企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アキニュウガク 秋入学

大学などで入学時期を通例の春季ではなく、秋季とする制度を「秋入学制」といいます。従来、大学の入学時期(学年始期)は文部科学省令で原則4月と規定されていましたが、法改正により2008年度から各大学の学長判断で決められるようになりました。秋入学を導入する大学が増えれば、企業の採用活動にも大きな影響を及ぼすと見られています。
(2011/8/12掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋入学のケーススタディ

“世界基準”導入へ東大が踏み出す
グローバル人材の素養育成にも期待

2011年7月、東京大学が入学時期を春から秋へ移行させる検討作業に入ったことが明らかになりました。これを受けて「秋入学」をめぐる論議がにわかに高まっています。同大では今春発足したワーキンググループが、入試は従来どおりの日程で実施すると前提した上で、秋入学に伴う影響や課題を検討。メリット・デメリットを整理して、年内にも結論を出すとしています。

秋入学導入の最大のねらいは、国境を超えて優秀な留学生や研究者などの人材の交流を促し、大学の国際化を加速させることにあります。世界的に見ると、秋入学がグローバルスタンダードだからです。明治以降、春入学・春卒業は日本人の生活様式として完全に定着していますが、欧米諸国では約8割が9月入学で、春入学はごく一部。海外との留学生交換を行う際も学期のズレなど弊害が多く、以前から、日本人学生の留学離れや大学の国際化の遅れを招いた一因と指摘されていました。東京大学の09年度の外国人留学生比率は2.7%。20%台が並ぶ欧米などの一流大学と比較するとかなり低く、英語圏外というハンディがあったとしても、憂慮すべき実情といわざるを得ません。

もっとも、秋入学への移行はいまに始まった議論ではなく、国際化への対応として80年代からたびたび教育改革の俎上に載せられてきました。08年からは上述したとおり、入学時期を各校の判断で決められるよう規制緩和が行われ、学部単位など部分的に秋入学枠を設けるケースも増えてきましたが、それでも本格的に動き出す大学は現れませんでした。だからこそ今回、日本の高等教育の頂点に立つ東京大学が抜本的な制度改革へ向けて先陣を切った意味は大きく、他大学の追随や大学界全体への波及も必至といわれています。

ただし入試のあり方は検討の対象外で、同大では仮に秋入学を導入しても、小中高校が春入学・春卒業であるため、入試は現行日程を維持するとしています。合格者には、春の高校卒業から秋の入学までの約半年間を「ギャップイヤー」(入学資格を得てから実際に入学するまでに与えられる猶予期間のこと)として、留学やボランティア活動など多様な体験を積ませる方針とのことです。濱田純一総長は「いまの春入学制度は10年もっても50年はもたない。可能な限り早くグローバルスタンダードに合わせるべきだ。秋へ移るなら完全に移ったほうがいい」と述べ、全面移行への強い意欲を示しています。

人材のグローバル化を下支えし、企業の国際競争力の強化にも資すると期待される改革だけに、論議の深まりが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ギャップイヤー
GAPYEAR。英国の大学制度の習慣の一つ。入学資格を取得した18歳から25歳の学生に、社会的見聞を広めるため、入学までに1年の猶予(GAP=すき間)期間を与える制度です。学生は外国に出かけたり、長期のアルバイトやボランティア活動に従事したりします。
2018年問題
「2018年問題」とは、大学入学年齢である18歳の推計人口が2018年頃から減少に転じるため、限られた大学進学希望者をめぐり、各大学間のさらなる競争激化が見込まれる問題のことです。すでに定員割れが全体の半数近くにのぼるなど、現在でも学生集めに苦慮している私立大学の経営悪化が一気に顕在化し、破たんや廃...
大学設置基準の改正
「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「...

関連する記事

人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
業績連動型賞与制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度ですが、経済環境が変化する中で、見直す企業も少なくありません。今回はこの中から、導入状況、導入年、過去5...
2011/06/20掲載人事・労務実態調査
グローバル人材育成推進事業 第1回 Go Global Japan Expo
文部科学省とグローバル人材育成推進事業採択42大学は、高校生や大学生、その保護者を主な対象とした、進学・留学・キャリアに関する相談・体験イベント「第1回 Go Global Japan Expo」を2014年12月15日(日)に開催しました。本レポートでは、当...
2013/12/18掲載イベントレポート

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ANAの研修力 学びを可視化する ビジログ

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...