人事のQ&A<解決済み>

相談数11383件   回答数23590

残業申請・残業代について

社員ならびに派遣スタッフに、残業の事前申請を周知していますが、
業務が多忙で毎日申請はできないと言われました。

弊社では勤怠システムを導入し、当日残業時間を申請し、承認されたら申請した残業時間が反映されます。
残業申請をしない場合は、システム上、残業時間とみなさず、反映されません。

月次の勤怠表の退社時刻は打刻をした時間が表示されます。
例)
2Hの残業申請あり 08:00-20:00 残業 02:00
  残業申請なし 08:00-20:00 残業 00:00

申請した時間だけ残業代を支払っても問題はないでしょうか。
労基署等に相談された場合、たサービス残業と判断されるのでしょうか。
派遣スタッフにも同様に申請をするようにしていますが、問題はございませんか。

今後の運用するにあたり懸念事項・改善個所がございましたらご教示いただけると幸いです。

  • ビギナーさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/03/15 16:33
  • ID:QA-0069707

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/03/16 09:48
  • ID:QA-0069719

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、事前申請をせず残業された場合まで直ちに支払義務があるとはいえません。

但し、そのまま放置されますと結局黙認と同じ事になりますので、現場の管理者に無許可残業者を発見次第即帰宅させるよう指示する事が必要です。それでも帰宅しないようであればもはや業務を遂行しているとはいえませんので、残業代支払対象と扱わないのは勿論、会社の指示に従わないものとしまして懲戒対象になりえるものといえます。
そうした現場管理がきちんと出来ないようであれば、残業代支払のリスクが発生することになりますので注意が必要です。

また、派遣スタッフについて残業代支払義務があるのは派遣元になりますので、まずは派遣元に事情を説明し派遣元から事前申請ルールを徹底するよう依頼されるべきといえます。

  • 投稿日:2017/03/16 13:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。黙認と判断されないように、 今一度事前申請の意味を理解いただき実施いただくように周知いたします。  
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/03/16 18:26
  • ID:QA-0069741

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず社員、派遣スタッフに対する教育・指導が必要です。
労働契約にもとづいて、労働に対して、賃金を支払うわけですから、
残業は、従業員が勝手にするものではありません。会社の指示、あるいは承認に基づきするものです。

会社としても労働時間把握義務がありますので、申請できない程、多忙なのか、現場を確認する必要があります。

黙認はサービス残業となってしまいますので、業務命令違反の懲戒処分も視野にいれ、何度も指導。注意することです。

残業管理は、今、労務管理の一丁目一番地です。

  • 投稿日:2017/03/17 09:18
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。黙認は避け、今一度業務内容を確認してほんとうに激務なら会社として業務をみなおし改善をしいき、社員には理解をしていただくよう教育と指導を実施していきます。 残業管理は1丁目一番の最優先課題として取り組んでいきます。有難うございした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/03/16 22:57
  • ID:QA-0069745

人事・経営コンサルタント

システム

残業は勝手に行うものではなく、管理者上長の指示で行うものですから、運用上は問題ありません。ただし現状で勝手な残業を放置すれば、すなわちサービス残業を黙認するのと同じこととされる可能性があります。ですので、そもそも「申請する時間が無い」ほどの激務が本当だとすれば、業務自体に重大な問題があります。また意識も改善の必要があるでしょう。
ゆえに残業方針について、常に上長から注意をし、人事としても定期的に注意をするなど、野放しにしないことが重要です。

派遣スタッフは貴社社員ではありませんので、これを勝手に残業させるのは重大な問題です。いわば有償の設備を勝手に従業員が使用しているのと同じで、派遣社員の残業は現場の指示命令者が名目上だけでなく、しっかり管理しなければ派遣人件費は通常一般社員よりずっと高いはずですので、ムダな経費をたれ流すことになります。派遣を使用する際は、こうしたコスト意識を持たせることが重要でしょう。

  • 投稿日:2017/03/17 09:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。 激務ならば業務改善をし、黙認野放しにせず根気よく理解いただくように指導していきます。 派遣スタッフについても同様に指導し、上長にはコスト意識をもってコントロールしていただくように指導いたします。  アドバイスをいただきまして有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
残業代について
残業代についてお伺い致します。弊社では、残業は事前申請するようにしていますが、申請書の提出がないと言って、無視も出来ませんので、給与締めの前に残業の確認を行っています。最近では、5分でも残業代を払わないといけないように聞きますが、そうすると5分のものに事前申請はない訳です。ちょっと帰り支度のために、...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
ダイバーシティ&インクルージョン特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
日本証券業協会「無料講師派遣事業」ご案内
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。



ダイバーシティ&インクルージョン特集

本特集では『日本の人事部』が注目している「シニア・ミドル」、「女性」の活躍推進に取り組む企業様にもおすすめなプログラムを中心にご紹介。ぜひ貴社のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進にご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。