企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15102件   回答数32484

月給とは

弊社は、月給制です。
給与規程には、基準給与として、基本給、補正手当、管理職手当、作業職責手当、家族手当、住宅手当が規定されており、全て、月額固定です。それと、基準外給与として、割増賃金(時間外賃金、深夜作業手当)、宿日直手当、特別勤務手当、通勤手当、休業手当、交替勤務手当、その他手当、厚生手当があります。このうち、特別勤務手当は危険物の有資格者に支給し、厚生手当は従業員全員に同額支給し、通勤手当は、家からの勤務距離に応じて支給し月額固定です。
時間外賃金を計算する際に使う時給は、日割り計算から行いますが、日割り計算を行う場合の計算式が、月給÷1ヶ月の勤務日数となっています。
月給には、何が含まれるのでしょうか?
基準給与なのか、基準給与+月額固定の手当類なのか、その他の手当も含むのかをお教えください。宜しくお願いします。

  • mikさん
  • 福島県
  • 化学
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2015/04/28 11:45
  • ID:QA-0062336

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/04/28 16:16
  • ID:QA-0062340

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

時間外手当の算定基礎から除外できる手当は、
家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、臨時・一時的に支払われる手当、
住宅手当のみです。
よって、割増賃金、通勤手当以外は全て時間外の算定基礎に含みます。

  • 投稿日:2015/05/20 16:41
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

回答頂き、ありがとうございました。
ただ、私の理解が浅いため、月給というものと算定基礎との関係、また、その算定基礎から除外される諸手当と割増賃金、通勤手当の関係が良く理解できませんでした。
申し訳ありません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/04/28 20:12
  • ID:QA-0062346

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、時間外賃金の計算の際、除外される手当についてはまず割増賃金(時間外・休日・深夜)が挙げられます。これは二重の割増加算を避ける上でも当然の措置になります。

そして、これ以外の毎月支払われる諸手当に関しましては原則として全て計算対象となる月給に含める事になります。但し、例外としまして、家族手当・通勤手当・別居手当・子女教育手当・住宅手当の5つの手当は計算に含めなくともよいとされています。またこれらと同じまたは類似の名称がつく手当であっても、各社員に一律に同額支給されているような場合には事実上基本給と同様とされますので含める事が必要です。

従いまして、文面上の毎月支払われる手当につきましては通勤手当が除外される事になります。

  • 投稿日:2015/05/20 16:47
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答頂き、ありがとうございました。
月給というものは、毎月決まった額を支給されているものと理解していいでしょうか?
弊社の交替手当は、日勤、遊金、夜勤で1回当たりの単価が違うため、月によって支給される金額が変動いたします。そのため、除外してもいいと考えていいでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/05/01 08:03
  • ID:QA-0062368

社会保険労務士法人SRグループ 代表

時間外賃金を計算する際の基準給与

結論から申し上げますと、基準給与+次の手当を除いた月額固定手当を月給に含めて下さい(労働基準法施行規則第21条)。


①家族手当
②通勤手当
③別居手当
④子女教育手当
⑤住宅手当
⑥時間外賃金


基本的にこれらの手当以外は、全て残業単価として計算に入れる必要があります。しかし、①~⑤の手当は、名目で判断するのではなく、実質で判断する必要があります。なぜなら、労働の対価というよりも、福利厚生的に支払われているから、残業手当の基礎となる賃金に入れなくても良いということです。例えば、通勤距離や家族の人数にかかわらず、一律社員全員に同額が払われているのであれば、基礎となる賃金に入れなければいけません。

  • 投稿日:2015/05/20 16:59
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答頂き、ありがとうございました。
どうも弊社は、昔から、時間外手当の計算に家族手当、住宅手当なども含めていたようです。これを含めて計算した場合、何か問題があるのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
資格手当は基準外手当?
現在、弊社では、公的資格手当の導入を検討しておりますが、導入した場合、資格手当は基準内手当として扱うべきか、基準外手当とすべきなのか、よくわかりません。もしご存じの方がおりましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
深夜手当を別の手当で支払う場合について
弊社では、夜間(20:00~27:00ぐらい)に運転する運転手に、運転手当を支払っています。しかし、その手当を支給する代わりに、深夜手当を支払っていなかったので、今回給料改定を行うにあたり、改善しようか、考えています。 運転手当は、深夜手当で計算するよりかなり多くなるため、従業員の方からは不満はあ...
時間外手当の基礎額について
いつもお世話になります。 時間外手当の基礎算出額についての質問です。 弊社では、リーダーという役職者に対し、リーダー手当を支給しております。 原則として、この手当は時間外の基礎算出額に含まれるべきだと思うのですが、社内で確認した結果、この手当は役職手当ではなく、職務手当であり、みなし時間外労働手当...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?

あわせて読みたいキーワード

ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...