企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/03/13

【ヨミ】フヨウコウジョ 扶養控除

「扶養控除」とは、扶養家族がいる場合に一定の所得控除が受けられる制度のことをいいます。扶養家族とは、その対象になっている家族のことをいい、例えば専業主婦(夫)や、子どもがいる場合は扶養家族になります。2018年には、扶養控除に関する法律が一部改定されました。

1. 扶養控除とは?

扶養控除とは、扶養家族がいる場合に支払う税金が低くなることを意味しています。もともと支払わなければいけない税金額から、扶養家族の人数に応じて定められた金額が差し引かれる(=控除される)わけです。

「配偶者が扶養控除の範囲で働く」という言葉をよく聞きますが、これは「配偶者が扶養控除の受けられる所得の範囲内で働く」ということを意味します。ただし、収入が一定より多い場合は、この制度を受けることができなくなります。

アルバイトをしたことがある方は、「103万円以上働いたら税金がかかる」といわれたことがあるかもしれません。これは俗に「103万の壁」と呼ばれ、扶養家族が103万円超の収入がある場合は、自立した生活を送れる最低限の収入があるとみなされるため、扶養を外れ、段階的に課税の対象になることを意味しています。

人事が押さえておくべき扶養控除の二つの意味〜税制上の控除と社会保険上の控除〜

「扶養控除」と一口にいっても、所得税などの「税制上の控除」と「社会保険上の控除」の二つの扶養控除があります。扶養控除の金額は、一般に扶養家族の人数や所得額によって増減しますが、その扶養家族にカウントされる基準や扶養から外れる金額などは、二つの控除で異なってきます。これらの基準や金額は後ほど解説するので、ここでは税制上の控除と社会保険上の控除の二つの意味合いの違いについて見ていきます。

一般に、税制上の控除は「これまで稼いだ額」に対して課税され、扶養家族の所得が主な生活上の支えの一つとなっているかどうかが控除額をカウントする基本になっています。あくまで所得が基準となって控除されるのです。

これに対して、社会保険上の控除は、生活上の支えとなっている点も考慮されますが、それよりも「将来的に生活を継続的に行うことができるか」という問題意識が制度の基礎にあります。「社会保険」という名の通り、社会保険上の控除の際に留意されるのは、今後の生活の安定です。

そのため、例えば税制上の控除は、一年間の所得に対して控除額が決定されるのに対して、社会保険上の控除は、扶養に入ってからの所得がカウントされるなどの違いが出てきます。つまり、6月までの間に300万円の所得があったとしても、7月から扶養家族に入り、それ以降の所得がない場合は、社会保険上の控除が適用されるのです。一方で、税制上の控除の場合、年間の所得基準を超えているため、当然適用されません。

扶養控除と配偶者控除の違い

次に、扶養控除と配偶者控除の違いについて見ていきましょう。文字通り、配偶者控除は扶養控除の種類の一つということができます。しかし、税制上は次のような相違点があるため、異なるものとして捉えられることが多くなっています。

例えば、扶養控除と配偶者控除には、扶養となる人の年齢に差があります。扶養控除の場合、16歳以上などの年齢制限があります。一方、配偶者控除の場合、配偶者であることが基準となるため、年齢制限は特に設けられていません。

また、扶養控除の場合は自分の父親の扶養に入る、自分の娘の扶養に入るなど、ある程度関係が自由ですが、配偶者控除の場合は民法で定める婚姻の事実がなければなりません。

2018年より配偶者控除の制度が変更され、配偶者控除がより優遇されるようになりました。少子化の影響もありますが、労働力不足を補う側面もあり、これまで「103万の壁」を気にして労働時間を調整しなければならなかった専業主婦(夫)の労働力を社会に生かそうという狙いもあるようです。

2. 人事が扶養控除について知っておくべき最低限の知識

次に、扶養控除の対象にできる人の範囲や金額などを解説します。上述のように、扶養控除には税制上の控除と、社会保険上の控除があるので、両者の違いに注意が必要です。

扶養控除に該当する人の範囲

扶養控除に入れる条件は、税制上の控除と、社会保険上の控除で異なってきます。ここでは、二つを表にしました。ポイントとしては、税制上の扶養控除は、子ども手当てなどの関係上、16歳以上の方であれば何歳でも扶養の対象となるのに対して、社会保険上の扶養控除は後期高齢者医療制度の関係上、75歳未満の方が扶養の対象となります。

それ以外には、親族の何親等などが変わりますが、税制上の控除の範囲が広いこと以外は、あまり違いはありません。ただし、扶養内の金額が変わってくるので注意が必要です。

税制上の扶養控除 社会保険上の扶養控除
・配偶者以外の親族(6親等内の血族および3親等内の姻族をいいます)、または都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること
・納税者と生計を一にしていること

・対象年の12月31日時点で16歳以上の親族

・青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと、または白色申告者の事業専従者でないこと

・年間の合計所得金額が38万円以下(令和2年分以降は48万円以下)であること

※同居しているかどうかは重要な条件ではなく、あくまで扶養しているかどうかが条件になります。
・3親等内の親族(伯叔父母、甥姪とその配偶者など)や、内縁関係の配偶者の父母および子(当該配偶者の死後、引き続き同居する場合を含む)

・75歳未満の者(75歳以上になると、後期高齢者医療制度により、自分で健康保険に入ることになるため)

・配偶者、直系尊属、子、孫、兄弟姉妹以外の3親等内の親族は同一世帯でなければならない

・収入が130万円未満(60歳以上の被扶養者、または障害を持つ被扶養者の場合は年間収入180万円未満)

扶養控除される金額

税制上の扶養控除において、控除される金額については以下表の通りです。

区分 控除額
一般の控除対象扶養親族(16歳以上) 38万円
特定扶養親族(19歳以上23歳未満) 63万円
老人扶養親族(70歳以上) 同居老親等以外の者 48万円
同居老親等 58万円

引用:国税庁|No.1180 扶養控除

配偶者控除に関して

配偶者控除は、2018年から基準が緩和されました。これまで配偶者控除といえば、上記のように「103万の壁」という言葉が有名でした。「103万の壁」とは、年収103万円以上働いた場合、控除額が満額38万円から徐々に減ってしまうことを意味しています。しかし、2018年の法改正によって、年収150万円まで控除額は38万円であることが変わらなくなったため、この103万の壁は、150万の壁になりました。

なお、配偶者控除の金額は、主に働いている納税者本人の年収によって変化します。まず、満額38万円控除されるのは、納税者本人の年収が1,120万円以下の場合です。1,220万円を超える収入がある場合は、残念ながら控除額はありません。2020年からは、控除額がさらに変更されることが決まっています。

引用:国税庁|家族と税

扶養控除Q&A

Q1「生計を一にする」の意味とは。

A1.
「生計を一にする」とは、同居しているかどうかに関係なく、生活資金が一つの出所から出ていることを意味しています。例えば、子どもが大学へ通うために実家を離れていても、親が授業料を支払ったり定期的に送金したりしている場合は「生計を一にする」ということができます。長期的な入院などの場合も同様です。
反対に、同居していても明らかに独立した生活を営んでいる場合は、生計が別だと判断される場合もあります。

Q2地方に住む両親を扶養控除の対象とする場合の対応は?

A2.
別居している家族を扶養に入れるためには、生活費や医療費が定期的に支払われているなど、「生計を一」にしている必要があります。このことを証明する書類の提出は法的な義務ではありませんが、振込表や書留の写しなどを保管しておくと安心です。

Q3扶養者に遺族厚生年金など非課税所得がある場合に扶養控除はどうなる?

A3.
扶養の対象かどうかを判断する所得額の上限額(38万円)には、非課税の所得金額は含まれません。従って、遺族厚生年金など非課税の所得があっても、扶養控除額に影響することはありません。ほかに収入がない場合は、扶養家族とし、控除を受けることができます。

3. 扶養控除と年末調整

扶養控除額が実際に計算され、活用されるのは、主に年末調整の場面です。源泉徴収であらかじめ引かれている税金の過不足を計算するときや、扶養家族の増減などをまとめて計算するとき、支払うべき税金を計算するときに必要になるでしょう。

今後は年末調整も電子化が進み、自動で計算されるようになりますが、人事担当者には税金や控除に関する知識が引き続き必要になるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

配偶者控除
「配偶者控除」とは、配偶者がいる場合に一定の金額が税金から控除されることをいいます。扶養控除の一種であり、法律上の配偶者がいる場合に適用できます。配偶者控除を受けるためには、配偶者の年収が103万円未満でなければなりませんでしたが、2018年より法律が一部改正され、上限が拡大されています。
年末調整
「年末調整」とは、1年間に納めるべき税金の過不足を計算し、適切な金額に調整することをいいます。源泉徴収の金額は、給与や扶養者数が変動しないものとして作成されています。また、年末には保険料などがまとめて控除されます。源泉徴収の金額が正確にわかる年末に実際に支払うべき税額を算出するため、年末調整と呼ばれ...
保険料控除
例年、年末調整の時期になると、従業員は各種書類の提出を求められます。企業に勤めている場合、毎月の給与額に応じて源泉徴収税が計算され、総支給額から差し引かれています。年末調整は1年間の給与総額をもとに適正な税額を再計算し、毎月差し引かれていた税額との過不足を精算するものです。

関連する記事

2. アルバイト・パート雇用における労務上の注意点
正社員もアルバイト・パートも労働者としての権利に変わりはない。アルバイト・パートの場合は、勤務時間や出勤日数が正社員よりも少なく、時給や日給といった給与形態が一般的だ。勤務条件が個々に異なるため、有給休暇の付与日数や社会保険の加入・非加入にも違いがあり、さらに...
2013/02/18掲載よくわかる講座
年末調整をするときに見ておきたい記事とQ&A
年末調整の際に確認すべき公的資料、年末調整の概要を解説したコンテンツ、人事のQ&Aからピックアップした特殊対応のケーススタディなどをご紹介します。
2019/12/10掲載編集部注目レポート
「給与計算」とは
企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソー...
2011/08/30掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

外国人も扶養控除受けれるか
親は無職で日本以外の国に暮らしている外国人の従業員は扶養控除を受けることができるか?
扶養控除の件
扶養者は年間所得103万円以下となっておりますが、その扶養者が身体障害者の場合、限度額が多くなったり等・・条件があったり変動したりするのでしょうか?尚、年金受給者は年齢に応じて控除所得額が違いますが・・・。よろしくお願い致します。
家族手当について
以下、教えていただけますでしょうか。 家族手当について、例えば「所得税法上の扶養控除対象者」 に支給すると定めているような場合、今年から16歳未満の 扶養親族は控除対象扶養親族には該当しないため、一例として、 「所得税法上の扶養親族」に支給する、などと変更しておかない とならないという認識で誤りは...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。