企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12131件   回答数25117

介護事業で24時間交替勤務のOJTの方法について

介護事業で、24時間交替制の勤務を組んでいます。
新入職員の研修として、主にOJTで行っていますが、
24時間交替勤務のため、早番、日勤、遅番、夜勤などがあり、
いわゆるプリセプター制、エルダー制のように、
固定の先輩をつけることが難しい状況です。

このような状況下で、どのような方法をとるとよいでしょうか?

発展的には、新入職員だけでなく、現職員についても、
ディズニーでやっておられるようなブラザー制(2人1組でお互い確認)を
取り入れたいと考えています。
こちらも同じように、24時間交替制のため、ひと工夫が必要と考えています。

よいお知恵があればご教授下さい。
よろしくお願いします。

  • sakakkieさん
  • 愛知県
  • コンサルタント・シンクタンク
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2015/09/02 13:37
  • ID:QA-0063482

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2015/09/02 22:39
  • ID:QA-0063486

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、多忙で不規則な勤務になりがちな介護事業での研修におきまして、常に研修者と被研修者のペアを固定化する事は非常に困難ですし、現実的でないといえるでしょう。

しかしながら、一定のレベルの研修者であれば、たとえ都度ペアが変わっても実務上大きな支障になるとはいえないはずです。加えまして、被研修者の立場からしましても、複数の経験豊富な方から指導を受けられる事で新たな気付きを得る事も多々ございます。必ずしも研修者が交替する事が研修上デメリットになるとは限りません。

従いまして、ブラザー制にこだわる必要性は希薄ですし、研修形式にこだわるあまり業務に支障が生じたり、研修者に過剰な負担がかかってしまい不満や退職原因に繋がるというのでは本末転倒といえます。そうした面も十分考慮された上で、現場の状況に合わせて柔軟性を持たせた研修体制を取られるべきというのが私共の見解になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/09/03 09:05
  • ID:QA-0063488

株式会社ジェイック 教育事業部 研修講師 兼 営業マネージャー, 7つの習慣(R)担当インストラクター

お問い合わせありがとうございます【ジェイック】

この度はお問い合わせをいただきましてありがとうございました。

介護業界の人材育成は課題が山積みで、しかも急務ですね。
方々からお問い合わせをいただいております。

24時間交代という特殊な勤務形態に加え、
低い給与水準、過酷な勤務条件などから、
採用面、定着面でも苦心されている企業様が多々ございます。

お役に立つかどうか分かりませんが、
ひとつ事例をご紹介させていただきます。

某有料老人ホームのT社様での取り組みです。

T社では、春に入社してからの1年間、ブラザー・シスター制度を実施しています。
新人1人に対して先輩1人をペアにするという形です。

先輩は、新人の相談事がある時は最優先で乗ることが義務ですが、
シフトの関係もあり、相談したい時に先輩がいなかったり、
先輩からもどうアドバイスしたらいいか分からない、という問題が起きたようです。

そこでT社では、
新人に受けさせている様々な研修会に、先輩を同席させるというやり方を導入したようです。

その結果、以下のような効果があがったようです。

・研修会に同席参加するから、強制的に先輩と後輩が一定時間一緒にいることになる。
・研修会の内容がヒントになって、後輩が質問したい事を思い出し、その場で先輩に相談できる。
・研修会の内容から、先輩も的を射たアドバイスができる。
・先輩自身の復習にもなり、現場での指導力もアップする。

T社では、入社後の3ヶ月はシフトも完全一致させているようですが、
なかなかここまでやるのは難しいと思います。

ですので、入社後の3ヵ月間は先輩・後輩のペアで研修同席させる、
という事からでも始めますと、ある程度の効果はあがるかも知れません。

ご検討されてみてはいかがでしょうか?

お役に立つ話になりましたでしょうか?

疑問に感じる点などございましたら、
私、教育事業部の小茂田(こもだ)と申しますので、
遠慮なくお問い合わせください。

お役に立てたら幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
交替勤務手当支給の要否について
交替勤務制を導入するにあたり、下記事例について交替勤務手当の支給要否についてお尋ね致します。 当社は通常月~金が稼働日で土日祝は休日となっております。勤務時間は通常勤務9:00~17:45で、交替勤務をする場合は第一勤務7:00~15:45、第二勤務14:15~23:00第三勤務22:30~7:3...
時差勤務について
製造工場です。交替勤務でなく、1~3時間程度勤務時間をずらす時差勤務を行いたいのですが、これを行う場合、労使協定は必要なのでしょうか。 また、時差勤務と交替勤務の区分はどう考えたらよろしいのでしょうか。時差はどれくらいでしたら一般的に容認されるものなのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...