人事のQ&A<解決済み>

相談数11762件   回答数24340

遅刻控除と割増賃金の取扱いについて

 いつも皆さんのご相談並びにご回答を拝見し、参考にさせて頂いております。
 
 さて、当社における所定労働時間は8:45~17:00(休憩1時間)、割増賃金は所定労働時間(7時間25分)を超えた分に対し支払うと就業規則で定めています。
 また、賃金規程において、遅刻した時間数分(分単位)で控除する旨を規定しています。

 今回、9:10に出社(25分遅刻)し、19:30まで勤務した場合ですが、

 (1)遅刻控除として
   25分控除

 (2)割増賃金として
   9:10から所定労働時間(7時間25分)を超えた時刻(17:35)を起点に残業時間数を計算
    → 17:35~19:30までの1時間55分について2割5分増の割増賃金を支払う

 という取扱いで問題ないでしょうか?ご教示よろしくお願い致します。
   
   

  • カレンダーさん
  • 大阪府
  • 化学
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/05/18 18:03
  • ID:QA-0070594

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/05/18 20:35
  • ID:QA-0070605

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件につきましては、残業については実労働時間で計算することから考え方自体は文面内容の通りで差し支えございません。

但し、御社の就業時間帯が8:45~17:00(休憩1時間)ですと、所定労働時間は7時間25分ではなく7時間15分になるものと思われます。

それによって計算し直しますと、(2)に関しましては、

9:10から所定労働時間(7時間15分)を超えた時刻(17:25)を起点に残業時間数を計算
→ 17:25~19:30までの2時間05分について2割5分増の割増賃金を支払う

ということになります。

  • 投稿日:2017/05/19 09:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
ご指摘頂いた通り、所定労働時間は7時間15分の誤りでした。申し訳ありません。
当方の質問の仕方が悪かったのですが、遅刻により勤務を開始した9:10から所定労働時間を超えた時刻(17:25)を起点に割増の対象となる残業時間を計算しているため、さらに遅刻分(25分)のカットまではできないという理解でよろしいでしょうか。
(※2015年8月10日 コラム「徹夜勤務や遅刻をした日の残業代の支払い」も参考にしました。)

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/05/19 09:38
  • ID:QA-0070620

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「遅刻により勤務を開始した9:10から所定労働時間を超えた時刻(17:25)を起点に割増の対象となる残業時間を計算しているため、さらに遅刻分(25分)のカットまではできないという理解でよろしいでしょうか。」
― ご認識の通りです。さらに25分カットされますと、明らかに二重の控除になり未払い賃金が発生してしまいます。

  • 投稿日:2017/05/19 10:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々にご回答いただき、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
時間外労働について
いつも参考にさせていただいてます。 初歩的なことで申し訳ないのですが教えていただけないでしょうか。始終業時間が9時30分~18時の当社において平日(金曜日)の夜から翌日の週休日(土曜日)まで時間外勤務をさせた場合、(実際には18時~翌2時まで)18時~0時までは時間外労働の割増賃金(当社では135/...
遅刻者の賃金控除について
遅刻した社員に対する賃金控除についてご質問です。 9:00~18:00 所定時間8時間の日給月給者について、遅刻して13:00から出社し22:00(実労8時間)に退勤した場合、遅刻分に対する賃金控除のみおこなって、残業手当の支給は8時間を超えてないため支給なしという考えでよろしいでしょうか。 この場...
週40時間超えの休日賃金について
現在、当社では40時間を超えた部分の割増賃金をクラウドソフトを使用して管理しているのですが その際に月~日まで勤務した際に16時間の割増賃金を払う計算になるのですが、日曜日には休日割増を支払った上で40時間超えの割増を払う必要があるのでしょうか? 休日賃金を払えば割増は支払う必要が無いと見たことは...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
2019年度 新卒採用特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...