企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

遅延証明書のある日常的な遅刻への評価

従業員30名以下の都内にある中小企業です。
遅延証明書のない遅刻に関しては3回で1回の欠勤など明確な社内規定があります。

山手線や地下鉄などは毎日5分~10分の遅延は日常的に遅れるものですが、その遅延の度に5分~10分の遅延証明書を提出し、遅刻をする社員がおり頻度は月に2~5回程度です。

また、遅刻をしない日はほぼ毎日9:00ちょうどまたは8:59にタイムカードを押しています。

本人としては不可抗力での遅刻ということでしょうが、会社としてその社員に遅延を予測した出社を促したり、注意あるいは賞与支給の際の評価を下げる理由として用いて良いものなのでしょうか。

ご意見をいただければ幸いです。

投稿日:2014/07/08 13:13 ID:QA-0059502

ぬらりさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

遅刻と遅延証明書について

遅刻と遅延証明書の関係については、会社のルールによります。
文面から、遅延証明書がなければ、3回に1回で欠勤というのは、
懲戒処分としてですが、
遅延証明書があれば遅刻とみなさないという規定はないようですね。
遅延証明書があっても、遅刻した分は、賃金カットしても問題はありません。

さて、労働契約では、9:00~労務提供することが、労働者の義務ですから、
労働者が何時に家をでるかは、労働者の自己責任での管理となり、
会社としては、9:00~労務を提供してもらう権利があるわけです。 
ぎりぎりに到着で、よく10分遅れるようでは、周りにも示しがつきません。

ただし、労働契約について、理解していなかったり、
社会人としての自覚がないケースも多々ありますから、
会社としては、注意・指導すべきであり、
それでも、遅刻を繰り返すようであれば、懲戒処分も検討する必要があります。

評価は悪くてしかるべきだと思いますが、
それも最終的には、会社の評価基準によります。

投稿日:2014/07/08 16:42 ID:QA-0059504

相談者より

ご回答ありがとうございました。

会社のルールによって注意して良いのですね。
大変参考になりました。

現状のルールでは以下のようになっております。
「始業時刻に遅刻した場合、当該不就労時間においては賃金を支給しない。ただし、交通機関の遅延による遅刻の場合、遅延証明書を提出した場合にはこの限りではない。」

小高様のご指摘を踏まえると就業規則を一部変更したほうがよろしいでしょうか。

投稿日:2014/07/08 17:54 ID:QA-0059505大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

私は、改定することをお勧めします。
会社の慣習や考え方によりますが、
東京の会社で山手線や地下鉄通勤者がいて、5~10分日常的に遅れるので
あれば、その程度の遅れは見越して出勤するのが当然です。
不可抗力で遅刻というのは、車両故障や人身事故など大きな遅れを想定すべきと思います。
9:00までに通勤するのは、労働者の債務だからです。

どのように改定するかは、様々ですが、
最低限、遅延証明書を提出して、「かつ、会社がやむを得ないと認めた場合」としたり、
「ただし、日常的なダイヤの乱れ等は除外する」とするなどが考えられます。

投稿日:2014/07/08 18:26 ID:QA-0059506

相談者より

具体的な文例までいただきありがとうございます。
早速社内で検討いたします。

ご丁寧にありがとうございました!

投稿日:2014/07/08 19:25 ID:QA-0059510大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

注意・指導は可能。賞与の評価については取り決め(規程)による。

労働者には所定の始業時間に出社して役務を提供する義務があり、電車遅延等の不可抗力による遅刻についても、不就労分の賃金控除は本来可能です(ノーワークノーペイの原則)。遅延証明書がある場合に定時出社の扱いとするかは会社の裁量(規程)によることになります。

一般的には、遅延証明書がある場合には温情的に定時出社扱いとして遅刻控除をしない会社が多いようですが、遅延証明書を免罪符のように考え常習的に遅刻を繰り返す社員がいる場合には、他の社員への影響もありますので、対策を取られたほうがよろしいでしょう。

始業時間に間に合うよう余裕をもって出社することを注意・指導することは、契約上の義務の履行として当然に認められますので、まずは注意・指導(口頭だけでなく書面で行う)の上、繰り返しの注意・指導にもかかわらず反省・改善が見られない場合には就業規則に基づく懲戒処分を検討されると良いかと思います。

併せて、遅延証明書のある遅刻についても「同じ月に●回目以降は遅刻控除を行う」など、規程を変更することも検討されてはいかがでしょうか。

また、賞与の金額をどのように計算するかは会社の裁量(規程)によりますので、取り決めによって、遅延証明書のある遅刻についてもマイナス査定の対象とすることは可能です。

投稿日:2014/07/08 18:42 ID:QA-0059507

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御社地域の交通事情に関しまして詳細は存じ上げませんが、「毎日5分~10分の遅延は日常的に遅れるもの」という事であれば、当然ながら余裕を持って出社するべきといえるでしょう。

従いまして、いきなりのマイナス評価は避けるべきでしょうが、遅延を予測した出社を促す事は問題ないですし、労働契約を遵守する上で当人にもそうした行動を取る義務があるものといえます。他の社員の殆どが遅刻していないという事であれば、公平性の観点からも改善が見られない場合には人事評価上何らかの差を付けてしかるべきというのが私共の見解になります。

投稿日:2014/07/08 20:05 ID:QA-0059513

相談者より

ご回答ありがとうございます。

やはり段階を踏んで評価につなげることが大事という認識が持てました。

評価を下げることが目的ではなく、改善を求めて社内の秩序を保つことが大事という点を忘れずに仕組みを作っていきたいと考えております。

ありがとうございました。

投稿日:2014/07/09 09:08 ID:QA-0059522大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

人事考課

賞与算定に、ダイレクトに結びつけますともめる恐れがありますので、単に業務への服務規律ということで、人事考課で評価をしてはいかがでしょうか。ただし有能な営業職や企画職等、時間管理と成果が一致しないような有能な社員であれば、「休まず、遅れず、働かず」のようなぶらさがり社員とは分けて評価する手もあります。

投稿日:2014/07/08 23:29 ID:QA-0059520

相談者より

ご回答ありがとうございました。

ご指摘いただいた通り、仕事上でのパフォーマンスと勤怠に関する評価は区分けして考えるようにいたします。

ありがとうございました。

投稿日:2014/07/09 09:12 ID:QA-0059523大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
時間給従業員の遅延
いつもお世話になります。 時間給従業員が電車などの公共交通機関の遅れによる遅刻の場合、遅れた時間分の給与は支払うべきでしょうか?(遅延証明書はある場合です)
遅刻・早退の定義について
遅刻及び早退の定義に関して教えて下さい。 遅刻は始業時間から何時間までを遅刻と言いますか。 同じ様に早退は終業時間の何時間前までに退社したら早退と言いますか。
電車遅延の際のアルバイト時給支払いについて
いつも参考にさせて頂いております。 さて時給制の社員が電車遅延で遅刻した際、会社には遅れた分の時給を支払う義務はあるでしょうか? どのように運用している会社が多いでしょうか? 時給制社員が増えてきたため、確認したく思いました。 なお弊社では月給制社員の場合、遅延証明書があれば欠勤控除をしてお...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/21
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...