企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13813件   回答数29125

傷病者等の再雇用

来年度に60歳定年を迎える者から再雇用の申請があがっています。
上長の評価では、能力が極端に劣り、かつ糖尿病等のため業務負担軽減を図る必要があるとの診断書が提出されているため必要な残業命令もできず、このため大幅に業務量を削減(一般社員の業務量の30~40%程度)
せざるを得なく、削減した分は同僚の負担になってしまっているのが現状です。
このような場合でも、再雇用をしなければならないのでしょうか。周りに与える影響も大きいので、再雇用を拒否したいのが本音です。再雇用を拒否する方法はありませんか。

就業規則の解雇基準には次のとおり定めています。
(3)業務能力が劣り、または勤務成績不良のとき。
(4)傷病により業務に服することが困難なとき。

  • SSOさん
  • 東京都
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2019/01/18 13:58
  • ID:QA-0081678

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/18 22:59
  • ID:QA-0081692

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、高年齢者雇用安定法については、制度としての再雇用確保の義務はございますが、個別の労働者に関して全ての希望者を再雇用する義務まではないものと解されています。

つまり、解雇や再雇用の基準に照らし合わせて雇用の継続が困難と考えられる場合には、そうした理由を明確に示された上で雇用を終了させることも可能になります。

当事案の場合も、文面を拝見する限りですと、傷病による健康上の問題等から再雇用をされない選択も可能ではと思われます。但し、詳細事情を確認の上で慎重に判断される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/02/04 16:57
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/19 12:36
  • ID:QA-0081703

代表者

再雇用を避けたいが・・・

▼ 65歳迄の再雇用自体は企業の法定義務ですが、必ずしも全ての労働者が再雇用される訳ではなく、大凡、以下の基準を基に、総合的に判断されているのが実情です。
・健康上支障がないこと
・働く意思・意欲があること
・出勤率・勤務態度
・職務内容への合意
・一定の業績評価
▼ ご説明だけに依れば、これ等の事由に基づき再雇用しないことは法違反とは言えないようですが、その判断に至るプロセスは、仮に、係争化し、第三者の視野に曝された場合でも、尚、合理性、説得性の観点から耐え得るものかどうかは、分かりません。
▼ ご承知の様に、高年齢者雇用機会は、今や、政・官・産、全ての共通課題であり、本問題は強いアゲンスト風に曝されています。産業医の意見、労働時間の短縮・賃金の引下げ等。本人健康及び経営負担の軽減策を検討し、本人が同意しない状況に至れば、再雇用しないこと可能になるかも知れません。

  • 投稿日:2019/02/04 16:57
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/19 13:51
  • ID:QA-0081709

人事・経営コンサルタント

再雇用

再雇用は絶対的に再雇用しなければならないことを義務付けるものではありません。就業規則に「継続雇用しない事由」を規定し、その内容をこれまでの問題行動などの記録と指導結果などが証拠として示すことが出来れば再雇用の必要はありません。あるいは業務能力に即した低額の給与提示など、複合的に交渉道具をそろえて本人に説得することで可能になるでしょう。

  • 投稿日:2019/02/04 16:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
労働者派遣法施行令第4条11号の業務について
初歩的なことで恥ずかしいのですが、教えてください。 弊社に業務内容として「第11号国内取引業務」としてスタッフが派遣されました。数日後、スタッフからお客様からの受電業務はできないとの連絡がありました。派遣会社の営業担当に確認したところ、電話を受ける業務も含まれるが本人がその業務が出来ないといっている...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
    「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用を始めとする、「業務改革」が不可欠である...
  • 人材派遣をめぐる「法律」と「対応」
    人材派遣は「禁止の例外」?労働者派遣法のあゆみと派遣労働者をめぐる環境

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....