企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15184件   回答数32716

正社員の同一企業内パート勤務? 

いつもお世話になっております。

現在、弊社にて正社員として勤務しているものが就業時間前に配送センターでの勤務を
パート社員として雇用することは可能なのでしょうか?

弊社正社員規程労働時間 8:30~17:30
配送センターは24H稼働です。
例えば、6:00~8:00迄配送センター(パート社員契約)
8:30~17:30迄オフィス勤務(正社員として勤務)

  • mtveilさん
  • 大阪府
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/09/25 14:52
  • ID:QA-0079286
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/25 17:20
  • ID:QA-0079292

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

配送センターと仕事内容が異なるようであれば、
本人との合意があれば、
8hを超えたところからは、時間外勤務ということになりますが、可能ではあります。

  • 投稿日:2018/09/26 13:21
  • 相談者の評価:参考になった

超過勤務ではなく、パート社員として雇用契約を交わすとの方向なのです。正社員とパート社員の併用なんて聞いたことが無いもので。ご回答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/26 11:54
  • ID:QA-0079307

代表者

二つの独立した雇用契約の同一企業・同一労働者間での締結

▼ 二つの独立した雇用契約が、同一企業・同労働者間で締結されることに対する法の言及は見当りません。実務的にも、社会・労働保険面の手続きも然ること乍ら、極めて非実態的だと思います。法的にも想定外の事案でしょう。
▼ そんな難しい形態を採らなくても、現正社員に、早朝時間帯における迄配送センターを命令する方式で解決可能ではありませんが?
▼ 尤も、時間外労働として法的に対応できる労使協定面の整備、過重労働とならない健康管理上の配慮は欠かせんが、冒頭のタブル雇用の仕組みに比べれば配慮すべきポイントは、格段に、明確になります。

  • 投稿日:2018/09/26 13:18
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
私の経験上も無い事ですが、人事部門を通らず本人に直接話をしたようで、仰るように超過勤務の一環としてとらえればよい事と話しても理解してもらえず、専門の方の見解をお伺いしたかったのです。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/26 15:39
  • ID:QA-0079316

人事・経営コンサルタント

契約

その方との労働(雇用)契約をどうするかですが、一番シンプルなものは現状に配送センター業務を加えることです。ただ、時給を下げたい意図があるのであれば別契約となるかも知れませんが、いずれにしても8時間超勤務文には残業手当は発生し、現給が割増しとなりますので、単純な人件費減にはならないと思われます。
本業が残業になるという本末転倒な働き方は、あまりに複雑で管理の難しい方法は取らない方が良いのではないでしょうか。

  • 投稿日:2018/09/28 11:51
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
人件費の削減などはかんがえてはいないようです。
逆に働き方改革により残業時間が無くなる事への補填という観点からの発想のようです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/26 20:26
  • ID:QA-0079328

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働基準法により1日の所定労働時間の上限は8時間とされています。

従いまして、当事案のように1日の合計労働時間が8時間を超える雇用契約を締結されることは違法となりますので出来ません。

ちなみに、当該配送センターは御社組織の一部と思われますが、そうであれば仮に双方合わせて1日8時間までの労働時間として契約される場合、現行の正社員雇用契約における勤務場所等の内容変更で足りえますので、パート社員として新たな雇用契約を締結される措置については不要です。

  • 投稿日:2018/09/28 11:56
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。36協定で残業時間を提出しており、8時間までの労働時間で違法にはなりません。Wワークを同一企業内しかも雇用形態を変えてまで可能なのでしょうか?個人的には意味が無いとの見解なのですが、トップダウンで、とある従業員と話をしているようです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/29 20:16
  • ID:QA-0079439

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂きまして有難うございます。

「36協定で残業時間を提出しており、8時間までの労働時間で違法にはなりません。Wワークを同一企業内しかも雇用形態を変えてまで可能なのでしょうか?」
― 念の為申し上げますと、36協定を出されていても、1日の所定労働時間が当事案のように8時間を超えている(ご文面の内容ですと午前中2時間、午後8時間(※1時間休憩の場合)で計10時間となるはずです)場合は労働基準法違反となりますので注意が必要です。あくまで1日の所定労働時間は合計8時間で雇用契約を締結される事が必要ですので、逆に言えば午前中の2時間を所定労働時間には含めず、業務上必要な場合のみ36協定に基づき指示を出して勤務してもらうという事であれば合法となります。
 ちなみに私の前回の回答は、上記の通り指示による追加勤務で対応すべきという内容ですし、同一会社でのWワークは通常ありえない措置といえます。

  • 投稿日:2018/10/01 11:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

再度のご回答ありがとうございます。
別企業であれば2Hのパート勤務+8Hの当社勤務で成り立ち、法的解釈によると8H超の支払い義務は当社にあると読めます。
通常ありえないことを理解して頂くことが中々難しいです。違法だとはっきり言えればいいのですが・・・特段法律に触れそうでもないですし。
超過勤務の方向で理解を得れるようにします、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
半休の場合の割増無の時間
派遣勤務者は、本社と勤務時間が異なります。半休を取得して残業を行った場合、派遣勤務先の勤務時間が9:00~17:00の7時間勤務、本社は8:30~17:30の8時間勤務、派遣勤務者は午前中半休、13:00~22:00まで勤務すると×1.25が1時間、×1.00が4時間となるのでしょうか?本社勤務者は...
早朝勤務者の短時間労働について
弊社では、事業のために土曜日の早朝4時ごろから勤務させる場合が年に数回あります。この場合、3時間程度の勤務でこの日を労働日とみなしてかまわないものでしょうか。また、いったん帰宅して夕方から深夜までの勤務というケースもありえるのですが、例えば「午前4時―7時まで勤務し、いったん帰宅して午後4時から12...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ Z会×最新テクノロジーのTOEIC対策
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...