企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14592件   回答数31009

パートの正職登用試験の時間について

いつもご質問させていただいており、ありがとうございます

パート職員の正職登用試験の時間について質問させていただきます

パート職員で、一定の要件を満たしたものについて、希望者等に正職への登用試験を行うにあたり、試験日は毎年○月の第○週の○曜日と指定しています
(面接者が複数名いるため、日程調整の都合上)

パートによっては、指定した○曜日が勤務日のもの、所定休日のものもいますが、なるべく職場内で日程の調整をつけてもらい(勤務中に抜けられるように、該当日が休みの場合は試験を受けない他の人と勤務日の交代をしてもらう等)、試験を行う予定ではいますが、問題になると思われるのが、

「試験日が所定休日のままのパート」、になると思われます

登用試験を受けた時間についての給与・交通費等は払わない方向なのですが、問題あるでしょうか・・?
(あくまでも試験を受けたい希望者が受けるもので、こちらがお願いしている訳ではないため)
これが業務の一環と見なされるのか、見解を伺いたいです

問題がある場合、どのあたりに問題があるのかご指導いただけると助かります
宜しくお願い致します

  • まめすけさん
  • 埼玉県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2019/02/13 10:11
  • ID:QA-0082363

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/13 10:50
  • ID:QA-0082365

代表者

登用試験時間の取扱い

▼ 正職登用制度が社則であり限り、「こちらがお願いしている訳ではない」と突っぱねたスタンスは戴けませんね。
▼ 他方、登用試験自体は、労働時間であるとすることの是非も、グレーゾーンの問題ですね。
▼ 結論としては、所定労働時間終了後の時間帯を活用されては如何がですか? 給与は不要ですが、交通費等の実費支弁は妥当な措置だと思います。

  • 投稿日:2019/04/22 09:49
  • 相談者の評価:参考になった

参考にさせていただきました
ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/13 15:58
  • ID:QA-0082369

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

正社員登用試験が任意であるということですので、試験を受けないことによる不利益がなければ、労働時間ではないということで、法律上の問題はないと思われます。

ただし、パートさんによって、勤務日と休日ということで不公平感が生じるといった労務管理上の問題があります。

具体的な人数、試験時間によりますが、一定要件を充たしているわけですから、ここは一律な対応を考えるべきといえます。

ほぼ勤務時間内に試験するということであれば、休日の方は、交通費等支給してあげる。
あるいは全員時間外に行い無給とする。別の日に試験をするなどが考えられます。

いずれにしましても、ルール化してあらかじめパートさんに周知すべきと思います。

  • 投稿日:2019/04/22 09:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考にさせていただきました
ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/13 20:42
  • ID:QA-0082376

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、あくまで希望者に限られる試験である事からも給与の支払は不要といえるでしょう。

一方、交通費につきましても会社負担の義務まではございませんが、勤務そのものではなくとも今後の勤務態様に関係する試験ですので、実費支給されるのが妥当と考えられます。

  • 投稿日:2019/04/22 09:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考にさせていただきました
ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/13 22:06
  • ID:QA-0082384

人事・経営コンサルタント

業務性

あくまで自由意思ということで、業務性を否定することに一定の理はあるでしょう。しかしある者は勤務日であるので試験を受けても有給、そうでない者は無給というのはやはり現実的に納得感が乏しく、無用なモラールダウンを招く方が、給与支給のマイナスより大きいのではないでしょうか。
人事政策として判断すべき問題で、モラール(士気高揚)は大きな経営課題といえます。

  • 投稿日:2019/04/22 09:48
  • 相談者の評価:参考になった

参考にさせていただきました
ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
管理職(GM・MG)の昇格試験に関して
はじめまして。 表題の件で、2点ご教授頂ければ幸いです。 弊社では、現在管理職へキャリアアップする際に、特に昇格試験などはありません。 今後のことも考え、キャリアアップの際には昇格試験を新たに設けようと動いているのですが よく聞く「昇格試験」とは、どのようなものなのか参考までにお教え頂きたい次第...
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
社内資格試験
弊社では本年より社内資格制度を導入したことにより、年1回資格試験を実施することとなりました。ついては、従来の試験内容の見直しを行いたいと考え、他社で実施している試験の内容について、事例をご教示いただければ幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 転職して1年でまた転職 筆記試験は受けたくない
    転職して1年程度でまた転職準備…というのは、やはりインターバルが短いといわざるをえない。短期間での再転職には何かとハンディが多いものだ。しかし、それでも大きな問題があったからこそ再び転職を考えているのだともいえる。そんな問題のある会社を紹介した人材紹介会社など二度と利用したくないのが普通だと思うが、...
  • パ-ト・アルバイトの正社員登用(転換)で企業を強くする
    パ-ト・アルバイトの働きぶりを適正に評価し、正社員との処遇バランスを考えたときに、優秀なパート・アルバイトは正社員登用(転換)に行きあたる。正社員登用(転換)制度は定着したのか? 平成23年版『パートタイマ-白書』から、正社員登用(転換)のメリットと課題が見えてきた。
  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!

あわせて読みたいキーワード

改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
ビジネス能力検定
全国約3000校の専修学校を会員とする財団法人専修学校教育振興会が1995年から実施している文部科学省認定の検定試験です。同省認定以前からの累計で、これまでに約55万人が出願し、32万人余が合格しています。
質問会議
「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 働くパパママ育休取得応援奨励金
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...