企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

休職中や欠勤中で退職申し出があったときの有休消化

いつもありがとうございます。

育休取得中の社員が、育児が理由で復帰せずに退職したいが
残っている有休は消化したいとの申し出がありました。
こういった休職中の社員からの請求に応じなければならないのでしょうか
また
傷病で欠勤中の社員も、復帰せずに残っている有休全部を消化したいとの申し出がありました。
こちらもどうなりますでしょうか?
就業規則には有休消化に関する項目はございません。

投稿日:2018/03/16 16:51 ID:QA-0075561

*****さん
神奈川県/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

有給

有給休暇は勤務できることが前提です。傷病欠勤中も育休中も勤務ができないから休んでいる訳ですから、有給を取得できないことになります。単に働かずに給与を得る権利ではありませんので、有給を取ることはできない旨、明確に説明する必要があります。
ただし育休中は休んでいることを理由に有給休暇の年次付与などで不利益は与えられませんので、許可とは別の問題ですがご留意下さい。

投稿日:2018/03/16 17:25 ID:QA-0075562

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2018/03/20 09:25 ID:QA-0075598大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、育児休業も含め何らかの理由で休業されている期間や、事前に連絡を受け欠勤扱いと決まった日につきましては、既に労働義務自体が存在していませんので、これに年次有給休暇を充てる事は出来ません。

しかしながら、休業や欠勤が終了した後の労働日において年休取得後退職希望される場合ですと、労働基準法上年休は労働者の希望する時季に与えなければなりませんので、原則として取得を認める事が必要になります。

こうした退職予定者が纏めて年休申請をされる事は、年休消化率が低い我が国において決して珍しいことではございません。

このような事態を避ける上でも、普段からある程度の年休消化が可能となるような職場環境を整えていく事が重要といえるでしょう。

投稿日:2018/03/16 20:30 ID:QA-0075565

相談者より

ありがとうございました。
年休消化についてはまだまだです。

投稿日:2018/03/20 10:03 ID:QA-0075600大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

・育休中の社員さんについては、育休期間中は、有休消化はできませんが、育休期間終了後であれば、有休の請求権が生じてしまいますので、請求に応じなければならないということになります。

・傷病欠勤中の社員さんについては、会社が休職を命じていたとすれば、すでに労働は免除されていますので、有休は請求できません。

投稿日:2018/03/17 04:41 ID:QA-0075568

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2018/03/20 10:03 ID:QA-0075601大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

大局的観点から「買上方針で対処」されては如何がでしょう

▼ 申出内容は、育休明け初日を以って退職、未消化有休の買上です。傷病欠勤中の事案も、退職日の特定は必要ですが、同趣旨の申出です。
▼ 社員に買取請求権なるものがある訳ではなく、買取は会社の任意措置になります。但し、実際には、買取事案も少なくなく、その為、国税局も、買取られた場合の税務措置上、退職金と同時に支払われることを条件として、退職所得と看做すとしています。
▼ 要は、御社次第ですが、回答者としては、未消化有休の多寡は、一概に、純粋な個人判断とも断定し難く、ここは、大局的観点から、「買上方針で対処」されては如何かと思います。因みに、退職金扱いとなれば、殆どの場合、本人は優遇税制のメリットを享受することができます。
▼ 他方、有休目的も、「健康の回復・維持・増進」一本槍から、半日単位、時間単位といった「利便性」へとシフトしてきています。さもなくば、先進国中、最低の取得率からの脱出は難しいでしょう。
▼ 更に、多くの国際的企業が採用する、国際財務報告基準(IFRS)では、時効前の有休に就き、取得、買取が見込まれる日数に相当する額の未払賃金計上が義務付けられています。従い、取得率向上は、財務状況の改善に繋がることになります。企業買収時のジューデリでは、未計上は、隠れ債務として買収価格のマイナス要因にされます。

投稿日:2018/03/17 11:33 ID:QA-0075570

相談者より

ありがとうございました。
大変参考になりました。

投稿日:2018/03/20 10:05 ID:QA-0075602大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職の時の有休消化について
業務終了後有休を取得して退職する場合、公休を含めて与えなければならないのでしょうか。例えば有休が10日ある場合、3月31日で業務を終了した場合、4月10日を退職日にすればよいのか、公休を含めて4月14日を退職日にしなければいけないのか、どちらなのでしょうか?よろしくお願いします。
パートの有休取得について
いつも大変参考にさせていただいています。 パートの有休取得についてです。 以前に2年ほど勤めていて退職し、その半年後くらいに再度入社してきたパート社員がいます。 そのパート社員がまた、退職することになりました。 今回は雇用期間が5ヶ月なので有休は発生しませんが、前回未消化だった有休を消化したいと...
有休取得中の新たな有休付与について
有休消化をして退職しようとする従業員がいます。(退職日は未定) その有休消化中に付与日(11/1)が到来すれば、新たに有休を付与しなればならないでしょうか。 まず退職日を確定しないと退職を前提とした有休消化できません。 有休消化中に11/1が到来しても、退職日をすでに決定していので、新たに付与でき...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
出戻り社員
「出戻り社員」とは、一度自主退職して他社で働いたり、独立したりした人が元の会社に再雇用されること、またはその社員を指す言葉で、「ブーメラン社員」とも言われます。日本の伝統的な就業観から、かつては戻る側にも受け入れる側にも抵抗がありましたが、転職が一般化したことや深刻な採用難から、最近では出戻り社員を...
ジョブ・リターン制度
結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/07
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...