企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オズボーンノチェックリスト オズボーンのチェックリスト

「オズボーンのチェックリスト」とは、アイデア発想のためのヒント集です。ブレインストーミングという手法の考案者でもあるアレックス・F・オズボーン氏によって発明されました。アイデアが出ないときに、このフレームワークに沿って考えれば、自身の思考の癖から抜け出して発想を抽出できるため、思いも寄らないアイデアが生まれることがあります。(2019/8/2掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オズボーンのチェックリストのケーススタディ

ブレストしている時間がないとき
アイデアを強制抽出するためのリスト

企画を考えなければならないのに、どれだけ頭をひねってもアイデアが全く出てこない状況に陥ったことはありませんか。ブレインストーミングは、アイデア出しに有効な手法だと言われていますが、ゼロからの発想に変わりはなく、時間ばかりがかかって結果につながらない可能性もあります。

短時間で何かしらの形に落とし込まなければならないとき、「オズボーンのチェックリスト」を手掛かりにすれば、アイデアを生み出すことができるかもしれません。チェックリストには、九つの質問が用意されています。

(1)他に使い道はないか(Put to other uses:転用)

(2)他からアイデアを借りられないか(Adapt:応用)

(3)変えてみたらどうか(Modify:変更)

(4)大きくしてみたらどうか(Magnify:拡大)

(5)小さくしてみたらどうか(Minify:縮小)

(6)他のものでは代用できないか(Substitute:代用)

(7)入れ替えてみたらどうか(Rearrange:置換)

(8)逆にしてみたらどうか(Reverse:逆転)

(9)組み合わせてみたらどうか(Combine:結合)

例えば、(1)の「他に使い道はないか」。その発想から生まれたものが、シートベルトでできたバッグや、電球からできた殺菌装置です。

(3)の「変えてみたらどうか」は、アニメを実写化することでヒットを果たした映画の事例がそれにあたります。

(5)の「小さくして見たらどうか」は、私たちの生活必需品である携帯電話やスマートフォン、ノートパソコンなどが代表例といえるでしょう。誕生した頃のものと比較すると、より小さく、薄型になっています。また、スーパーマーケットなどで、一人用のサラダや鍋料理のための食材が売られているのも、この考え方に当てはまります

社員研修などで、発想力や企画力を鍛えるワークショップを実施する際、参加者がアイデアを出せずに煮詰まっているようであれば、ヒントとしてオズボーンのチェックリストを渡してみるとよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ピボット
「ピボット」(pivot)とは、本来「回転軸」を意味する英語で、転じて近年は企業経営における「方向転換」や「路線変更」を表す用語としてもよく使われます。とりわけスタートアップ企業が当初の事業戦略に行き詰まって、大きな軌道修正を余儀なくされたり、まったく別のアイデアに取り組んだりすること、またそうした...
ラテラルシンキング
「ラテラルシンキング」とは、ものの見方の角度を変え、さまざまな視点から自由に発想する思考法のこと。「ラテラル(lateral)」とは「側面の」「横からの」「水平の」といった意味を持ち、日本語では水平思考とも呼ばれます。ラテラルシンキングの対にある思考法として知られるのが、ロジカルシンキング。水平思考...
ハッカソン
「ハッカソン」(hackathon)とは、広い意味でソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた米IT業界発祥の造語で、もともとはプログラマーやデザイナーから成る複数の参加チームが、マラソンのように、数時間から数日間の与えられた時間を徹してプ...

関連する記事

【特別企画】 新たな学びの場つくりのユニット 『アトリエMALLプロジェクト』を密着取材 <第三回>
『アトリエMALLプロジェクト』は、一般社団法人経営学習研究所(MALL)が募った企画に13名のビジネスパーソンが集って立ちあげた新たな学びの場づくりのユニットです。オープン・コラボレーションの進め方や、ワークショップ型イベントの企画・運営方法を体験的に学びな...
2014/11/20掲載イベントレポート
冨田英揮さん(ディップ株式会社): 英会話スクールの運営を通じて思いついたアイデアを具現化して起業 夢とアイデアと情熱で、ネット求人事業に道を拓いたベンチャー魂
企業の採用意欲の回復に伴い、求人広告メディアも活況を呈しています。特にインターネット媒体はその傾向が強く、情報誌やフリーペーパー、折り込みチラシなど、これまで主役だった紙媒体からその座を完全に奪う勢いです。このネット媒体にいち早く特化し、スマートフォンなどパー...
2016/02/25掲載HR業界TOPインタビュー
ユニ・チャーム株式会社: 「共振の経営」を実現する「共振人材」はいかに生まれるのか 社員の自律的行動を促す“ユニ・チャーム流”人材育成術(後編)
ユニ・チャームでは創業者による「トップダウン型経営」から、「共振の経営」へと経営スタイルを大きく変革しましたが、その際に重要なポイントとなったのが「SAPS手法」です。そのほかにも「社長のカバン持ち」や「社内ドラフト制度」など、ユニークな施策をいろいろと打ち出...
2016/12/21掲載となりの人事部

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト 期間限定キャンペーン

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...