企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コモン 顧問

「顧問」とは、企業やその他の団体が行う業務について、意思決定を行う権限は持たないものの、求められて高度な意見を述べるために置かれる役職のこと、あるいはその役職に就いている者を指します。もともと名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを内部の常勤ないし非常勤の顧問に充てるケースが一般的ですが、近年は弁護士や社会保険労務士、各種コンサルタントなどの専門家に外部顧問として顧問料を支払い、専門的見地から指導や助言などのサービスを受ける企業も増えています。これを顧問契約といいます。
(2011/6/13掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧問のケーススタディ

ニーズがあれば外部顧問はメリット大
ワンストップで幅広い相談に対応

社労士、中小企業診断士などの“士業”やコンサルタントのサービスを利用する企業にとって、定期的な顧問契約を締結するメリットは少なくありません。その第一は頼れる相談相手として、何か困ったことがあったらいつでも気軽に幅広く助言を受けられることです。

たとえば、人事労務関係の実務について社内で解決できない疑問やトラブルが生じた場合は、どこに問い合わせればいいのでしょうか? 所管の労働基準監督署、ハローワーク、全国健康保険協会や健康保険組合、年金事務所などから関係する行政機関をまず特定し、それぞれ個別にあたってみなければなりません。退職手続きをめぐる疑問なら、ハローワークか年金事務所、健康保険組合にそれぞれ確認するといった具合です。これも、日本の行政組織の“縦割り”の弊害にほかなりません。その点、社労士などと顧問契約を結んだ場合は、人材や職場に関する相談にすべてワンストップで対応してもらうことができるので、横断的かつ的確な答えが期待できます。また税金や財務関係は専門外ですが、研さんを積んでいる社労士なら、誰と組めばいいのかを知っています。つまり優れた顧問は、自分の中に答えがなくても、独自のネットワークやコネクションを活用してさまざまな相談に対応してくれるのです。

クライアント企業と外部の専門家との関係が密になり、相互理解が深まることも顧問契約の大きなメリットのひとつでしょう。継続的なコミュニケーションによって、外部顧問に、自社の考え方や組織の雰囲気、置かれている事業環境などを正しく把握してもらうことが効果的なアドバイスやコンサルティングにつながるからです。クライアントのメンバーの一員といえるほど関係が深まれば、ある程度の“無理”も利き、突発的な事故やトラブルが発生しても迅速な対応が望めますが、顧問契約でないとなかなかそうはいきません。

顧問料や契約のしくみは専門家によってさまざまで、費用対効果も相談の内容や活用する頻度によって変わってきます。ただ一般的な相場の範囲内で、自社のニーズにマッチする外部顧問と出会えたとしたら、それは「いつでも相談に乗ってくれ、適切な回答を示してくれる社員を低コストで雇った」のと同じ価値があると考えるべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...
社会保険労務士
労働者が安心して働ける環境の整備は、企業の成長に欠かせない土台となります。なかでも社会保険の取り扱いや労務管理は法令を遵守する必要があり、専門性が求められる分野です。法令の改正が頻繁に行われている現在、社会保険や労務管理の専門家である社会保険労務士(社労士)の必要性に注目が集まっています。ここでは、...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。

関連する記事

「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査
月給制それとも年俸制?昇給制度や人事考課は?パート契約社員の最新実態を探る
多様化する非正規社員――パートタイマーおよび契約社員の労働の状況や内容について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/02/21掲載人事・労務実態調査
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

顧問契約
この度、弊社で約1カ月程度の技術顧問契約を行う予定です。 そこで、契約書を作成するのですが、必ず記載した方が良い 項目を教えて頂けないでしょうか。また、雛型が掲載されている サイトはありますでしょうか。 宜しくお願い致します。
顧問契約者の社保加入について
「顧問契約だと社保に加入させられないので、契約社員にして社保に加入させる」と聞きましたが、契約形態によってそう言うルール(法律)があるのでしょうか?
顧問契約終了についての通知文例
これまで顧問として週1回出社していた方の契約を終了したいと考えていますが、古くからの付き合いのため契約書の取り交わしがありません。終了にあたり何らかの書面での通知が必要でしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...