企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

組織の壁、実力の壁、言葉の壁
――“壁”を突破し続ける思考が世界を広げる [1/3ページ]

竹内 健さん

中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 教授

内外のビジネス環境が激変するなか、企業には、厳しい競争と淘汰に耐えうるサバイバル能力が何よりも求められています。強靭な組織の実現は、それを支える社員一人ひとりのたくましさや柔軟性なしにはありえません。では、そうした人材をどう育成すればいいのでしょうか――「極論すれば、人事部が過保護にしすぎないのが一番」と語るのは、東芝OBで、中央大学理工学部の竹内健先生です。半導体産業というグローバル競争の最激戦区で、ときに企業社会の慣習や制度の壁とも闘いながら走り続けてきた世界的エンジニアである竹内先生の言葉は、多くの日本人がとらわれがちな内向き志向を振り払うヒントに満ちています。


Profile
たけうち・けん●1967年、東京生まれ。東京大学 工学部物理工学科卒業、大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程修了後、東芝に入社。スタンフォード大学でMBA、東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻で博士を取得。2007年に東京大学 工学部電気電子工学科 准教授、2012年より現職。コンピュータシステム、新メモリデバイスの研究に従事。著書に『世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記』(幻冬舎)。日経Tech-Onに「エンジニアが知っておきたいMOT」を連載中。
世界で勝負する仕事術
最先端ITに挑むエンジニアの激走記



なぜ技術者が人事部と闘ってまでMBA取得を?

―― 東芝に長く在籍され、フラッシュメモリの黎明期から技術開発の最前線で奮闘されてきた竹内先生にとって、人事部は“因縁の相手”だったそうですね。

ええ。私が会社にMBA留学を志願したとき、人事部に猛反対を受けたんですよ。でも、反対されたのも無理はないんです。当時、企業負担で留学したのにそのまま会社を辞めてしまう事例が相次いで、社会問題になっていましたから。MBA取得後に辞めた元社員と企業の間で、留学費の返還をめぐる裁判などもよく起こっていました。しかも間の悪いことに、私が留学を願い出たちょうどその時に、東芝の技術者でハーバードのMBAを取っていた方が会社を辞めて、経済誌に「日本の企業はだめだ」なんて記事を発表したものだから、人事はかなり神経質になっていたと思います。

―― いまでこそMOT(技術経営)という概念が広まりつつありますが、当時、技術者が業務に関係のないMBA取得を目指すという例は、東芝にもなかったとか。

竹内 健さん Photo

ほとんど前例がなかったので、反対されたんですよ。社内には、設計技術を学んで持ち帰る技術系の留学制度が別にありましたしね。ほとんどのエンジニアはその制度を使って留学していましたが、技術なら社内でも追求できるでしょう。でも、私は経営を学びたかった。だからMBAだったんです。技術者がどれだけ開発に心血を注いでも、マネジメントがちゃんとしていなければ、その技術は商品化までたどりつけません。フラッシュメモリの可能性を確信していたからこそ、私はただ設計開発するだけでなく、ビジネスとしても自らの手で成功させたかったんです。でも組織の論理からすると、それは越権行為。他の部署ともいろいろぶつかりました。

―― たとえば、どんなことがあったのでしょうか?

フラッシュメモリは、携帯電話やデジタルカメラ、iPodなどさまざまな電気製品に使われています。各メーカーがどんな製品をつくろうとしていて、そのためにどういう半導体を欲しがっているのか、周辺技術はどう進化しようとしているのか、業界の詳しい動向をつかむには、やはり技術者が直接出ていって、主要プレーヤーの担当者と技術面まで突っ込んだディスカッションをしたほうがいいわけです。いわゆるマーケティングですね。ところが顧客や取引先とのパイプをにぎっているのは営業など、研究所とは別の部署ですから、私が出ていくと「勝手に行くな」と怒られてしまう。権限の壁です。研究所から外へ出て、ぶつかって初めて、組織にはそういう壁があることを思い知らされました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

沼田晶弘さん:
小学生を「学び続ける自走集団」に変える
ぬまっち先生流・やる気を引き出すしかけづくりとは(前編)
「卒業遠足でクラス全員が帝国ホテルで食事をし、リムジンに乗って学校に帰る」という、前代未聞の目標に向けて団結した、東京学芸大学附属世田谷小学校6年1組の児童たち...
2017/11/15掲載
井手直行さん:
メンバーが自発的に動き、新たなアイデアが次々生まれる企業へ ヤッホーブルーイングを変えた、チームビルディング研修とは(後編)
斬新なアイデアでファンを増やし続ける「よなよなエール」で有名な、ヤッホーブルーイング。フラットで風通しの良い社内からは新しい発想が生まれ、常に複数のプロジェクト...
2017/10/25掲載
井手直行さん:
メンバーが自発的に動き、新たなアイデアが次々生まれる企業へ ヤッホーブルーイングを変えた、チームビルディング研修とは(前編)
「よなよなエール」「水曜日のネコ」「インドの青鬼」など、個性的なクラフトビールの製造・販売で知られるヤッホーブルーイング。1996年の設立から20年ほどでクラフ...
2017/10/18掲載

関連する記事

人事管理制度の実際
人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第93回
社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」【前編】
「キャリア開発」があらためて注目されている。まずはキャリア開発支援の枠組みをしっかりと把握し、具体的な制度設計に踏み込んでいくことが重要である。「キャリア開発支...
2016/04/14掲載人事マネジメント解体新書
堀義人さん(グロービス経営大学院 学長/グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー):
より良い教育をより多くの人に――志に導かれて四半世紀
社会に変革と創造を促すグロービス流MBA教育の真髄とは
経営学修士(MBA)を取得できる日本最大のビジネススクールとして名高いグロービス経営大学院は、「世界で唯一、ゼロからスタートした大学院」でもあります。その原点は...
2016/03/29掲載HR業界TOPインタビュー
安藤至大さん:
これから日本の「働き方」「雇用」はどのように変化し、
人事はどう対応していけばいいのか(後編)
働き方の多様化が進む中、どのような雇用形態・働き方が求められるようになるのか。また、「年功序列型賃金」「新卒一括採用」などはどうなっていくのか。労働経済学を専門...
2015/08/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”
従業員に対し「能力不足」による降格を実施する場合の
法的留意点と踏むべき手順
「能力不足」による降格は、解雇よりも容易だとして、安易に検討されがちですが、降格の効力をめぐる紛争は決して少なくありません。説明義務、資格や賃金との連動性など、...
2013/09/20掲載人事・労務関連コラム
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...