企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サンギョウカウンセラー 産業カウンセラー

「産業カウンセラー」とは、心理学的手法を用いて、働く人たちが抱える問題を自らの力で解決できるように支援することを業務とする、民間資格とその有資格者のことをいいます。2001年までは旧労働省が認定する公的資格でしたが、現在は一般社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格となっています。産業カウンセラーは、職業名ではなく資格名。企業内での従業員の支援がベースとなるため、企業経営者や人事労務担当者など、心理カウンセラー以外の方が取得するケースが多いことが特徴です。
(2018/4/11掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産業カウンセラーのケーススタディ

健康経営やESで注目の産業カウンセラー
実は難しい「傾聴」の姿勢

産業カウンセラーになるため、社会人を中心として年間約3,000人もの人が、資格試験に向けた学習に取り組んでいます。その中には経営者や人事など、社員のメンタルヘルスケアやES(従業員満足度)などに関心の高い職種に携わる人たちも多いようです。臨床心理士や公認心理師と比べると、受験資格のハードルがさほど高くないということも人気の理由の一つでしょう。これまでに、全国で6万人を超える人々が資格を取得しています。

カウンセリングにおいて最も重要とされるのが「傾聴」です。「話を聴く」というと誰でもできる技能のように思われがちですが、「本当に耳を傾ける」ことは決して簡単ではありません。相談を受けているうちに、「今の話は矛盾していないか」「こうした方がうまくいくのに」などと、自分の中にアイデアが生まれてくるのは自然なこと。しかし、傾聴においては自分の考えを伝える前にまずは相手の思いを十分聴くことが重要です。安心して何でも話せる状態を作ることが、最後には問題解決へとつながっていくからです。

また、産業カウンセラーの資格を習得することで得られた知識や技能は、他の領域でも生かすことができます。特に「傾聴」は、キャリアカウンセリングやコーチングといった隣接する分野においても、基本技能となります。

産業カウンセラーの受検資格を得るには、二つの方法があります。一つは、大学院で所定の単位を取得し、所定の専攻を修了すること。もう一つは、日本産業カウンセラー協会が運営する産業カウンセラー養成講座を修了することです。いずれかを修了してはじめて、年1回(2019年度からは年2回)の産業カウンセラー試験を受検することができます。

ただし、既存の社員に企業内カウンセラーとして活躍してもらおうと考えているなら、注意が必要です。同じ企業に勤めていることで、何らかの人間関係や利害関係が既に構築されていると、その関係性がカウンセリングに影響を及ぼす「多重関係」に陥ってしまうからです。カウンセリングには、第三者性や外部性を確保する必要があることを忘れてはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コーチング
変化の激しいビジネス環境において求められるのは、自ら目標達成へのステップを描ける人材です。こうした人材を育成するために活用されているのが「コーチング」です。ここでは、コーチングの概要を始め、必要な要素、コーチングを取り入れるメリットや注意点を詳しく解説します。
傾聴
耳を傾けて聴くと書く「傾聴」(けいちょう)。心理学などの分野では以前からよく聞かれる言葉でしたが、近年はビジネスの場でも重要視されるようになり、傾聴の技術を身に着けたいというビジネスパーソンが増えています。 (2012/1/16掲載)
従業員満足(ES)
従業員満足(ES:employee satisfaction)とは、顧客満足(CS:customer satisfaction)に対比される概念で、企業内で就労する従業員の業務内容や職場環境、人間関係などに対する満足度のことをいいます。

関連する記事

会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/08/22掲載人事・労務実態調査
転職と資格取得の関係
「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あ...
2015/02/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

産業カウンセラー
最近の労働環境からメンタルヘルス対策として、産業カウンセラーの資格をある管理職層と人事に取得してもらおうと思います。 相談窓口・定期的な相談会(各営業所)など以外でも活動をする場合どのような取組みがありますでしょうか?
セクハラ対策相談員研修
弊社では、社内にセクハラ相談窓口を設けてセクハラに対する苦情、相談を受け付けておりますが、対応を行うメンバーの理解力及び対応力の強化を図ろうと考えております。 対応メンバーのスキルアップを行うため、研修や資格取得等を考えておりますが、セクハラに特化したものについては殆ど無いようです。 何か良いスキル...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]
分類:[ 安全衛生 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...