無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】カイシャホウカイセイ 会社法改正

2012年9月、企業運営の基本的なルールを定める会社法の改正に向けた「会社法制の見直しに関する要綱」が法務大臣の諮問機関である法制審議会において採択されました。05年の会社法成立以降初めての本格改正で、その内容は、一般株主の保護を目的とした企業経営に対する規制強化の色合いが濃く、社外取締役・社外監査役に関する規律強化や監査・監督委員会設置会社制度の創設などコーポレートガバナンス向上のための改正事項が柱になっています。要綱は法相への答申を経て法案化され、13年の通常国会に提出される見通しです。
(2013/2/25掲載)

会社法改正のケーススタディ

企業統治強化へ「社外取締役」が焦点
設置義務化は見送りも普及へ半歩前進

法制審議会による「会社法改正」の議論は、千葉景子法務大臣(当時)から企業統治のあり方などを見直す会社法改正の要綱を示すようにとの諮問を受けて、2010年4月に始まりました。中間試案が煮詰まりつつあった翌11年秋以降、オリンパスや大王製紙の不祥事をきっかけに日本の企業統治への信頼が大きく揺らいだことから、社会的にもそうした反省を踏まえた厳しい規制強化を求める世論が醸成されていきました。

その目玉が「上場企業に社外取締役の設置を義務づけるかどうか」という論点でした。日本では現状、委員会設置会社制度を導入しなければ、社外取締役の選任は義務づけられません。社内から登用された役員ばかりでは、自分をひきあげてくれた経営トップに異を唱えにくい面があるため、会社とかかわりのない社外の取締役を役員会に加えて経営監視機能を高め、株主らの利益を保護しようというのが設置義務化のねらいでした。

しかし、一律のルール化は、規模や業種、業態に応じた各企業の適正なガバナンス体制の追求を制約することにもなりかねません。法制審の部会でも、経済界は「人材難のうえ、コスト増にもつながる」として猛烈に反発。最終的にまとまった改正要綱案では、会社法そのものによる社外取締役の設置義務化は見送られました。そのかわり、事実上の“準”義務化ともいえる、以下の措置が講じられることになっています。

(1) 有価証券報告書を提出する会社で社外取締役を置かない場合は、株主総会に提出する事業報告で「社外取締役を置くことが相当でない理由」(「置かない理由」ではないことに留意)を開示しなければならないものとする

(2) 法制審会社法制部会の附帯決議で、証券取引所に対し「上場会社は社外取締役を1人以上確保するよう努める」という規則を設けるよう要請する

また要綱案では、社外取締役・社外監査役の独立性を担保する目的で、その要件が次のように厳格化されました。こちらは中小企業への影響も少なくないと考えられます。

(1) 親会社や兄弟会社の取締役・監査役・従業員等は子会社の社外取締役・社外監査役を兼務できない

(2) 親会社の取締役や監査役、重要な使用人の2親等以内の親族は子会社の社外取締役・社外監査役に就任できない

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「会社法改正」に関する記事

「会社法改正」に関する書式・テンプレート