企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

振替休日について

いつも参考にさせていただいています。
振替休日の取得と休日種別の交換についてご教示ください。

弊社では法定休日の曜日を就業規則で指定しておらず、週の起算は日曜日としています。
週5日勤務・土日祝は休みです。
法定休日を何曜日と指定はしていませんが、勤怠管理システムの便宜上「日曜日」と登録しており
社員の勤務状況に応じて、休日種別を変更できるようにしています。
(就業規則では休日種別を入れ替えることがある旨、明記されています)


8月に社員が以下のように勤務しました。

(8月第3週)
8/9 日曜日 (法定休日)
8/10 月曜日 (法定外休日)
8/11 火曜日 (法定外休日)
8/12 水曜日 (法定外休日)
8/13 木曜日 ★休日出勤  ←この日の振替は、「8/21」に取得
8/14 金曜日 ★休日出勤  ←この日の振替は、「翌月」に取得予定
8/15 土曜日 (法定外休日)

(8月第4週)
8/16 日曜日 ★休日出勤  ←この日の振替は、「翌月」に取得予定
8/17 月曜日 通常勤務
8/18 火曜日 通常勤務
8/19 水曜日 通常勤務
8/20 木曜日 通常勤務
8/21 金曜日 【振替休日】
8/22 土曜日 ★休日出勤  ←この日の振替は、「翌月」に取得予定

この場合、
(1)8/21(金)と振り替えた、8/13(木)の休日種別は「法定休日」としても
よいのでしょうか?

(2)それとも、8/16(日)と8/21(金)を振り替えた方がよいのでしょうか。

(1)(2)どちらでも問題ないでしょうか。

第4週では、休日にあたるのが、振休を取得した「8/21」の1日だけなので、
この日を「法定休日」とし、8/16と8/22の土日を「法定外休日」として翌月の振替日と
交換したいのですが、問題ないでしょうか。
※週の労働時間合計40hを超えた分については、時間外割増分(1.25)を別途支給します。

わかりづらい文面で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/09/07 10:42 ID:QA-0096471

20200905さん
北海道/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、御社の場合ですと法定休日を何曜日と指定されていませんので、勤怠システムがどうであれ週1回の休日を取得出来ていれば特に問題はございません。

従いまして、文面の措置のいずれであっても週1回の休日は確保されておりますので、差し支えはないものといえます。

投稿日:2020/09/07 10:59 ID:QA-0096473

相談者より

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

投稿日:2020/09/07 11:58 ID:QA-0096481大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

角五楼さん
神奈川県/保安・警備・清掃

質問されるにあたって、振替休日と代休の区別を付けておいででしょうか。

未到来の労働日と休日とのペアを日付指定して入れ替え指令することを、振替休日と言います。振替指令すれば、元休日は通常の労働日となり、元労働日は通常の休日となります。

ですので、お書きのような「休日出勤」ではなく通常の「労働日」の出勤ですし、日程未定をにおわせるような「翌月取得」といった表現しようがないのです。たとえば

8/13 振替労働日 ⇔ 8/21振替休日
8/14 振替労働日 ⇔ 9/1振替休日

という記載になります。正規の振替休日が成立しているとして、回答しますと、

1)8/13の週は、やすめた8/9(日)をもって法の要求を満たしています。しかも振替指令して通常の労働日となった8/13を法定休日とするのは失当です。むしろ、振替休日となった8/21(金)がこの週唯一のやすめた休日ですので、こちらが法定休日です。

2)1)の振替が先行しているのでしたら、8/16、8/21休日同士の振替となり、意味をなしません。1)の指令がないのでしたら、8/15以前に指令すれば8/16休日と8/21労働日の入れ替えが成立します。

3)8/21はご理解のとおりです。8/16、8/22の振替指令は、8/15(8/21)よりも前に発令することが、振り替え成立の条件です。休日出勤してからの振替はありえず、翌月休ませるのは代休です。

投稿日:2020/09/11 18:34 ID:QA-0096673

相談者より

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

投稿日:2020/09/14 09:18 ID:QA-0096708大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
振替休日について
当社は、振替休日を実施していますが、半日の振替休日を2回で1日分の振替休日としてよいものでしょうか。また、振替休日日の変更はみとめられるものでしょうか
法定休日の振替
法定休日を日曜日と定め、36協定にて法定休日に勤務させることができる日は月2日までとしている場合 仮に日曜日に振替勤務を命じて、ほかの日を振替休日とした場合、法定休日の出勤日としてカウントされるのでしょうか。 それとも振替により36協定に定める法定休日の出勤とはカウントしないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 育児・介護支援制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。
  • “働き方改革”で注目を集める 勤務間インターバル 制度設計と就業規則
    現在、長時間労働是正の策の一つとして注目されている「勤務間インターバル」制度。どのような制度で、先行企業ではどのように導入されているのでしょうか。また、導入の際の法的問題点や社内規定の作り方とは?各項目について、詳しく解説します。
あわせて読みたいキーワード
振替休日
「振替休日」には、大きく分けて労働基準法上の振替休日と、カレンダー上の振替休日があります。このうち、労働基準法上の振替休日の意味を理解していないと、給与計算を間違えたり、トラブルになったりすることがあります。また、休日の割増賃金が発生する「代休」との違いについての理解も欠かせません。これらは賃金の増...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。