企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

リーダーシップ研修のグループ分け手法について

当社では、"営業活動の多様化の中で自ら率先して多様化に対応するリーダーシップを発揮し、エリアマーケティング・チーム営業推進のため、コーチングを含めた部下の育成が出来る営業管理者の育成を行う。"というテーマで人事部とは別の切り口で現在の管理者を対象とした研修の企画を検討しています。当社では今まで管理者の教育をほとんど行ったことはなく、年功的に昇進した管理者も多く、レベルがマチマチです。全員に対して教育を行うにしてもレベルの違う管理者に同内容の研修を行っても効果が薄いと考え、レベル分け・グループ分けを行っての研修を複数回行いたいと考えております。このような場合のグループ分けの手法として適当な手法がありますでしょうか?どちらかのコンサルティングを行っている企業にグループ分けそのものも依頼したほうが良いのでしょうか?よいアドバイスがありましたら返答いただきたいと思います。

投稿日:2005/06/13 18:07 ID:QA-0000848

*****さん
兵庫県/医療機器

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

畑中 義雄
畑中 義雄
有限会社人事・労務

リーダーシップ研修のグループ分け手法について

グループ分けもひとつの方法ですが、まず管理者の意識改革・能力開発のためにテーマ(「部下の能力開発」等、会社が管理職に求めるもの)を決めて、管理者のみのグループワークをしてみては如何でしょうか。
その中で有意義な意見・対策案が出てくれば良し、そうでなくてもグループワークの中で「核」となった人や、興味を持って研修を終えた人を見極めて、次のステップへつなげるのも有効な方法かと思います。
研修の終了後にアンケートを取って、上記に該当する人を段階的にピックアップしていけば良い様に思います。

投稿日:2005/06/13 22:06 ID:QA-0000850

相談者より

早速の返答ありがとうございます。言われます通り、グループ分けは一つの方法と考えています。参考にさせていただきます。
研修後のアンケートは良い方法かと思いますが、どのようなアンケートが良いかがまた悩みどころになりそうですね。

投稿日:2005/06/14 17:47 ID:QA-0030326参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

野口 高志(本名:秀一)
野口 高志(本名:秀一)
株式会社インターディペンデンス・コーポレーション 代表取締役/人材能力開発コンサルティング事業部 プログラム開発ディレクター

研修時のグループ分け方法について

一般的に、この種の研修をグループ分けする場合は、以下の2つの方法が考えられます。

●業務成果がほぼ期待通りのグループ
●業務成果が期待以下のグループ

このグループ分けは、実は期待以上でも以下でも能力用件が同一とは限りません。成果という軸で2分したに過ぎませんが、一方で強みも弱みも同一化傾向にあるとも言えます。その部分(ギャップ)をピンポイントで事前にプログラムデザインして区別化を図ると効果的と思います。

万一、業務の成果を測定できない場合は、少々、乱暴ですが、レベル分けと言う考えをおやめになり、混在型で実施されることもご検討下さい。研修プログラムをデザインする上で、能力向上の到達点を意図的に、具体的に設定しておけば、参加者同士が互いに刺激しあって相乗効果を生むことも期待できます。

いずれにしても、研修のプロにデザインを依頼され、実際にデリバリーされる講師、トレーナー、ファシリテーターと充分、相談されることをお勧めします。

なお、必要でしたら下記のプログラムをご紹介できます。たまたま、貴社と同様の状況下、ニーズで設計した研修です。ご興味がありましたらご一報ください。

●「営業リーダー養成プログラム」

 ・自己認識とセルフマネジメント
 ・組織の方向性と自己のアラインメント
 ・部下育成とモチベーションマネジメント
 ・戦略的チームビルディング 他

●「営業コア・マネジャーのためのリーダーシップ研修」

 ・セルフコンビクションを強化する
 ・戦略思考とインプリメンテーション
 ・モチベーションマネジメント(人を動かす)

投稿日:2005/06/14 00:53 ID:QA-0000851

相談者より

早速の返答ありがとうございます。具体的にレクチャーいただき、大変参考になりました。やはり専門家にお任せするのが良いのでしょうね。あとは費用の問題?
野口様の会社のホームページ等を参照させていただきます。

投稿日:2005/06/14 19:44 ID:QA-0030327大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

畑中 義雄
畑中 義雄
有限会社人事・労務

リーダーシップ研修のグループ分け手法について

 アンケートについて定型なものはありませんが、要は会社の方針をいかに理解・賛同して研修を終えているかが大事だと思います。
 会社の営業方針を理解し、研修内での行動や「核」となれる実行力を発揮できる人材は、自ずと目立って来ると思います。
 もしも、そういった人材が管理職にいない場合は少し危機的ですが、そんな可能性はごく僅かだと思います。
 大事なのはアンケートの中身ではなくて、管理者が感じたことを書いてもらえば良いのではないでしょうか。

投稿日:2005/06/14 18:58 ID:QA-0000880

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2005/06/14 19:39 ID:QA-0030341大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 5. マネジメント研修・管理職研修の形式
    管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
  • マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
    現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
  • 4.研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
あわせて読みたいキーワード
研修内製化
研修内製化とは、社外の人間を講師にして外注していた研修を、社内で完結されるかたちに変えることをいいます。研修内製化には、研修コストを削減できること以外にも、企業独自の研修を実現できることや、ノウハウを蓄積して社内で引き継いでいけることなど、複数のメリットがあります。近年では研修を外部に委託せず、自社...
シェアド・リーダーシップ
「シェアド・リーダーシップ(shared leadership)」とは、職場やチームのメンバー全員がリーダーシップを発揮することを指します。リーダーシップとは、組織やチームの目標を達成するために必要な、他のメンバーに与える影響力のこと。一般的に「経営層やマネジャーといった権限保持者に必要な素養」と考...
リーダーシップ
リーダーシップには明確な定義がなく、さまざまな捉え方がありますが、大きくは「物事を成し遂げる力」と解釈することができます。また、リーダーシップが必要となるのは集団で共通の目的・目標に向かう場面です。そのため、一人で成し遂げるのではなく、集団活動において発揮される力ということができます。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日本企業が成長していくには、「グローバルに対応できる人材をいかに育成し...