企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】メタニンチ メタ認知

「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコントロールすることを意味します。近年は、マネジメントや人材開発の領域でも、「メタ認知」の概念が注目されています。

(2015/2/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メタ認知のケーススタディ

自分は何ができ、何ができないかを知る
ハイパフォーマーに共通の自己分析能力

学校や学習塾の先生が子どもに勉強を教えるとき、「どこがわからないか」を聞くと、低学力の子どもや学習不振に陥っている子どもの多くは「どこがわからないかが、わからない」と、異口同音に答えるといいます。自分は何が苦手で、どこが疑問なのかが、自分でもわからない――こうした状態は、自分を客観視する「メタ認知」の能力が低いことを表しています。

メタ認知とは、何かを実行している自分の頭の中で働く“もう一人の自分”だといわれます。言い換えれば、現在進行中の自身の思考や行動そのものを対象化して、冷静に分析することにより、自分は「何ができて、何ができていないのか」あるいは「どの程度ならできるのか」を認知する心の働きです。つまり私たちはメタ認知によって、自分の能力を見きわめ、自己の限界や弱点、不足している部分などを理解することができるわけです。

そう考えると、企業におけるハイパフォーマーに、メタ認知の能力に優れた人が多いとされるのもうなずけるでしょう。人はメタ認知能力が高いほど、自分の考え方のクセやこだわり、心身のコンディションなどを客観的、分析的に捉え、自分の行動をパターン化して理解しようとします。その結果、自分がどのようにして問題解決に至ったか、過去の成功体験を再確認して意識的にそれを再現したり、逆に、同じ失敗やミスを繰り返さないよう自分に言い聞かせたりすることが可能になるわけです。

メタ認知の能力は、自分で鍛えることができるといわれます。効果的な方法のひとつが「セルフモニタリング」。セルフモニタリングは、自分のとった行動を毎日、箇条書きで記録していきます。そしてその行動記録の中に、何度も繰り返しとっている共通の行動がないかをチェックし、見つかれば、なぜそうするのか、どういうときにその行動を起こしやすいかなどの要因を客観的に分析していくのです。セルフモニタリングを続けることで、メタ認知が習慣化されるのはもちろん、変わりたいけれど変われない自分の弱さや自己の成長を阻害している壁と向き合えるようになり、自己改革のきっかけを掴めるメリットもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
自己効力感
「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に...
自己奉仕バイアス
「自己奉仕バイアス」(Self-serving bias)とは、成功したときは自分自身の能力によるものであり、失敗したときは自分ではどうしようもない外的な要因によるものだと思いこむ考え方です。例えば、試験の点数が良かったときは「自分は頭がいいから」と考え、点数が悪かったときは「先生は自分のことが嫌い...

関連する記事

小島 貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える 「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
森内俊之さん: “九×九”の小宇宙に魅せられて 壁を突破し、自己を変革し続けるトップ棋士の勝負哲学とは(後編)
森内俊之さんの歩んできた将棋道の前方には、小学生以来の知己である稀代の天才棋士、羽生善治さんの背中が常にありました。オールマイティーの強さを誇る羽生さんを始め、トップ棋士らとの切磋琢磨(せっさたくま)を通じて、たえず自らの将棋を進化させてきた森内さん。次々と現...
2014/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
小杉俊哉さん 今こそ求められる「キャリア自律」、その実現のために人事は何をすべきか?
昨今の不況下、コスト削減のためにキャリア自律研修を控える企業も多いようですが、中長期的な視点で考えれば、今こそキャリア自律に関する明確な施策を打ち出すことが、必要なのではないでしょうか。これまで数々の企業の人事責任者を歴任、また、大学ではキャリア自律を研究テー...
2010/02/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

賃金台帳について
社員から自分自身の過去支払われた賃金を月ベースで見せてほしいという要求がありました。当然要求に答えるべきですか?よろしくお願いします。
産前産後休暇中の賃金について
産前産後休暇中の賃金支給について教えて下さい。 自分が過去に在籍した会社も含め、一般的には無給としている企業が多いように思います。 ただ実態はどうなっているのでしょうか? そもそも他社がどうしているかではなく、自分の会社はどうするという考え方で良いと思いますし、時代の流れから行けば、有給にすることが...
持家を自分が賃借する社員に対して
いつもお世話になります。 大阪の実家から赴任している社員に借上げ社宅を提供しております。 その社員より、自分でマンションを購入し、そのマンションに自分が賃貸借契約を結び、その賃料を借上げ社宅家賃として会社が負担して欲しいとの依頼がありました。 規定ではそのようなケースは想定しておりませんが、この場合...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

富士通が実践する「働き方改革」 シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?<br />
 改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?
改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」により、これまでの派遣労働...