企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

社宅費用(住宅手当)の廃止について

相談させてください。
弊社では国をまたいだ社員の異動が多くあり、
海外の駐在を経て、日本へ帰任した社員へは
社宅費用として住宅手当を毎月支払っています。

この住宅手当については、
今後も異動をすることを条件として支給される性質のものです。
(規定には異動できることが条件と記載はなく、帰任時に住宅手当を支給しますとしか記載はありません。)

この度、海外勤務を経て日本で勤務中の社員に、来年から海外勤務の辞令が出されましたが
社員本人が異動を拒否し、今後海外異動はできないと回答がありました。

会社としては、もともとの辞令にある来年以降、住宅手当は支給しない
という対応を取りたいですが、これが不利益変更として見なされるのか、
また、支払いの停止は可能なのか教えていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

投稿日:2018/11/06 18:52 ID:QA-0080244

ねこすけさん
海外/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まずご質問の件とは少し外れますが、こうした転勤拒否に対応される為には異動勤務自体について就業規則で明示されていることが必要になります。恐らくは御社の業態からも明示はなされているものと思われますので、そうであれば当該社員の転勤拒否は原則として認められません。そうなりますと当該社員は転勤命令に従うか、それとも出社を拒否されるか(元の職場では就労不可となります)いずれかの選択を迫られる事になります。

その結果としまして、前者の場合には、住宅手当の支給も当然になされることになります。

一方、後者の場合ですが、「規定には異動できることが条件と記載はなく、帰任時に住宅手当を支給しますとしか記載はありません」とございますので、転勤拒否の件に関係なく帰任された以上は住宅手当の支給が求められます。勿論、出社拒否となれば、会社側としまして当人側に特段の事情がなければ何らかの懲戒処分を取られる事も可能になってきますし、場合によっては最終的に解雇という選択肢もありえるものといえるでしょう。但し、そのような場合であっても規定された支給要件を満たしている以上住宅手当の支給に関しましては不可避といえます。

投稿日:2018/11/06 21:30 ID:QA-0080248

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

異動とは別

本件は異動とは別に考えるべき問題でしょう。異動拒否への懲罰として住宅手当不支給というのは理屈に合いません。異動拒否というのは服務違反であって、別途懲戒規定があるはずですので、そちらでの対応。
住宅手当はこうしたことと連動させずに、就業規則にあるのであれば社員である以上権利です。

投稿日:2018/11/07 11:21 ID:QA-0080260

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

海外赴任と住宅手当受給資格

もし、対応するなら、今年中に「今後も海外勤務が可能であるものに支給する」といった規程を追加することになると思われます。

海外勤務経験があり住宅手当を受給中の方で、たまたま再度の海外勤務が発令されなければ、受給を継続できるわけで、一方で再発令があり、転勤ができないことで受給を取りけされるのは不公平に見えるのは明らかです。その意味で、今、規程を改訂するのは狙い撃ちに見えてしまい、リスクを伴います。

現規程は、海外勤務経験をもって受給資格としているように読め、今後も転勤可能であることは暗黙の前提のようだからです。

貴社には、国内転勤者に住宅手当を支給する規程はありませんか?
そうであれば、代替に国内転勤を発令し、引き続き手当を支給することも可能でしょう。

そうでなければ、当該者には手当を支給し、その後、規程を改訂する案ではいかがでしょうか?

投稿日:2018/11/07 15:43 ID:QA-0080267

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社員が結婚した場合の住宅手当の扱い
 いつも大変お世話になっております。  会社の都合で異動/転勤させた社員がいて、住宅手当を支払っていたとします。その社員が異動/転勤先で結婚し、引越した場合、住宅手当はどのようにすればよろしいでしょうか?  そもそも支払っていた住宅手当は本人が一人で住んでいた住宅の家賃にて算出したものです。結婚...
人事異動拒否
 就業規則で人事異動についての規定は一切ありません。  今回本人は現在の部署でもっと勤務したいというだけの理由で就業規則で「社員は人事異動に応じる義務がある」とは記載されていないとして異動を拒否しています。  このような場合本人の同意を得れないと人事異動を発令することは出来ないのでしょうか。  なお...
労働条件の異なる他への異動時処遇について
店舗販売員がこれまでに2度ほど客からのクレームを受け、現在いる店舗から他の店舗へ異動を考えています。しかしながら、異動先となる店舗は異動元の店舗と営業時間が異なるため、就業条件が異なり、その処遇に思慮しております。 異動元は●週休2日●8時間勤務(拘束9時間、休憩1時間)●週40時時間勤務 異動先は...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 3. 社宅の効果・メリット
    社宅の移り変わりから、社宅制度が否定されているのではなく、従来型の「福利厚生としての社宅」というスタイルが、実情に合わないだけだと分かる。今も企業の住環境を補助を期待する従業員は多い。本章では、社宅のさまざまなメリットを見ていこう。
  • 4. 社宅代行サービスとは
    社宅代行サービスとは、社宅の契約・解約、入退去管理などを中心に、企業が行う社宅関連業務を代行するアウトソーシングサービスである。個別の賃貸借契約、入退出管理、支払管理、さらには物件の斡旋までワンストップでサービスを提供する社宅代行サービスを解説する。
  • 2. 社宅の歴史とニーズの移り変わり
    本章では、主に福利厚生という漠然とした枠組みで考えられてきた社宅が、人材確保などの企業戦略を支える制度になりつつある歴史を概観する。
あわせて読みたいキーワード
玉突き人事
「玉突き人事」とは、一人の従業員を特定のポジションに異動させたことで、ビリヤードの玉突き連鎖のように次々と穴埋めで行われる人事異動のことをいいます。本来、人事異動は人材育成や組織活性化を目的に本人の希望も加味しながら、明確な目的をもって行われますが、玉突き人事の場合には客観的な理由が不明瞭なまま異動...
人事異動
「人事異動」とは、会社組織の中で従業員の配置・地位や勤務状態などを変更することです。従業員の仕事を変えたり、部門間の人員のやり取りを行ったりすることで、適材適所を実現することが目的です。住居の異動などを伴うことがあるため、日本企業では年度末に実施されるケースが多くなっています。
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。