企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヒトデブソクトウサン 人手不足倒産

「人手不足倒産」とはその名の通り、労働力不足が原因で倒産してしまうことをいいます。企業が人手不足に陥る主な原因として、新たな労働力の確保が困難な求人難や、コア人材の退職により、事業の継続が困難になること。新規採用やつなぎ止めのための給与アップなど、人件費のコストアップによる収益の悪化などがあげられます。
(2018/3/12掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人手不足倒産のケーススタディ

じわじわ迫りくる生産人口減少の影
AIやシニア世代の活用は、人手不足倒産の歯止めとなるか?

日本は超高齢化社会に突入していると言われます。しかし、あるときを境にがらりと生活が変わったわけでもなく、その影響を実感じている人は少ないかもしれません。しかし、生産人口が減少していることで、私たちの周りではその影響がじわじわと見え始めています。

例えばここ数年で、外食産業の人材不足が顕著になっています。大手牛丼チェーンでの一人で店舗を回す「ワンオペ体制」が問題になったように、働き手が足りないことによって、さまざまな弊害が現れています。アルバイト確保のために時給を上げる外食企業も珍しくありませんが、その結果、人件費を含めた管理費が高騰し、売上は上がっているのに減益になるケースも。人手不足から閉店を余儀なくされる店舗も後をたちません。薄利多売のビジネスモデルとして成り立ってきたファミリーレストランや牛丼チェーンは、人手が足りないことで、その仕組みを維持することが難しくなってきているのです。

リクルートジョブズが行っている、アルバイト・パート募集時平均時給調査によると、2018年1月度の平均時給は前年同月より27円増加の1,019円となりました。3年前の2015年1月度は平均時給が959円だったので、この3年間だけを切り取っても、時給の上昇をフックに、各社が人材獲得に必死になっていることがうかがえます。

これは小売りやサービス業のアルバイトに限った話ではありません。東京商工リサーチの調査によると、建設業でも人材不足による経営破綻が多くなっているといいます。良好な景況感を背景に、全体の倒産件数は低水準のまま推移していますが、「求人難」を理由にした人手不足倒産が、2017年は前年より2.2倍増加していることが分かりました。

今後も生産人口の急激な増加は見込めない状況の中、労働力不足の解決策として注目されているのが、AI(人工知能)とシニア世代、そして外国人労働者です。なかでもAIは、無人レジや清掃ロボットにみられる業務の効率化や自動化など、その進歩に期待が高まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

隠れ倒産
「隠れ倒産」とは、統計上の「倒産」にはカウントされないものの、限りなく倒産に近い企業の休・廃業や解散を意味する言葉です。主に資産が負債を上回る資産超過の状態で、経営の余力を残しているにもかかわらず、会社清算に追い込まれることを指します。法的整理や私的整理の倒産に該当せず、倒産件数の数字には含まれませ...
人手不足
近年多くの企業で問題となっている「人手不足」には、大きく二つの要因があると考えられています。一つ目が、景気回復によって、労働力の需要が増加したこと。そして二つ目が、少子高齢化の影響で労働人口が減少したことです。人手不足は特に建設、介護、保育、看護などの分野で著しく、政府も頭を悩ませています。
デジタル報酬
「デジタル報酬」とは、給与などが電子マネーで支払われることをいいます。近年キャッシュレス化が進む中で、従業員の交通費精算や、外部のフリーランスなどへの報酬の支払いを電子マネーで行う動きが広がっています。現在、従業員への給与の支払い方法は、労働基準法で「現金の直接払い」もしくは「銀行口座への振り込み」...

関連する記事

アルバイト・パートの「現状」
全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
2016/07/29掲載よくわかる講座
平均時給が上がる業種は? ~平成28年度地域別最低賃金改定の影響について~
平成28年度の地域別最低賃金の改定額の全国加重平均額は823円。平成14年以降で最大の25円の引上げとなりました。地域別最低賃金の引上げが、パート・アルバイトの募集賃金にもたらす影響は?調査結果から分析します。
2017/04/13掲載新卒・パート/アルバイト調査
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

アルバイトの時給設定について
アルバイトの時給設定について教えてください。 アルバイトを3つの時間帯に分けて 時給設定を検討しています。 ①8時半~17時30分  時給900円 ②17時30分から22時 時給1,000円 ③22時以降       時給1,100円 仮に②の時間帯の者が残業した場合 22時以降の賃金は...
時給の変更について
お世話になります。 いつも拝読し勉強させていただいております。 弊社のアルバイトの時給についてご相談いたします。 弊社アルバイト(テレフォンアポイター)の時給は電話での契約獲得数により毎月変動いたします。現在の時給表では契約台数0の場合の時給は\1100であり、極端に言えば電話をしているだけで時...
時給換算の仕方について
いつも参考にさせていただいております。相談があります。アルバイトの時給は、労働時間(休憩除く)を分刻みで時給を支払うのが普通なのでしょうか?現在は労働時間を分まで計算し、賃金が発生しています。また、30分で区切ってしまっても良いのでしょうか?たとえば、2時間40分の労働なら、2時間30分の時給を支払...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 人事管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...