイト従業員の離職率の改善に効果を上げているほか、キヤノンでもeラーニングのコンテンツ開発にIDを積極活用するなど、導入事例も着実に増えています。

集合研修であれ、eラーニングであれ、企業内の教育が企業の活動、つまり経営活動の一環であることは言うまでもないでしょう。経営活動である以上、それは成果を生み出し、企業経営に寄与するものでなければなりません。いいかえれば、受講者から「わかりやすかった」「教材や教え方に満足した」と褒められる研修が、必ずしもいい研修ではないということです。教育に対する評価は、教室の中やパソコンの画面上だけで判断してはいけません。では、業績向上につながる集合研修や、経営に貢献するeラーニングコンテンツをつくるにはどうすればいいか――。そのための方法論こそがIDなのです。

IDでは、教材・研修を開発する際の具体的な手順のことをインストラクショナルデザインプロセスといい、その代表的な理論に「ADDIEプロセス」があります。AはAnalyze(分析)、Dは Design(設計)、次のDはDevelopment(開発)、IはImplementation(実施)、EはEvaluation(評価)を意味します。まず分析の段階で、企業や組織がどういう問題を抱えていて、なぜ研修やeラーニングを行うのか。そして学習者は、受講前に何ができて何はできないのか、何を知っていて何は知らないのか、受講後には何ができるようになっていなければいけないかなど、研修の目的や要件を洗い出します。その分析結果を基に、研修で用いる教材やツールを設計・開発し、実際に研修を実施します。実施後の評価では研修全体や教材などの問題点をチェックし、たとえば分析が間違っていたことに気づいたら分析の段階まで戻る、といったプロセス間のフィードバックを繰り返して改善を行います。PDCA(計画→実行→検証→行動)サイクルを教育分野で徹底するイメージです。

ADDIEプロセスにおいて最も重要なのは、「研修のゴールを明確にすること」です。このゴールとは、研修を通じて学習者が何を知るか、何を理解するかということではありません。研修後に何ができるようになっているか、どのような行動をとれるようになっているか、具体的な行動で示すのがポイントです。その行動は当然、経営の求めるところ、すなわち組織の抱える問題を解決し、業績や成果に結びつくものでなければなりません。問題を正しく分析し、それに直結するゴールを設定することが、IDの要諦といっていいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
eラーニング
社員の早期戦力化やスキルアップに欠かせないのが社員研修です。しかし、研修を実施するためのコストや労力にくわえ、学ぶ側の時間調整や効率といった問題から、従来の社員研修にはさまざまな課題も存在します。そうしたなか注目を集めているのが、時間と場所を選ばず学べるeラーニングです。ここでは、eラーニングを導入...
ROI
「ROI」とは、return on investment(リターン・オン・インベストメント)の略で、「投資利益率」「投資収益率」などと訳されます。投下した資本に対して得られる利益の割合を示し、企業の収益性や事業における投下資本の運用効率を評価する際に用いられる基本的な指標です。基本的な式は〈ROI...

関連する記事

マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
2016/06/10掲載よくわかる講座
研修の準備と段取り
研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
2012/10/12掲載よくわかる講座
研修会社の選び方
自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポ...
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
研修の成果設定について
研修を企画しておりますが、最終的な研修の成果として 何かしら定量・定性的計れる状態がよいかと考えているのですが、 識に働きかける研修内容のため (例えば、主体的に行動をしよう!) 研修企画者側で設定できるものではないかと考えています。 その場合、研修企画側では、どのようなゴール設定をしたら良いでし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...