企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アウトソーシング アウトソーシング

従来社内で行われていた業務や機能の一部あるいは全部を、外部の専門会社に委託すること。主にコストダウンやコア事業へのリソース集中を目的としています。
(2008/5/19掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトソーシングのケーススタディ

企業に求められる、コスト圧縮・品質向上の追及
委託先に対するマネジメント能力が必要

アウトソーシングは1980年代初頭よりアメリカで用いられるようになり、日本でも1990年代頃から活用する企業が増加してきました。当初は情報システム分野が大半でしたが、現在では採用・研修、保険・年金事務、秘書業務から、経営企画、人事、法務、広報、研究開発、設計、製造業務といった、経営のあらゆる分野に及んでいます。

背景には、バブル崩壊後の経済のグローバル化や規制緩和で競争が激化し、経営手法の見直しが必要になったことが挙げられます。それ以降、企業はさらなるコスト圧縮、品質の向上が求められるようになり、コア事業への経営資源の集中が課題となっています。また、技術革新が著しい情報分野では、すべてを抱え込むとリスクもコストも高くなり、企業活動のフットワークの低下にもつながります。こうした状況をうけて、企業では経営判断のスピードを高めるために、戦略的アウトソーシングの活用が重視されるようになりました。一方で、近年は、アウトソーシングの名を借りた違法な労働者供給(「偽装請負」など)といったトラブルも、社会問題化しています。

経営のキーワードとして定着した 「アウトソーシング」ですが、従来の“委託”や“外注”とはどこが違うのでしょうか。『アウトソーシング戦略』(島田達巳編,日科技連,1995)によれば、アウトソーシングとは、「ある組織から他の組織に対し、組織の機能やサービスの全てまたは一部を委託すること」とあります。つまり、「資源の外部化」といえるでしょう。これは、コンサルティング、外注(代行)、人材派遣のすべてが含まれる包括的で広義な定義です。一方、効率性やコストの削減、スペースの有効活用などを目的とする、単なる業務の一部代行(請負)としての「請負型アウトソーシング」と、有効性、新規事業進出、事業拡大・縮小などを目的とした今日的な「戦略的アウトソーシング」を分ける狭義の定義もあります。

アウトソーシングを行う上では、「機密性とセキュリティ」や「委託先の技術水準」をしっかりと確認するべきでしょう。また、「受託先への依存が過ぎることによる戦略的なコントロール力の喪失」「社内への技術的ストックが失われる可能性」などの組織的問題や、「社内の生産性やモラールの低下」「人員の削減」といった人的問題もあります。重要なのは、アウトソーシングを活用する際、業務を丸投げするのではなく、自社の戦略を見据えた上で、主体性をもってマネジメントすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

オフショアリング
自社で行われている業務プロセスの一部、またはすべてを海外の専門企業に移管・委託すること。
BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
業務プロセスの効率化、最適化を目的に、企業が社内の業務処理の一部を専門の事業者に外部委託(アウトソーシング)することを「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」、略してBPOといいます。業務プロセスそのものの企画設計から必要なシステムの導入、人材や設備の準備、プロセスの運用までを一括して委託すること...
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。

関連する記事

「給与計算代行」の利用メリット
企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
2010/09/24掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「新卒採用代行・アウトソーシング」のポイントと最新サービス
現代の新卒採用は、厳選採用やグローバル化への対応など、そのすべてのプロセスにおいて、明確な戦略ときめ細やかな対応が求められている。
2010/12/27掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
給与計算のアウトソーシング
給与計算のアウトソーシング会社はたくさんありますが、その方法について給与の振込みは依頼主でないとできませんよね? アウトソーシング会社が社員に対して雇用主に代わって振り込みというようなことは可能ですか?契約により、社員にも周知していれば可能なのでしょうか?
福利厚生制度のアウトソーシング
自社で保養施設等を取得・運営・管理が難しいため、福利厚生サービスをアウトソーシングしてはどうかの提案を取締役会へ提案するにあたり、福利厚生サービスのアウトソーシングと定着性・勤怠性・貢献意欲との因果分析結果の公的データがあればご紹介いただきたくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...