企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14911件   回答数31975

嘱託再雇用者の賞与について

 定年(60才)後の再雇用社員を当社はエキスパート社員と呼称しております。エキスパート社員(元課長級)の処遇は基本給が現役時の50%程度で賞与は14万円/半期程度です。
今回賞与が組合平均の1/4程度であり少しでもモチベーションをあげるために賞与のUPをすることになりました。但し条件があり、現役同様に目標管理制度を運用し、人事考課も同制度に基づき評価されることになりました。
 このため定年者各人の現役時の職能等級を再流用することになりました。形としてエキスパート社員には元部長級、元課長級、元係長級、元一般社員に分類されることになります。
 正社員以外に果たして公平な人事考課ができるのか。当社はS・A・B・C・Dの5段評価ですが、SとDはエキスパート社員には敢えて評価することはなさそうです。元課長級の賞与はB査定の場合、14万円⇒60万円/半期に増額しそうです。
なお短時間勤務のエキスパート社員には目標管理を行わず、賞与の上昇はありません。
 3月で締切になり、本制度の評価が始まりますが、現時点で特に注意する点がございましたら2~3点ご指摘をお願いいたします。
またこの案を成功に結び付けるために不可欠なことがありましたらご指導をお願いいたします。
 

  • あーさん
  • 愛知県
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2019/01/25 16:41
  • ID:QA-0081915

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/01/25 20:38
  • ID:QA-0081919

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、現行の賞与制度よりもエキスパート社員にとりましては有利になりますので、法的に直ちに問題になる事は通常ないものといえます。

その上で、注意されるべき事柄とすれば下記の点が挙げられるでしょう。

・目標内容をエキスパート社員の現行業務に応じたものとすること
・評価基準についても明確にされると共に、現行業務に合わないものがあれば省くこと
・中位のB査定でも大幅な賞与増額になることから、評価を辛目にする傾向が高まる可能性があるが、折角導入された制度であればこそ会社への信用を損なわない為にも客観的かつ適正な評価が求められること

  • 投稿日:2019/01/29 13:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

やはり評価基準が肝心だと思います。正社員の制度も今一歩でありますが、理屈のみとならないように考えてみます。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/01/27 11:36
  • ID:QA-0081925

代表者

エキスパート社員は貴重な戦力、もう一歩踏込んでは・・

▼ 再雇用社員の内、役職者であったエキスパート社員にも、現役時 MBO を適用、賞与面でのインセンティブを高く維持しようとする制度には好感がも持てますね。
▼ 60才は、現役バリバリに年令層、これからは、女性戦力と共に、この層の活用が、企業の基礎的戦力を左右します。出来れば、基本給レベルも、再雇用前の7割程度に引上げ、戦力化程度を反映した仕組みまで踏み込んでみたいものですね

  • 投稿日:2019/01/29 13:59
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございます。働きがいのある制度にしたいものです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/01/29 11:35
  • ID:QA-0081969

人事・経営コンサルタント

評価

中高年活用は社会のニーズにも会いますし、経験と能力は明らかに年齢に勝る貢献が期待できますので、こうした先進的取り組みは非常に意義があると思います。
一方再雇用に限らずインセンティブが本来のインセンティブとして機能するには「評価」が最も重要です。
「総合的に判断」のようなあいまいなものは避け、目標数値(必ずしも売上だけではありません)と達成状況のような客観的なものとすることは何より重要です。

  • 投稿日:2019/01/29 14:02
  • 相談者の評価:参考になった

決して先進的考えではありませんが、定年延長も時間の問題のような気がします。いずれにせよ仕事があるうちに人事制度も前進させたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
垂直的評価
「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...