無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

パワハラについての資料

いつも参考にさせて頂いております。

さて、セクハラについては、厚生労働省から正式な資料やアンケート用紙などが公表されていますが、パワハラについてはこのような資料はありますでしょうか?

社員への啓蒙活動の一環として活用したいと考えておりますが、もし参考になるような資料がございましたらご教授下さい。

よろしくお願いいたします。

投稿日:2008/04/16 12:29 ID:QA-0012125

*****さん
東京都/不動産

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

パワーハラスメントの資料としましては、東京都産業労働局が昨年「企業における女性雇用管理とセクシュアルハラスメントの取組等に関する調査」の中で企業の調査結果を採り上げています。

ちなみに同調査では、10社のうち1社がパワハラ問題が発生、さらに4社のうち1社がパワハラの実態ありと回答しており、実際にはさらに多くの企業でパワハラが発生しているものと考えられます。

詳細は都のHPを参照して頂ければと思いますが、職場の人間関係を円滑にし、無用な退職やトラブルの発生・メンタルヘルスの向上を図る上でも御社の事情を踏まえた研修・啓蒙活動等実施されることをお勧めいたします。

投稿日:2008/04/16 13:14 ID:QA-0012129

相談者より

ありがとうございます。
早速、東京都産業労働局のHPにて確認致します。

投稿日:2008/04/16 19:48 ID:QA-0034862大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

樋口 ユミ
樋口 ユミ
株式会社ヒューマン・クオリティー 代表取締役

中央労働災害防止協会

パワー・ハラスメントについては、法的な解釈が
まだ定まっていないこともあり、公の資料はまだ
少ないのが現状です。

ただ最近は日本産業カウンセラー協会の調査など
大規模な調査も増えてきています。

平成17年には中央労働災害防止協会より
「パワー・ハラスメントの実態に関する調査研究報告
書」も発行されました。こちらは同協会のHPより
購入も可能です。活用できる資料かと思います。

ご参考になれば幸いでございます。

投稿日:2008/04/16 19:42 ID:QA-0012134

相談者より

ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

投稿日:2008/04/16 19:49 ID:QA-0034864大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料
心理的安全性を職場で作り出すヒント

『日本の人事部』で多数掲載している有識者のセッションやインタビューから、心理的安全性を深く知り、社内で高めるためのヒントをつかむお役立ち資料をお届けします。

「パワハラ防止法」2020年6月施行。パワハラの境界線は?

近年、とみに耳にするようになった「パワハラ」。ついに、パワーハラスメント(パワハラ)の防止を企業に義務付けることが法律で決まり、2020年6月から施行されます。
パワハラの内容が悪質な場合は企業名の公表も検討されている「改正労働施策総合推進法」について、ポイントや今後の動きを解説します。