企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12228件   回答数25330

製造業現場ラインにおける時間外労働削減の取り組み事例について

製造業の工場(交代制勤務)における時間外労働削減の取り組み事例、
とりわけノー残業デーの実施をされた企業事例を探しています。
(検討や実施したが不可だったものも含めて)

時間外労働削減に向けた取り組みには、
残業の事前申請、労働時間の管理、人事評価制度への連動、トップダウンでの取り組み、社内業務の改善や
ノー残業デーの設置などがあげられると思うのですが、やはり製造業の現場ラインではノー残業デーの
設置・実施は難しいのでしょうか。

ざっくりとした質問内容となり大変恐縮です。
製造業・工場勤務における時間外労働削減の事例がございましたら共有いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

  • aoaoさん
  • 大阪府
  • 医薬品
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/04/19 17:07
  • ID:QA-0070209

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/04/19 18:52
  • ID:QA-0070212

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

製造業においても、多数の企業が働き方改革を行っております。
以下、製造業の事例の一部です。
•経営陣及び管理部門主導の残業削減対策の確実な遂行と社内末端までの浸透・定着
•管理職の人事評価に部下の労働時間・年次有給休暇取得の状況を評価項目に入れる
•管理職層に対するマネジメント力向上等を目的とした実習型研修
•一般社員向けの意識改善に向けた研修
•成果を挙げつつ残業削減を始めとするワーク・ライフ・バランスを達成出来ている要因の分析とその優良事例の共有
•業務の組織的遂行体制の構築(ペア制など)
•労働時間制度の工夫又は翌日に処理を持ち越す
•社員意識調査の実施・分析
•「記念日休暇」、「誕生日休暇」等のメモリアル休暇の設定
•半日単位での年次有給休暇取得制度による年次有給休暇取得促進
•シフトを組む際のメモリアル休暇など計画的年休取得予定の反映を徹底する

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/20 20:54
  • ID:QA-0070227

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、厚生労働省におきまして「時間外労働削減の事例集 」も出されており、その中には製造業でのノー残業デーの実施も取り上げられています。まずは参考としてネット検索頂き御社状況に合うものであるか内容確認されてもよいでしょう。

尚、いかなる業種・職種であっても、固定観念を外して検討すれば労働時間短縮が不可能という事はありえないはずです。その際目の付け所としましては、やはり長時間労働になっている主な要因を浮かび上がらせることです。そうした要因は事業所によって様々ですので、他社事例とは一致しないケースも多いでしょう。それ故、御社における具体的な阻害要因を調査・特定し、可能な限りピンポイントで対策を打つといった手法を取られる事が成功の鍵になるものといえます。

  • 投稿日:2017/04/21 08:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

皆さまご回答ありがとうございます。

大まかな事例共有はたくさん出てくるのですが
とりわけ工場ライン・交代制勤務でのノー残業デーの取り組みの工夫や課題点などを引き続き調査したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/22 13:59
  • ID:QA-0070253

人事・経営コンサルタント

他社事例の扱い

個別事例を、一般例の解説が限界の掲示板で掲載することは難しく、ネット検索でも製造現場・ライン事例はいくつか見つかるようです。事例研究では、ドンピシャの例はまずないこと、仮に限りなく同環境の例があったとしても公開事例は公開という制限があり、実際の方針策定が何より重要です。その見えない部分こそが現実の工夫であって各社のノウハウになるでしょう。

一般論ですが、勤務時間の公表(個人名ではなく)と責任者評価を連動させる、操業時間管理など実施例はあります。

  • 投稿日:2017/04/24 09:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
大変参考になりました。
勉強不足の中での雑な質問となり申し訳ありませんでした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
「注目のセミナー特集」新たな人事ソリューション導入をご検討の企業様向けに厳選セミナーをご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

【採用】インディードオンラインセミナー 学生が選ぶインターンシップアワード
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:12/01~12/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>従業員サーベイの実態調査

注目コンテンツ


「注目のセミナー特集」
課題解決のノウハウが満載!

新たな人事ソリューション導入をご検討の企業様向けに厳選セミナーをご紹介。



注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用の進化を担う リクルートのRPO<br />
経営戦略に貢献する採用活動を実現

採用の進化を担う リクルートのRPO
経営戦略に貢献する採用活動を実現

リクルートキャリアでは、2011年から新しい価値――「採用の最適化」を...


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...