無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】コモン 顧問

「顧問」とは、企業やその他の団体が行う業務について、意思決定を行う権限は持たないものの、求められて高度な意見を述べるために置かれる役職のこと、あるいはその役職に就いている者を指します。もともと名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを内部の常勤ないし非常勤の顧問に充てるケースが一般的ですが、近年は弁護士や社会保険労務士、各種コンサルタントなどの専門家に外部顧問として顧問料を支払い、専門的見地から指導や助言などのサービスを受ける企業も増えています。これを顧問契約といいます。
(2011/6/13掲載)

顧問のケーススタディ

ニーズがあれば外部顧問はメリット大
ワンストップで幅広い相談に対応

社労士、中小企業診断士などの“士業”やコンサルタントのサービスを利用する企業にとって、定期的な顧問契約を締結するメリットは少なくありません。その第一は頼れる相談相手として、何か困ったことがあったらいつでも気軽に幅広く助言を受けられることです。

たとえば、人事労務関係の実務について社内で解決できない疑問やトラブルが生じた場合は、どこに問い合わせればいいのでしょうか? 所管の労働基準監督署、ハローワーク、全国健康保険協会や健康保険組合、年金事務所などから関係する行政機関をまず特定し、それぞれ個別にあたってみなければなりません。退職手続きをめぐる疑問なら、ハローワークか年金事務所、健康保険組合にそれぞれ確認するといった具合です。これも、日本の行政組織の“縦割り”の弊害にほかなりません。その点、社労士などと顧問契約を結んだ場合は、人材や職場に関する相談にすべてワンストップで対応してもらうことができるので、横断的かつ的確な答えが期待できます。また税金や財務関係は専門外ですが、研さんを積んでいる社労士なら、誰と組めばいいのかを知っています。つまり優れた顧問は、自分の中に答えがなくても、独自のネットワークやコネクションを活用してさまざまな相談に対応してくれるのです。

クライアント企業と外部の専門家との関係が密になり、相互理解が深まることも顧問契約の大きなメリットのひとつでしょう。継続的なコミュニケーションによって、外部顧問に、自社の考え方や組織の雰囲気、置かれている事業環境などを正しく把握してもらうことが効果的なアドバイスやコンサルティングにつながるからです。クライアントのメンバーの一員といえるほど関係が深まれば、ある程度の“無理”も利き、突発的な事故やトラブルが発生しても迅速な対応が望めますが、顧問契約でないとなかなかそうはいきません。

顧問料や契約のしくみは専門家によってさまざまで、費用対効果も相談の内容や活用する頻度によって変わってきます。ただ一般的な相場の範囲内で、自社のニーズにマッチする外部顧問と出会えたとしたら、それは「いつでも相談に乗ってくれ、適切な回答を示してくれる社員を低コストで雇った」のと同じ価値があると考えるべきでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード