無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

半日単位有休の賃金について

いつもお世話になっております。
半日単位の年次有給休暇の賃金についてご教示ください。

当社は半日単位の有休も認めていますが、午前労働時間3時間40分、午後労働時間4時間20分と時間の差があります。
午前有休、午後有休のどちらを選択しても、0.5日分の有休として取り扱うのは認められているようですが、その有休半日分の賃金につきましては、午前午後それぞれの有休時間分の賃金を支払わなければならないのでしょうか。
それとも、午前・午後の有休どちらも日給額×0.5日分の賃金支払いで良いのでしょうか。

投稿日:2018/04/27 09:09 ID:QA-0076315

MTA93さん
長野県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、半日有休を取得するという事であれば残りの半日は通常勤務されていることになります。

従いまして、当然ながらその場合の当日の賃金については丸1日勤務された場合と同じ金額になりますので、結局は有休取得時間に応じた賃金支払いという事になるものといえます。

投稿日:2018/04/27 10:10 ID:QA-0076319

相談者より

早速の回答をありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿日:2018/04/27 11:13 ID:QA-0076327大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

大きく問題視されなければ、どちらも、0.5日とするのが実務的

▼ 実務的には、午前・午後いずれの取得でも、0.5日とするのが、合法、且つ、最も簡単な方法です。
▼ 尤も、個別取得面では、午前取得組と午後取得組の間で不公平感が出るのは分からない訳ではありませんが、マクロ的には、同一社員が、午前・午後を別半休取得すれば、不公平はチャラになりますね。
▼ それなら、いっそのこと、「午前・午後問わず、実働4時間分」に統一する選択肢もあります。その際、その旨を、就業規則への記載、周知、届出が必要になります。

投稿日:2018/04/27 11:49 ID:QA-0076331

相談者より

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日:2018/04/27 13:25 ID:QA-0076333大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
人事担当者が使う主要賃金関連データ

人事担当者が使う主要賃金関連データのリストです。
賃金制度や賃金テーブルの策定や見直しの際は、社会全体の賃金相場を把握し、反映することが不可欠です。
ここでは知っておくべき各省庁や団体が発表してる賃金調査をまとめました。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード