企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/06/29

【ヨミ】スモールステップ スモールステップ

「スモールステップ」とは、目標を細分化して簡単な内容から小刻みに達成していくことで、最終目標に近づいていく育成手法です。アメリカの心理学者バラス・スキナー氏によって提唱されました。当初は教育現場や心理療法に使われていた手法ですが、現在では子育てから人材開発まで、幅広いシーンに応用されています。

スモールステップのケーススタディ

部下の「できない」をスモールステップで細分化
できないストレスを、できた喜びに

上司に呼び出され、いきなり「今年の新卒採用は、昨年の10倍の100人を採用する」という指令を下されたとします。あなたが採用担当者なら、どうしますか。途方もない目標に圧倒されてしまい、尻込み、委縮してしまうかもしれません。

しかし、「100人採用」という大目標をブレイクダウンしていくと、「100人採用」→「200人内定」→「2000人面接」→「1万人エントリー」といったようなアクションに分解することができます。

もちろん、実際にはこんなにうまくいくとは考えられませんが、「1万エントリー」の先には「合同説明会で100人の学生と話す」「SNSを使って学生と交流する」「就職情報サイトのDM機能を使う」など、さらに一日単位にまで行動を分解することもできます。これらを一つひとつ達成することは「100人採用する」という最終目標と比べれば、難しくないと感じられるのではないでしょうか。

このようにスモールステップは自分自身の目標管理に有効ですが、部下の指導などにも活用することができます。その際、目標をどのように細分化するかを見極めなければいけません。部下がなぜ「できない」と感じているのかを的確に分析し、「できた」という実感を得られるようなスモールステップに落とし込んでいくのです。

例えば、スケジュール管理が苦手な部下がいたとします。その部下は、しばしば会議があることを忘れ、遅刻しがちでした。原因を探ると、部下は紙のスケジュール帳を使っているため、頻繁に入れ替わる予定に柔軟に対応できていないことがわかりました。スモールステップの原理を使って指導するなら、次のようなやり方が考えられます

  • スケジュール管理をサービスやグループウェアのカレンダーに切り替えさせる
  • スケジュール管理の意識を高めさせるため、チェックボックスを使って終わったらレ点をつけさせる
  • 会議があることを意識させるため、会議開始時に「チェックイン」を設け、全員に一言話す機会を与える

人はそれぞれ得意なことがあれば苦手なこともあります。他者の違いに対して忍耐力を持ち、スモールステップという仕組みでの解決を探ってみましょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

MBO(目標管理)
MBOとは、「目標管理」(Management by Objectives and Self Control)のことで、一定期間(通常は半期、または1期)ごとに達成すべき「目標」を設定し、事業や組織の運営に当たるマネジメント手法です。上司からの指揮命令系統によるマネジメントではなく、本人の自主性や自...
WOOPの法則
「WOOPの法則」とは、目標達成を円滑にするプロセスについて提唱した法則です。アメリカの心理学者ガブリエル・エッティンゲン博士による20年以上にわたる研究の末に体系化されました。WOOPとは、「願望(Wish)」「結果(Outcome)」「障害(Obstacle)」「計画(Plan)」という四つのス...
OKR
「OKR(Objective and Key Result)」は、直訳すれば「目標と主な結果」という意味のビジネス用語です。目標と達成度を測る指標をリンクさせ、企業やチーム、個人が向かうべき方向とやるべきことを明確にする目標管理手法として知られています。OKRと通常の「目標」とはどのように異なるので...

関連する記事

人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
「処遇」から「目標達成」へ ~人事考課における「目標管理」の重要性とは?
人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく。何より、活躍する場が与えられるからこそ、成長していくのである。
2010/05/10掲載注目の記事
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

産業カウンセラー養成講座 無料体験会開催

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...