企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「人件費」関連のコンテンツ

21件中 120件を表示

ニュース2020/07/03
コロナ禍が企業の報酬/福利厚生に与える影響のグローバル調査 第3回結果
グローバルな組織コンサルティングファームのコーン・フェリー(NYSE:KFY|コーン・フェリー・ジャパン 東京都千代田区 日本共同代表:滝波純一、五十嵐正樹)は、新型コロナウイルス(COVID-19)が企業の報酬・福利厚生に与える影響について世界各国...

ニュース2020/03/23
同一労働同一賃金企業の取り組みに関するアンケート調査結果
株式会社新経営サービス 人事戦略研究所では、弊社サイト「同一労働同一賃金.com」の利用者を対象に「同一労働同一賃金に関する企業の取り組み実態」について調査を行い、347社からの回答をとりまとめました。~法改正による人件費上昇は必至。先行き不安の中、...

ニュース2020/03/02
同一労働同一賃金に対する企業の対応状況調査
働き方改革の一環で、2020年4月から「パートタイム・有期雇用労働法」が施行され(中小企業は2021年4月から適用)、正規・非正規の雇用労働者間で、基本給や賞与、手当などあらゆる不合理な待遇差を禁止する「同一労働同一賃金」などの導入が控えている。同一...

用語集2018/03/12
人手不足倒産
「人手不足倒産」とはその名の通り、労働力不足が原因で倒産してしまうことをいいます。企業が人手不足に陥る主な原因として、新たな労働力の確保が困難な求人難や、コア人材の退職により、事業の継続が困難になること。新規採用やつなぎ止めのための給与アップなど、人...

ニュース2017/02/22
企業の43.9%で正社員不足、過去10年で最高。「大企業」、「個人消費関連業種」で深刻な人手不足~『人手不足に対する企業の動向調査(2017年1月)』:帝国データバンク
人口減少と産業構造の変化にともない働き手の奪い合いが生じているなか、アベノミクスの成長戦略を進めていくうえで人手不足が大きなネックとなっている。有効求人倍率の上昇や失業率の低下など労働市場が逼迫することは、求職者には明るい材料となる一方、企業にとって...

ニュース2016/10/18
『小売』の48.9%が給与体系を見直し。最低賃金改定、消費回復には不十分と認識~『最低賃金改定に関する企業の意識調査』:帝国データバンク
2016年10月1日から20日にかけて最低賃金が改定される。2016年度の最低賃金の改定は、政府の「ニッポン一億総活躍プラン」や「経済財政運営と改革の基本方針2016」(骨太の方針)、「日本再興戦略2016」などを踏まえ、最低賃金が時給で決まるように...

ニュース2016/09/26
社員別に部門別人件費(法定福利費含む)自動計上機能をリリース~REST API対応クラウドERP『ツバイソ』:ツバイソ
REST API対応クラウドERP「ツバイソ」を提供しているアカウンティグ・テクノロジーベンチャー、ツバイソ株式会社(本店:東京都渋谷区、代表取締役CEO:印具毅雄)は、社員毎に会計部門へ人件費を自動計上する機能をリリースしました。法定福利費を含む人...

用語集2016/06/10
テクノ失業
「テクノ失業」とは、コンピュータやインターネット、さらには急速な進化・普及が予測されるロボットやAI(人工知能)といった新たなテクノロジーの産業利用により、人間の知的・肉体労働がそれと置き換えられて引き起こされる失業のことをいいます。2015年12月...

記事・コラム2014/06/02
人材確保のために他社より高い採用時の賃金設定はどこまで有効か?
パート・アルバイトの人件費が「割高になった」要因の一つとして、人材確保のために他社より高い採用時の賃金設定をすることが挙げられています。これは企業にとって、果たして有益と言えるでしょうか。

用語集2014/04/14
2020年問題
企業における「2020年問題」とは、バブル期に大量採用したバブル世代社員や人口が相対的に多い団塊ジュニア世代社員の高齢化にともなうポスト不足、人件費負担増などの諸問題を指す言葉です。現在、多くの日本企業で人員構成上のボリュームゾーンを占めるのがバブル...

記事・コラム2012/03/26
株式会社高島屋
意欲あるかぎり働き続けられる職場へ
ベテランを戦力化する高島屋の「再雇用制度」とは
年金の支給開始年齢の引き上げに伴い、65歳までの雇用義務化を巡る議論が高まっています。ベテランの暗黙知や熟練の技能を“戦力”として活かすには、どうしたらいいのか――。いちはやく65歳までの再雇用制度を導入した高島屋では、社員が定年後も高いモチベーショ...

ニュース2011/09/20
サイブリッジ、人件費コントロール機能を追加実装した
シフト管理ASP「シフター」最新バージョンを公開
株式会社サイブリッジ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:水口翼、以下「サイブリッジ」)が運営するシフト管理ASPサービス「シフター」がこの度、人件費管理機能を強化し、従来より更に効率的にスタッフ管理ができるようにバージョンアップいたしました。■ ...

ニュース2011/03/30
アイデム 人と仕事研究所
中小企業の従業員構成に関するアンケート調査
~中小企業の約4割に人材不足感~本調査によると、昨今の厳しい経済状況の中にあっても、約4割の企業が人材不足を感じていた。その中でも特に、「30歳未満」の層に対する不足感が強い。社会では、内定率の低下や就職難等若年層や非正規社員の雇用問題が取り沙汰され...

記事・コラム2009/12/21
人事マネジメント「解体新書」第33回
今日的な「要員計画」の考え方と実践方法(後編)
~適正な「要員計画」の視点を持ち、一律のマネジメントから脱する
経営の多様化、グローバル化が進展する現在にあって、差別化要因としての「ヒト」の重要性が一段と重要になってきた。どのような観点から、「要員計画」をどう進めていけばいいのaだろうか。「前編」では、その前提となる「要員調査」について、解説していく。

記事・コラム2008/10/27
遠藤功さん
企業をのばす現場力―人事部が変われば現場も変わる
「現場力」は本来、日本企業ならではのストロングポイントでした。それがいま大きく揺らぎはじめているといいます。現場再生に向けて――遠藤さんにじっくりとお話をうかがいました。

記事・コラム2008/07/14
人事マネジメント「解体新書」 第17回
「人件費の変動費化」で、グローバル競争時代を乗り切る
「人件費の変動費化」で、グローバル競争時代を乗り切る

記事・コラム2006/05/15
門倉貴史さん
日本企業は「中国」よりも「インド」へ進出せよ
先進各国の間で、有望な投資先国として「BRICs」(=ブラジル・ロシア・インド・中国)への関心が高まっています。中でも、中国とインドは将来の2大大国と言われ、その急成長している巨大市場を目当てに多くの先進国企業が進出していますが、では、日本企業はどち...

記事・コラム2005/11/21
株式会社長谷工コーポレーション:バブル清算から「適材育成」で攻める人事
バブル崩壊を乗り越え、再建を果たした長谷工コーポレーション。同社の「人事企画」チームのチーフとして、制度の企画や運用に携わる藤村氏は、これからの人事部門には「経営の一翼を担っている」という意識を持つ必要があると言う。現在取り組んでいる、人件費ポートフ...

記事・コラム2005/06/06
斎藤貴男さん
「成果主義」と「経営責任」と「格差社会」
日本の規制緩和や雇用システムの変化を早い時期から取材している斎藤貴男さんは「成果主義は企業の中の限定された問題に見えるけれど、そうではない」と言います。成果主義の問題をもっと広い視野から、社会構造やグローバリゼーションの問題として見ることも大事で、そ...

記事・コラム2005/05/30
猪瀬直樹さん
「民営化」で広がる新しい雇用のビジョン
雑誌連載や数々の著書で郵政民営化が必要な理由を説いてきた作家・猪瀬直樹さんは「道路公団民営化と郵政民営化は日本の農業の再生と深いかかわりがあり、同時に、新しい雇用の創出にもつながっていく」と言います。

21件中 120件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会