企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15052件   回答数32339

試用期間中の職務変更

6ヶ月の試用期間中に会社・従業員同意の上で、職務内容を変更した場合、試用期間の取扱はどのようになるのでしょうか。1)残存試用期間、新たな職務での適性を確認する 2)新たな職務に対する試用期間を設ける(試用期間の延長)等が考えられますが、法的に問題はありますでしょうか。

  • Sue HRさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2016/12/09 19:05
  • ID:QA-0068403

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/12/12 09:50
  • ID:QA-0068412

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、職務内容等が変更した場合でも当初定められた試用期間はそのまま有効ですので、特に変更する必要はございません。

仮に適性を見る為に変更されたい場合は、本採用が遅れるという点から労働条件の不利益変更になりますので、職務変更の際に合わせて提示し当人の同意を得る事が求められます。

  • 投稿日:2016/12/13 11:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。採用時に締結した契約書の職務内容と異なるポジションへ異動となるのですが、契約書を再締結したほうがよいのでしょうか。もしくは、職務内容以外の雇用条件に変更はないので、契約書に付随する覚書を締結するのみでも問題ないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/12/12 20:41
  • ID:QA-0068424

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

試用期間の延長について

試用期間はテスト期間ともいえますので、根拠もなく延長することはトラブルのもとになります。就業規則に延長できる旨の記載はありますでしょうか?

試用期間の延長規定がないようであれば、残存期間で適性確認をするよう努めることをお勧めします。

  • 投稿日:2016/12/13 11:40
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございます。
就業規則に試用期間延長の規定を記載しています。
採用した職務内容に適性がないため、別部署・ポジションへ異動し再度適性を確認するような場合は、試用期間延長をあてはめても問題ないと思いますがいかがでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/12/13 22:16
  • ID:QA-0068446

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「採用時に締結した契約書の職務内容と異なるポジションへ異動となるのですが、契約書を再締結したほうがよいのでしょうか。もしくは、職務内容以外の雇用条件に変更はないので、契約書に付随する覚書を締結するのみでも問題ないでしょうか。」
― 職務内容は最も重要な労働条件ですし、試用期間中という契約して間もない時期での変更は異例ともいえます。従いまして、契約書の再締結をされるのが妥当といえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/12/13 22:34
  • ID:QA-0068449

人事・経営コンサルタント

本人同意

限られた情報で勝手に推察いたしますに、採用後能力的に問題があり、別業務への変更となったのであれば、そもそも試用期間中に不適性が判明したことになります。そこで契約解除とする企業は少なくありません。しかし労働者にチャンスを与えることは良いことだと思いますので、本人同意書を取り、試用期間を延長し、職務変更(内容)を記載したものを取ってはいかがでしょう。もちろん本人が嫌々ではなく、芯から納得してのものである必要があります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約期間と試用期間の関係
いつもお世話になります。 期間の定めのある契約社員の、 試用期間の設定に関しまして質問です。 契約期間3ヶ月(毎の更新)に対し、 試用期間が、3ヶ月とか6ヶ月というのはありえるでしょうか。 3ヶ月だと、最初の契約期間が全て試用期間となってしまいます。 この試用期間中の労働条件は試用期間終了後とは...
試用期間の延長
弊社では新規採用にあたり3ヶ月の試用期間を設けております。今回、この試用期間中に病気により1ヶ月の休職をした社員がいるのですが、この社員の試用期間を病気により休業していた日数分だけ延長したいと思っておりますが、問題はありますでしょうか。 就業規則には「新たに採用した者について、3ヶ月間の試用期間で採...
休職届、試用期間延長通知について
弊社では、試用期間中にうつ病で近々休職予定の社員がおります。 弊社では、過去に休職した社員がおらず、社内では特に休職届、試用期間延長通知などはないのですが、書面で残しておいた方が良いのではと思うのですが、書面はなくても良いのでしょうか。 試用期間は、残り1か月なのですが試用期間の延長にもなります。...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「個人情報」を隠したまま転職活動したい人 「転職回数」を少なくして経歴を書きたい人
    転職活動に欠かせない履歴書や職務経歴書。考えてみれば、これほど「個人情報」のかたまりのような書類もないだろう。個人情報保護法などの施行にともなって、企業も人も、また人材紹介会社も、これら個人情報の取り扱いには細心の注意を払うようになっている。しかし、どこまで保護すれば十分なのかという点など、まだまだ...
  • 等級制度の実際
    社内序列の基盤となる「等級制度」のしくみと種類にはどのようなものがあるか。それぞれのメリット・デメリットとは?
  • 資格取得は一種のギャンブル 試用期間に利用される紹介予定派遣
    専門的な資格を取得すれば転職や就職に有利ではないだろうか…。誰もが一度は考えることだろう。特に1990年代以降、就職難が続いたため、資格取得を目指した人も多かったはずだ。たしかに、司法試験や公認会計士、弁理士などの試験は超難関だが、合格すれば専門家として高い評価が得られるのは間違いない。ただ、同時に...

あわせて読みたいキーワード

試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
ジョブ・ディスクリプション
職務記述書。企業において、あるポジションに関する職務内容を詳細に記した文書のことを言います。
役割等級制度
役割等級制度とは、それぞれの役職や仕事に求められる「役割」の大きさに応じて等級を設定し、その役割を担当する社員の格付けを行う制度のこと。「同一役割・同一賃金」を前提として、年齢やキャリアに関係なく、難易度・期待度の高い役割で成果を上げれば、それに見合う報酬が得られます。

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト dodaで採用準備を始めよう
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...