企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14629件   回答数31093

パートスタッフが個人でユニオンを通じて退職届けを送付してきた

勤務1年の女性パートスタッフが個人でユニオンを通じて退職届けを送付してきたのですが、
仕事のミスが多いので改善を求めミーティングを数回しているうちに、
続けていく自信が無いと申告してきたのですが、必要な人材と考えていたので
ご本人が疲れている様に感じ少し休養してからの勤務復帰を打診慰留していたのですが、
本人が固辞したため、退職を承諾したのですが、
退職届けの内容が退職前に代表社員である私と管理職の女性スタッフと3人で面談を3回
設けた中での私の発言で傷ついた、退職勧告された等全く承諾できない内容が
記載されていました。


記載内容には自分のミスを責められた等記載されていましたが、実際改善は求めましたが
退職は一切求めず慰留しました。

このような場合退職事由にこだわる必要はありませんか?自主退職扱いで問題ないですか?
社会保険・雇用保険に加入していたパートです。

  • 投稿日:2019/08/07 15:12
  • ID:QA-0086073

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/08/08 00:12
  • ID:QA-0086085

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、退職届の内容は事実でないと判断された場合ですと、自己都合退職扱いで差し支えございません。

当人は不満を感じているのかもしれませんが、判断を曲げてまで退職者に配慮される必要はございませんし、会社と退職者の意見が異なる場合にはハローワークが双方の主張を聴かれた上で退職事由を決められることになります。それ故、そのままの措置で差し支えないものといえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/08/08 01:02
  • ID:QA-0086086

阿倍野区民さん
  • 大阪府
  • その他業種

もう一度しっかり話をして通常の退職願を出しなおしてもらうのが一番ですが、
それが難しい状況かとお見受けしました。

退職事由については、退職届のリアルな文面がわからないので断言できませんが
「ミスを咎められたので退職します」というような内容なら理由はともかく本人の意思です。
退職手続きを遅らせることにもリスクが発生します。

あくまで私が担当であればですが、
まず、「離職証明書の記載内容に関する確認書」は
「事業主記載に異議なし」でとれているのでしょうか(状況からなさそうですが…)
あるなら、自己都合退職としてそのまま喪失手続き時に添付します。
ただし、電子申請ではなく事前に職安に電話で感触を探ってから窓口に行って提出するかと
職安と労基は縦割りで、そこまで直結して問題共有しているわけでもありませんし、
労基に知れてもこちらに落ち度がないなら取り直しに大きな労力をかけるのは無駄かと。
(あくまで内容の程度によります。あまりにひどいなら出し直しを求めるかも)

確認書がないなら、とりあえず一度は提出を求めますし、
その時に退職届も文面出し直しを一応は求めます。
(その後の先方の出方によっては違う対応になるでしょうが)
どうしても確認書がとれなければ、退職届のみで自己都合として手続することも可能ではあります。

退職願が「無理やり退職させられた」という表現なら退職願というよりまさに告発状ですので
これを自己都合の証明とはできないでしょう。
出しなおしてもらえないなら連続欠勤による解雇や期間満了を待っての退職等になるかと思います。
その場合も可能なら本人に事前に説明するほうがよいでしょう。

また、なんにせよ、パートから「パワハラ及び退職勧奨の告発があった」わけですから、
調査委員会を開催しましょう。
そして、
①ミーティングの経緯、発言内容などをできるだけ詳細に記録し、社として問題なければ
堂々と「問題なし」の結論を議事録として残しましょう。
②ミスの具体的事実や証拠があれば保全しましょう。可能であれば他の従業員との比較資料なども

また、ユニオン経由ということなので、そのユニオンのこれまでの活動状況なども
念のため調べておきましょう。

詳細がわかりませんのでことの深刻度合はわかりませんが、
「会社に落ち度無し」の根拠は用意しておいたほうがよいかと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/08/08 10:19
  • ID:QA-0086090

人事・経営コンサルタント

退職届

書かれている内容が「退職届」としての明確な意思と、本人であることが明記されていれば、自主退職として扱うことになります。理由等に納得が行かずとも、特段回答などしない方が無難に終わるのではないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/08/08 12:13
  • ID:QA-0086099

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ユニオンを通してきているわけですから、
ご本人が何を要求しているのか、退職届をよく確認することが必要です。

文面だけですと、退職を承諾したのに、なぜユニオンにかけこんだのか等、話の流れが矛盾しているように思われます。双方言い分が違うかもしれませんね。

通常は、離職理由は会社の判断でかまいませんが、今回は、対応を間違えますと、複雑な団体交渉に発展します。それでも再度、経緯等振り返ってみて、パワハラ発言や退職勧告等ないと会社が判断すれば、問題はありません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職率
よく退職率 何%と表示がありますが、算出方法はどのように行うのでしょうか? 単純に年度末の人員÷退職者数でいいのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
競業避止義務
「競業避止義務」とは、労働者は所属する企業と競合する会社・組織に就職したり、競合する会社を自ら設立したりするなどの競業行為を行ってはならないという義務のことです。一般に在職中は、労働契約における信義誠実の原則にもとづく付随的義務として競業避止義務を負うとされ、また取締役は会社法365条により、在任中...
ジョブ・リターン制度
結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

求める人材を確実に採用する視点 働くパパママ育休取得応援奨励金
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...