企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13819件   回答数29126

本人意向でフルタイム勤務しない者への有給付与義務について

 当社では、アルバイトについて週5日勤務を前提とした総勤務時間を設定し、就業規則上「総労働時間
の8割以上出勤した者」を対象に有給休暇を付与することとしております。
 この場合、本人意向で週4日以下しか出勤しないアルバイトに対して、総労働時間の8割未満の出勤で
あることを理由に有給休暇を付与しないことは労働基準法上差支えないでしょうか。
 なお、労働契約書上の勤務時間もフルタイム勤務を前提としたものとなっており、個別に勤務日数・
時間を短縮した契約はしておりません。

  • 投稿日:2019/02/12 13:22
  • ID:QA-0082332
この相談に回答する(会員登録)
『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/12 16:00
  • ID:QA-0082345

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

週4以下勤務が本人の意向ということであり、会社もその意向を認めるのであれば、週4以下勤務に契約書も変更すべきといえます。
雇用契約は双方合意の上成立するものであり、アルバイトさんについても、一方的に決めるもんではありませんので、会社が一方的に、週5日とするものではありません。

  • 投稿日:2019/02/12 19:18
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
今後見直しが必要であるとして、過去の期間分についてまで違法とみなされるのでしょうか?
本人には会社が週5日勤務が基本であり、出勤率判定もそれを基準に行っていることを説明のうえ労働契約書を締結しております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/12 20:27
  • ID:QA-0082356

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

過去につきましては、経緯等詳細によりますし、現時点で本人が納得しており、特にトラブルが
ないようであれば、

今後について軌道修正を検討いただければと思います。

  • 投稿日:2019/02/13 10:40
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/13 21:39
  • ID:QA-0082379

人事・経営コンサルタント

労働契約

労基法の基本に従った有給付与であれば、法律違反になりませんが、問題は雇用条件が変わったのかどうかです。単に「毎週1回休む」をこと認めたのか、「週4日勤務」としたのか、後者の場合は雇用契約そのものを改訂する必要があり、その新たな母数での「8割」異常の出勤で、週所定労働時間が30時間未満の労働者割合で付与するべきでしょう。
過去については揉めていないのであれば、「毎週1回休み8割未満出勤」で、この先早急に契約改訂がされるべきです。

  • 投稿日:2019/02/14 11:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
検討したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
日を跨いだ勤務について
いつもお世話になっております。 一般的に以下の場合、どのように扱っているのかご教授願います。 「日を跨いで勤務した場合」 出勤11時~翌日(2日目)10時まで継続勤務。(1回の勤務とする) 翌日(2日目)10時に退社した以後再出勤はしていない。 この場合、2日目は欠勤として取り扱って問題ないで...
有給休暇は6ヶ月働いたことによる?その後の勤務のため?
いつも勉強させていただいております。 有給休暇は、6ヶ月間勤務し、全労働日の8割以上出勤していれば初回10日付与されるかと思います。 この「10日」というのは、「6ヶ月間勤務したことに対する付与」なのか、「きたる1年に対する付与」なのか、どちらでしょうか。6ヶ月勤務して初めて10日与えられることを...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 三井不動産ビルマネジメント(株)
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...