企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クラウドソーシング クラウドソーシング

働き方改革の影響を受け、副業をする人やフリーランスとして活躍する人が増えるなど、個人の働き方は大きく様変わりしています。企業にとっても雇用と外注における選択肢が増え、ビジネス環境に大きな変化をもたらしています。このような環境下、耳にする機会が増えているのが「クラウドソーシング」です。ここでは、クラウドソーシングの概要や現状、活用するメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.クラウドソーシングとは

クラウドソーシングの概要

クラウドソーシングとは、不特定の人や群衆を意味する「crowd(クラウド)」と、業務委託を示す「sourcing(ソーシング)」を組み合わせた造語です。

企業が自社の業務を不特定多数の人に業務委託する業務形態を指しますが、インターネットを活用している点に特徴があります。クラウドソーシングの一般的なモデルは、発注者がインターネットを介してアウトソーシングしたい業務への応募者を募り、業務者を選定・依頼するというものです。必要なときに必要な人材やスキルを気軽に調達することが可能なため、クラウドソーシングを活用する企業が増えています。

クラウドソーシングの歴史

クラウドソーシングという言葉が使われはじめたのは、2000年代に入ってから。2006年6月に米国の雑誌「WIRED」の編集者であるジェフ・ハウ氏が、同誌の記事で科学課題解決コミュニティーサイトや写真素材提供サイトなどがビジネスや研究開発に多くの影響を与えていることを紹介し、これらの現象をクラウドソーシングという言葉で表現しました。

クラウドソーシングはアウトソーシングの一種ですが、急速に普及した背景には、従来の雇用や外注方法にいくつかの問題点があったことが挙げられます。

従来、企業は専門性を持った人材を雇用することによって、ビジネスや研究開発における優位性を担保してきました。しかし一方で、人材の確保が困難であることやコストがかかるというデメリットもありました。これを解決する方法として、業務を切り出し外部に委託するアウトソーシングという考え方が広がりました。ただ、特定の人材への発注となる点で、コスト面やスキルのアンマッチが起こりやすいという課題が残りました。

そこに登場したのがクラウドソーシングです。インターネットの発展とともにネットワークを活用して業務委託者を公募することが可能となり、業務内容に見合った費用で最適な労力・スキルを確保できるようになったのです。

また、クラウドソーシングは地方に在住しながら都市部の仕事を受注するなど、労働者にとっても、ライフスタイルに合わせた働き方を実現できる新しい業務形態として注目を集めています。

日本では2008年に初めてクラウドソーシングのマッチングサイトを運営する会社が設立され、その後も多くの運営会社が登場しています。

2.クラウドソーシングのメリット・デメリット

クラウドソーシングでは、専門性の高い業務から細かな作業までさまざまな案件が取り扱われています。仕事を依頼する企業側と依頼を受ける受注者側のそれぞれに、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。

企業側のメリット

(1)自社にない専門知識やスキルを活用できる

企業がクラウドソーシングを利用する大きなメリットの一つは、自社が持っていない専門知識やスキルを活用できること。スキルを持つ人材を雇用したいと考えても、すぐに採用できるとは限りません。クラウドソーシングを利用すれば、自社が求める人材を見つけて仕事を依頼することが容易になるため、事業を推進しやすいというメリットがあります。

(2)コストの抑制・削減

従業員を増員した場合、毎月の給料だけでなく、社会保険関連の費用や福利厚生など、さまざまなコストが発生します。クラウドソーシングでは必要なときに必要な量の仕事を依頼できるため、人材にかかるコストの抑制や削減につながります。また、人材育成にかかる教育コストや管理の手間も削減できます。

(3)組織のスリム化

企業の成長が停滞する原因の一つに、組織運営の煩雑化が挙げられます。例えば、さまざまな部署やプロジェクトが同時に立ち上がるなどして人員配置が変わると、指揮系統が複雑になり、事業を推進するスピードが遅くなりがちです。クラウドソーシングを利用すれば必要なときに外部の力を利用できるため、組織のスリム化を実現することが可能です。

(4)従業員のワーク・ライフ・バランスの実現

長時間労働などの問題が大きくなっている現在、従業員のワーク・ライフ・バランスの実現は多くの企業が抱える課題です。コアとなる業務は従業員が行い、それ以外の仕事はクラウドソーシングを利用するなど、業務内容を見直すことで、従業員の負担を軽減することが可能です。結果として、従業員のモチベーションやパフォーマンスが高まり、企業の成長につながるというメリットが期待できます。

(5)スタートアップに活用できる

新たに会社や事業を立ち上げる際は、人材と資金の確保が大きな課題となります。十分な 人材と資金を確保できない場合、事業を軌道に乗せるまでに時間がかかるという懸念が浮上します。クラウドソーシングを利用すれば、事業に必要な人材を迅速に集めることが可能になり、コストを抑えながら事業を立ち上げることも可能です。

企業側のデメリット

(1)社内人材の成長機会が失われる

クラウドソーシングは企業にとって使いやすいサービスですが、外部人材のスキルばかりを活用していると、結果として自社人材の成長機会が失われるというデメリットが生じます。また、自社にノウハウを蓄積できないというリスクもあります。クラウドソーシングを利用する場合は、社内の人材育成における将来的な影響について十分に検討しておく必要があるといえます。

(2)自社ノウハウの流出

依頼する仕事内容によっては、自社の技術やノウハウを開示する必要が出てきます。注意したいのは、ノウハウの流出です。自社のノウハウが流出してしまうということは、自社の強みを失うことになりかねません。クラウドソーシングを利用する場合は、どこまでのノウハウを開示するかを事前に検討する必要があります。

(3)活用できる業種やサービスが少ない

クラウドソーシングはインターネットを使って仕事を受注するという性質上、IT・情報システム関連など、一部の業種やサービスに集中している傾向があります。いざクラウドソーシングを利用しようと考えても、自社が求めるサービスや人材を探すのが困難な場合もあります。

受注者側のメリット

(1)ライフスタイルに合わせた仕事ができる

クラウドソーシングで仕事を受注している人の多くが、自分のライフスタイルに合わせた働き方を実現しています。例えば、子育てや介護のために外で働くことが難しい場合でも、手が空いたときに仕事ができるなど、時間と場所にとらわれない働き方が可能です。

(2)副業がしやすくなる

働き方改革が推進され、副業を認める企業は増加傾向にあります。クラウドソーシングでは休日を利用して仕事をすることも可能なため、会社員であっても副業への挑戦が容易です。

受注者側のデメリット

(1)収入が不安定

クラウドソーシングの受注者にとって大きな悩みとなっているのが、収入面での不安です。仕事単価が比較的安価なものが多いことや、仕事を継続的に受注できなければ安定的な収入が得られない不安定な環境はデメリットといえます。

(2)外部の信頼を得にくい

クラウドソーシングを主な収入としているフリーランスは、会社員とは違い、外部の信頼を得にくいというデメリットがあります。銀行などの融資を受けにくい、大手企業から仕事を受けることが難しい、といったデメリットが挙げられます。

3.クラウドソーシングを利用する際の流れ

クラウドソーシングでは、仕事の依頼や契約、依頼物の納品や検収、支払いをすべてインターネット上で行うことができます。各社が提供しているクラウドソーシングサイトを利用するのが一般的で、企業などの発注者側が利用する場合、主に以下のような流れとなります。

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. クラウドソーシングサイト上に、依頼したい業務内容を提示し公募する
  3. 応募者からの見積もりを検討する(業務の対価をあらかじめ提示したうえで募集することも可能)
  4. 業務を依頼する人を選定
  5. 業務の代金をクラウドソーシングサイトに預託
  6. 納品物の検収(修正がある場合は、再納品を依頼することも可能)
  7. 検収完了後、クラウドソーシングサイトから受注者に代金が支払われる
  8. 発注者、受注者で相互に評価を行う(相互に評価することで、品質や評価の高い受注者や企業を識別することが可能になります)

この他、キャッチコピーやロゴデザインなどを公募し、複数の提案の中から気に入ったものを選んで採用者に代金を支払うコンペ形式もあります。

4.クラウドソーシングが果たす役割は今後さらに大きくなる

労働力人口の減少や人材の流動化が進むなか、クラウドソーシングの需要はますます高まっていくと見込まれています。また、労働者の多様な働き方の実現や、都市部と地方における所得格差の是正という観点においても、クラウドソーシングが果たす役割は大きなものになっていくと考えられるでしょう。

今後はクラウドソーシングをさらに活用できる業種が広がり、企業や労働者の選択肢が増えることが期待されます。クラウドソーシングを活用するうえでは、メリット・デメリットをしっかり理解したうえで、自社に適した導入方法を検討することが重要なポイントになると言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

業務委託
「業務委託」とは、企業に雇用されるのではなく、企業と対等な立場で、仕事単位で契約を結ぶ働き方のこと。契約形態には、委任契約と請負契約の2種類があります。委任契約は、成果や結果にかかわらず、一定期間に実際に遂行した業務に対して報酬が支払われます。請負契約は、役割を完了させることが任務となっており、納品...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
ふるさとテレワーク
「ふるさとテレワーク」とは、都市部に拠点を置く企業が、地方に人材や仕事を移して行うテレワークのことで、地方の移転先や委託先で都市部にいるのと変わらない働き方を実現する取り組みをいいます。地方に整備したサテライトオフィスやテレワークセンター、個人宅などで働くことを前提として、都市部の人材を地方へ長期派...

関連する記事

「給与計算代行」の利用メリット
企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
2010/09/24掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人材紹介利用の「メリット」
求人企業・求職者それぞれの視点から見えてくる、人材紹介サービス利用のメリットとデメリットとは?
2016/08/31掲載よくわかる講座
人材紹介とは
中途採用に欠かせない「人材紹介」だが、現在のように広く利用されるサービスになったのは 比較的最近のこと。その成り立ちと業務内容をおさらいしてみよう。
2016/08/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
業務請負と業務委託の違い
ある解説では、業務委託は個人が企業から仕事を受ける場合、業務請負は企業が企業より仕事を受ける場合、又業務委託は事務的な仕事で、業務請負は生産の仕事などとありますが、現実には病院患者給食の受託などは、関係法例でも業務請負とはよばず、業務委託と呼ばれていますが、両社の違いがよく解りませんので宜しくお願い...
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。