企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12849件   回答数26792

1年単位の変形労働制 休日について

いつも参考にさせていただいています。

当社では1年単位の変形労働制を採用しています。
7.5時間労働なので年間休日は87日で設定しています。
日曜・祝日・第二土曜日(第三土曜も休日の月が有ったりします)
を休日としており、法定休日は日曜です。

現在、仕事が多忙で、日曜以外の休日があまり取れていません。
祝日・第二(第三)土曜日にも出勤しています。

そこで質問があります。
①振替か、同一賃金締切日内で代休を取らせるのが理想なのですが
なんせ仕事が忙しいのでそれがままなりません。
祝日や第二土曜日に出勤させた場合、1.25の割増賃金を
支払えば済まされるのでしょうか。
それとも必ず休みは取らせなければならないのでしょうか。

②また、何か月か前の代休が残っていて、
(この休日出勤については割増賃金の0.25しか払ってません…
 1.0は代休でとなっていました。)
今月、祝日に出勤しその代休を平日で取ったら
割増賃金は発生しますか。
その代休は今月分のものではないので相殺とはなりませんか。
(文章の意味が分からないかと思いますが…)

素人でお恥ずかしいですが、ぜひご回答宜しくお願い致します。

  • DKKさん
  • 熊本県
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/11/01 15:09
  • ID:QA-0073251

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/11/01 21:06
  • ID:QA-0073260

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず①につきましては、週1日の法定休日が確保されている限り、他の法定外休日に出勤されても賃金支給をきちんとされていれば法令違反とはなりません。それ故、時間外割増賃金等法令上必要となる賃金を支払っていれば代休を取得させなくとも差し支えはございません。
但し、その結果労働時間が多くなり、疲労の蓄積が見られるであれば、別の意味で問題がございますので、法定外休日といえども過度の休日勤務は健康配慮の観点から避けるべきといえます。

そして、②に関しましては、当然ながら別の代休になりますのでそれだけで相殺という事にはなりません。
しかしながら、代休を取得されたことによって当該週の労働時間が40時間以内に収まり、かつ変形労働時間における週平均法定労働時間の総枠内にも収まるようであれば、時間外労働には該当しませんので、結果としまして時間外割増賃金の支払は不要となります。

  • 投稿日:2017/11/02 10:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
①については、割増賃金をきちんと支払えばいいということです。

②について、でしたら前の休日出勤の代休を、今月取ったら、祝日に出勤しても割増賃金は支払わなくていいということでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/02 11:15
  • ID:QA-0073268

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「②について、でしたら前の休日出勤の代休を、今月取ったら、祝日に出勤しても割増賃金は支払わなくていいということでしょうか。」
― 先の回答の通りですが、再度分かりやすく説明いたしますと、「前の休日出勤の代休を、今月取ったら、」だけで全ての場合に割増賃金支払が不要というのでははなく、それに加えまして「当該週の労働時間が40時間以内に収まり、かつ変形労働時間における週平均法定労働時間の総枠内にも収まる」ことも必要になります。
 つまり先月分の代休を取っても、例えば他の日に残業等があって結果として週の合計で40時間以上の労働時間となった場合ですと、割増賃金支払は必要になります。逆に言えば、祝日に出勤されても週の労働時間が40時間以下に収まる等、先の要件を満たしていれば割増賃金支払は不要です。
 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
代休について
いつもお世話になっております。 休日出勤をさせた際の『代休』の取扱いについて教えて頂きたく、 ご相談をさせていただきます。 休日出勤をさせた分の割増賃金は当然支払うのですが、 『代休』は必ず与えなければならないものなのでしょうか?
代休の先取りについて
代休についてご教示願います。 代休は「休日労働させた日の代わりに事後に与えられる休日」ですが、 休日出勤の前に代休を取ることは法律上問題でしょうか? よろしくお願いいたします。
休日労働の代休日に労働した場合
初めて質問させていただきます 宜しくお願いいたします 休日労働(会社の法定休日)に勤務したものがおり、その後、代休を平日に取得予定だったのですが、その代休日に45分出勤しました 賃金計算上、 ・休日出勤日は35/100 ・代休日に出勤した45分については135/100 この認識で間違いないでし...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

就活図書館 Indeedオンラインセミナー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...