企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12150件   回答数25154

フルタイム アルバイトの健康保険加入について

フルタイムで勤務するアルバイト(健康保険、雇用保険加入)の方が妊娠したため、4月に体調不良で1ヶ月ほど休みました。体調を見ながら、5月から復帰し、週2回の勤務にしておりますが、4月に休んだため、社会保険料、雇用保険料の支払いが発生してしまいます。
4月に更新した雇用契約はフルタイム勤務としておりますが、このような場合、ご本人にとって最も良い選択はどのような対応がありますでしょうか。

いま考えておりますのは、以下の2パターンです。
①4月の出勤予定で休んだ分の傷病手当金の申請、5月から旦那様の扶養に入るとともに、5月から週2回の雇用契約に変更する
②4月から遡って雇用契約を週2回に変更、旦那様の扶養に入る。

以上、ご教示いただきますよう、お願い申し上げます。

  • 投稿日:2016/05/10 09:29
  • ID:QA-0065980

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/05/10 10:42
  • ID:QA-0065986

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、明らかな誤記である場合等を除き、一度締結された雇用契約を遡って変更する事は出来ません。そうであれば、いくらでも現状追認で契約の見直しが出来る事になり、契約締結手続き自体が無意味になってしまうからです。

従いまして、手間はかかっても、①のように5月からの契約変更及び雇用保険・社会保険資格喪失の届け出を行われるべきといえます。

  • 投稿日:2016/05/10 14:40
  • 相談者の評価:参考になった

早速のご教示、誠にありがとうございます。
無理な遡り契約変更をしないよう、①をベースに考えたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/05/10 12:50
  • ID:QA-0065991

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の件は、会社が一方的に契約変更をするようですと、妊娠を理由とした不利益変更とされる可能性が大きいといえるでしょう。

週2勤務では、育児休業や、育児休業給付も受けられなくなりますので、将来、復帰しようと考えているのであれば、ダメージは大きくなります。

体調不良は一時的なものですし、少なくとも産後は体調はもどってくることでしょう。

男女雇用機会均等法13条にありますが、会社としては、本人経由で医師の指導をあおぐようにして、それをもとに勤務を配慮することです。

4月は傷病手当金を申請して、5月以降は、契約は変えずに、医師の指導カードをもとに配慮措置をとることをおすすめします。

もちろん、ご本人の方から、退職や、契約変更の申し出があり、会社がそれを受け入れることは、問題ありません。

  • 投稿日:2016/05/10 15:19
  • 相談者の評価:参考になった

ご教示いただき、ありがとうございます。
ご本人としっかりとコミュニケーションをとり、不利益にならない対応をしたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
65歳以上の雇用保険加入条件 週20時間以上の勤務について
平成29年1月より、65歳以上の従業員も雇用保険に加入することになりましたが、 条件に週20時間以上の勤務があるとありますが、対象者の方の勤務時間が、週20時間以上の勤務もあれば、 20時間以上の勤務がない週もあり、ばらばらです。このような場合、雇用保険に加入した方がいいのでしょうか?
契約社員の社会保険・雇用保険の加入について
いつも大変お世話になっております。 労働期間の決まっている契約社員の雇用をする際の社会保険・雇用保険の加入ですが、何ヶ月以上の雇用の場合は加入しなければならないというように決まっているのでしょうか。 また、2,3ヶ月の雇用の場合仮に社会保険、雇用保険への加入が必要な場合でも、本人との労働契約書に...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...