企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14583件   回答数30983

前職を解雇された人間を、雇用する際の注意点を教えてください。

お世話になります。
ご相談のほど、よろしくお願いいたします。

先日、起業し歩き始めたばかりの会社です。

会社を起業した後に、私が前職で勤務していた会社から数名入社いたしました。
この入社した数名は、前勤務会社にはそれぞれ退職の理由はあったのですが、いずれの人間も私の会社に入社する旨は伝えておりませんでした。
私としては気にはなったのですが、前勤務会社を退職した後に雇用したため、特に問題はないと思い前勤務会社に雇用の連絡をすることはありませんでした。

結局、前勤務会社から数名の人間が期間を開けずに私の会社に入社しているのではないかとの確認が入ったため、事実として認め、連絡の不手際の謝罪は行いました。
この謝罪のやり取りの中で、私の会社で「有給消化中にすでにそちらで働いていなかったか」との確認がありましたが、正式退職後にしか勤務実態はないので問題はないかと思っておりましたが、社員に別途アルバイト実績がないか調査したところ、雇用したうちの1名が前勤務会社の有給消化中に別の会社でアルバイトをしていたという事実が発覚しました。
(前勤務先では就業規則に副業禁止の項目がありました)

そのため、前勤務会社がここぞとばかりにそのような人間を雇用したのであれば、即時解雇をしろ、同時に本人と前勤務先で就業規則違反については話し合いを行うということになりました。
まだ、話し合いが続けており、就業規則違反に関しての処分等は出ておりませんが、もし遡って懲戒解雇等になった場合、私の会社としてはどのような対応を取ればよいのでしょうか?
(解雇をする必要があるのでしょうか?)

道徳的には、雇用すべきではないと思うのですが、雇用してはならないという法的な根拠等はあるのでしょうか?

甘いとは思うのですが、私としては、折角覚悟を決めて新しい会社に入社してくれたということもあるので、雇用を続け再教育を私の会社でやりたいと思っております。

乱文、乱筆で大変恐縮でございますがどうぞ、ご教示のほどよろしくお願いいたします。

  • でえかさん
  • 神奈川県
  • 広告・デザイン・イベント
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2015/11/19 10:48
  • ID:QA-0064207

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2015/11/20 11:20
  • ID:QA-0064215

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面を拝見する限り前会社での問題の為に御社で何らかの措置や処分を行う必要はございません。

有休中に働いていたと申しましても、別の会社でアルバイトをしていたというだけですし、前会社で規則違反があったとしても御社における措置まで指示される筋合いは全くございませんので、対応は不要です。

但し、御社での業務において前会社に具体的な不利益(故意に顧客を引き抜く等)が発生すれば損害賠償請求される可能性も生じますので、そのような迷惑を及ぼさないよう業務従事に当たっては注意が必要です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/11/20 17:53
  • ID:QA-0064228

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

原則として、前勤務先の話は、関係ない話であり、解雇を指示される筋合いはありません。

ただし、気になるのは、「社員に別途アルバイト実績がないか調査」「そのため、前勤務会社がここぞとばかりにそのような人間を雇用したのであれば」の件について、詳細わかりませんが、本人の承諾を得ずに調査したり、その結果を前勤務先に伝えたのであれば、個人情報保護法に抵触する可能性もあります。

「有給消化中にすでにそちらで働いていなかったか」と聞きて来た時点で、前勤務先も感情的になっていることが予測され、退職方法等にしこりがある、どちらかに問題がある等が考えられます。
どういうことですか?と様子を探った上で、前勤務先には必要最小限の回答にとどめておき、本人にも聞いてみることも必要と思われます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
退職願の会社様式について
現在勤務する会社には会社様式の退職届があり、そこに転職先(会社名・住所)を明記するようになっています。同業他社に行く場合なども考えられるので会社として知りたいのはわかりますが、会社の書式に転職先を明記するよう義務づけることは問題ないのでしょうか?
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
    人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。

あわせて読みたいキーワード

サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。



健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...