企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「異動」関連のコンテンツ

  • 1

8件中 18件を表示

用語集2018/10/22
玉突き人事とは~意味もなく異動させられる?その理由は?
「玉突き人事」とは、一人の従業員を特定のポジションに異動させたことで、ビリヤードの玉突き連鎖のように次々と穴埋めで行われる人事異動のことをいいます。本来、人事異動は人材育成や組織活性化を目的に本人の希望も加味しながら、明確な目的をもって行われますが、...

記事・コラム2012/07/30
竹内健さん:組織の壁、実力の壁、言葉の壁――“壁”を突破し続ける思考が世界を広げる
半導体産業というグローバル競争の最激戦区で、ときに企業社会の慣習や制度の壁とも闘いながら走り続けてきた世界的エンジニアである竹内先生。今回のインタビューでは、多くの日本人がとらわれがちな内向き志向を振り払うヒントなど、これからのビジネスパーソンに役立...

用語集2011/12/26
バンド型賃金制度
「バンド型賃金制度」とは、職務別あるいは役割別に一定の賃金範囲=バンド区分を設定し、社員それぞれの賃金の額を、本人が属するバンドの範囲内で評価に応じて変動させる賃金制度のことです。バンド(band)は「帯」の意味で、上限額から下限額まで幅をもたせた帯...

記事・コラム2010/04/12
転勤に関する諸取り扱いの実態――支度料、荷造運送費、別居手当など
労務行政研究所が2007年以降、2年ぶりに「国内転勤に関する実態調査」を行いました。転勤は、社員の生活や家計に及ぼす影響が大きいため、企業としてもきちんとその取り扱いを整備しておく必要があります。

記事・コラム2008/04/07
転勤に関する諸取り扱いの実態――回数、実施時期、本人事情の配慮など
労務行政研究所が2005年以降、2年ぶりに「国内転勤に関する実態調査」を行いました。定期異動・転勤発令の回数、内示・赴任の日程のルール化、転勤者選定における本人事情の配慮といった転勤発令をめぐる取り扱いなどについて調べています。

記事・コラム2006/01/23
サントリー株式会社:「変えること」より「変えない」手づくりの人事
「人事部は柔軟であり続けるべき」──。こう語るのは、サントリー人事部の戸部康俊氏。同社で各種採用業務を担当している戸部氏は、人事部は官僚的・保守的ではなく、さまざまなことに対応していける柔軟性を備えなければと言う。また、同社の人材採用においてのビジョ...

記事・コラム2005/10/07
若者に人気の成長分野の企業は人材確保もたやすい、というわけにはいかない
第1志望の転職希望先が第2希望よりも先に内定する、というわけにもいかない
ソフトの時代、コンテンツの時代が叫ばれている。日本製のアニメやゲームは世界的にも人気が高く、資源のない日本の中核ビジネスの一つになるかもしれないと言われるほどだ。しかし、自動車産業やエレクトロニクス産業など、これまでの日本のお家芸と言われた歴史ある産...

記事・コラム2005/10/03
社員の本音がわかって期待どおりの効果はある?人事・総務担当者に聞く「自己申告制度」の課題
現在の職務に対する満足度、異動の希望、職場への意見・提案などについて従業員に申告させる「自己申告制度」。多くの企業が導入し、能力開発、適正配置、現場のモラール向上など、さまざまな面で活用していますが、その一方で問題を抱えるケースも少なくありません。「...

  • 1

8件中 18件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事リーダー育成講座 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会