企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14737件   回答数31435

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

いつも参考にさせていただいております。
私は入社したばかりで、前に勤めていたところと給与計算の方法が異なっていたので、
疑問に思い質問をさせていただきます。


弊社では入社時に正社員・パートともに給与所得者の扶養控除等(異動)申告書(以下まるふ)を
提出してもらっています。
正社員の方は全員回収できるのですが、パートの方の提出率があまり良くなく初回給与までに未提出のこともあります。

まるふを回収できない場合でも、弊社では給与計算を「甲欄」でしております。
以前勤めていた会社では、まるふ未提出の場合は「乙欄」でしておりました。

上司に確認したところ、「どうせ年末調整までに回収できるから大丈夫」との答えでした。
ただ、弊社は入退社が頻繁にあり、まるふを未回収のまま退職ということもあります。
その場合、退職した従業員が次の会社で年末調整するか自分で確定申告してもらわないと、
所得税の調整ができないのでは、と思っております。
特に最近は外国人の従業員も多く、退職後帰国してしまい連絡がつかないということもあります。

そこでお尋ねしたいのが

①まるふが未提出の場合、「乙欄」「甲欄」どちらで給与計算するのが正しいか

②まるふが未提出で「甲欄」で給与計算し、そのまま退職した場合、会社としてどのように
 対処すればよいのか
(弊社はまだ若い会社で、いままでは特に気にしてなかったとのことです)

私自身経験が浅く、自分の意見に自信が持てないので、こちらで質問させていただきました。
つたない説明で申し訳ございませんが、ご教授いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

  • mokaさん
  • 東京都
  • 旅行・ホテル
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/07/11 14:51
  • ID:QA-0085563

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/11 17:01
  • ID:QA-0085569

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 乙欄です。
②について
 厳密に言えば、乙欄で再計算といことになります。

本人の確定申告と会社の源泉徴収義務は別ですので、会社が源泉徴収義務違反となるリスクがあります。

今後は、社内および社員・パートさんが入社した時に、まるふ提出の意味と提出しない場合には、乙欄計算となり、税額があがり、年末調整もできないということを周知徹底していくべきでしょう。

  • 投稿日:2019/07/12 09:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございます。

やはり乙欄での計算が正しいのですね。上司にもその旨もう一度確認し、今後は正しい給与計算がするようにいたします。

大変参考になりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/11 23:41
  • ID:QA-0085580

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出されない方につきましては、「乙欄」で計算するものとされます。この場合ですと、年末調整が受けられませんので当人が確定申告されることが必要になります。

退職された方も同様で、いずれにしましても書類未提出は自己責任の事柄ですので、御社側で特別に対応される義務はないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2019/07/22 14:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただき、誠にありがとうございます。

やはり「乙欄」が正しいのですね。
上司にも再度確認いたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
退職者への対応
いつも大変参考にさせていただいています。 さて、当法人の経理部長が退職となります。引継ぎ書の提出を求めていましたが、現段階で提出がなされておりません。 当方としましては、退職日を超えて未提出の場合、引継ぎ書の提出がなされるまで退職金の支給を一次差し止めるという対処を考えております。 差し止め事...
退職所得申告書
当社は退職金を毎月生命保険会社に積立てています。(当然退職給与支給規程に準じています)いざ、従業員の退職時には当社から生命保険会社に請求をおこし、直接、本人口座に支払って貰っています。 この場合、当社が支払っているわけではないので、退職所得申告書を 退職する従業員から提出してもらっていません。こうい...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 利用者急増!退職代行会社等が関与する場合の留意点
    最近、本人に代わって退職の手続きを行う「退職代行業者」が話題になっています。もし、従業員から退職代行業社を通じて退職届が出されたら、どのように対応すればよいのでしょうか。実際の例を紹介しつつ解説します。
  • 「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
    昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介しています。
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。

あわせて読みたいキーワード

給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン LINE採用コネクト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...