企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

社長の社会保険について

いつも参考にさせていただいております。ありがとうございます。

社長の社会保険について教えてください。

比較的新しい小さな会社の労務担当になった者なのですが、従業員は厚生年金、健康保険(協会けんぽ)に加入しているものの、社長のみ国民年金、国民健康保険に加入しています。

社長も厚生年金、健康保険に加入しなければならないことを説明し、その手続きを進めようと思っているのですが、単純に年金事務所に「被保険者資格取得届」を提出するだけでよいのでしょうか?
※「被保険者資格取得届」の提出にあたって理由書などが求められるのでしょうか?
※あと、社長自身で国民健康保険の脱退手続きも必要?国民年金は脱退手続きなしでOK?

また、会社が法人化してから現在までに支払うべきであった厚生年金・健康保険の保険料と国民年金・国民健康保険の保険料との差額を支払うという手続きもあるのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/10/26 19:33 ID:QA-0097813

kp277さん
兵庫県/商社(専門)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、法令上加入すべき時点に遡って手続をされる必要が生じます。その場合遅延に関する理由書の提出等を求められる場合もございますし、時効にかからない過去2年分の保険料については請求される可能性がございます。

また、国民健康保険については居住する自治体の保険担当窓口で脱退手続きが必要ですが、一方で年金についてはどちらも国の管轄する制度ですので国民年金の脱退手続きは不要になります。

いずれにしましてもかなり複雑な手続きが必要ですので、事前に所轄の年金事務所にご確認されてから措置を採られる必要がございます。

投稿日:2020/10/27 09:37 ID:QA-0097828

相談者より

とても参考になりました。
わかりやすい説明をいただきありがとうございます。

投稿日:2020/10/27 10:51 ID:QA-0097832大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

強制加入

現在株式会社であれば社保は強制加入ですので違法状態となります。まずは年金事務所に相談し、度追う対応すべきか指示を受けて下さい。未納分はさかのぼっての徴収になると思いますので、いずれにしても所轄年金事務所の指示に正確に対応することが必要です。

投稿日:2020/10/27 11:50 ID:QA-0097839

相談者より

お忙しいところ、ご回答いただきありがとうございます。

投稿日:2020/10/27 21:49 ID:QA-0097857あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社会保険の加入について
正社員であっても、週の労働時間が20時間未満の場合ですが、正社員だから健康保険と厚生年金は加入となり、雇用保険は加入しないという理解は合っていますか?
一か月だけの契約社員の入社手続きについて
8月だけ一か月、契約する契約社員の方がいます。(65歳) この場合 ・雇用保険 ・健康保険 ・厚生年金 はどういった形にすればよいでしょうか? 延長はありません。 よろしくお願いいたします。
パートタイムの社会保険・雇用保険の加入資格
パートタイムの社会保険加入資格は一般社員の4分の3以上、雇用保険は週20時間以上ですが、それを下回る場合、加入できるのでしょうか?加入できないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • いよいよ10月から施行!企業担当者が押さえておくべき 「年金一元化」の改正ポイント
    今まで共済年金と厚生年金に分かれていた公務員と会社員の年金は、平成27年10月1日、厚生年金に一元化(統合)されます。一元化による改正の影響は、制度が変わる公務員だけでなく、会社員にも及びます。今回は、会社の人事労務担当者にかかわりがあると思われる、いくつかの改正点をピックアップしました。
  • 岩瀬達哉さん これから「厚生年金」はどうなるのか
    現在43歳以下の男性サラリーマンは65歳からでないと年金を満額受け取れません。厚生年金はどうしてこんなことになったのか。ヨーロッパのような手厚い年金制度を、なぜ日本はつくることができないのでしょうか。複雑で全体像が見えにくい日本の年金について、ジャーナリストの岩瀬達哉さんがその本質を突きます。
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
あわせて読みたいキーワード
厚生年金
厚生年金とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。民間で働く方は、おおむね加入していると考えてよいでしょう。厚生年金の加入手続きは企業が行い、保険料は企業と社員とが折半して支払います。厚生年金において保険料を支払っていれば、一部が国民年金に回されるので、厚生年金と国民年金の保険料を同時に支払う...
国民年金
「国民年金」とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。「日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方」は、全員が国民年金に加入する義務があります。俗にいう「第1号被保険者」の場合は保険料を自分で全額を直接収める必要がありますが、厚生年金に加入している場合は、保険料の一部が国民年金にまわされるた...
年金一元化
職業別に分かれている公的年金制度を一本化し、保険料、給付水準の仕組みを同じくすることです。厚生年金と共済年金の統合を目指すのか、国民年金を含めたすべての公的年金の一本化を実現させるのか、さまざまな議論があります。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

POSITIVEの導入事例はこちら
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/29
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...