企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ケイエイダイガクイン 経営大学院

「経営大学院」とは、欧米におけるビジネススクールの日本語訳で、MBA(Master of Business Administration:経営学修士)の学位を修了者に発行する、大学院の修士課程や専門職課程のことを言います。日本の経営大学院には、既存の大学が大学院に設けた従来型の修士課程と、2003年にその門戸を社会人にも開放するために新設された専門職大学院制度にもとづく専門職課程の二種類があります。2000年代前半には、後者の制度創設を機に開学ラッシュが起こり、国内の経営大学院(ビジネススクール)は急増。社員の海外留学を支援する企業が減少傾向にある中、国内でMBA取得を目指すビジネスパーソンの学びの場、交流の場として注目を集めています。
(2016/3/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営大学院のケーススタディ

学び直したいビジネスパーソンで盛況
海外留学より安く働きながらMBA取得

1978年、慶應義塾大学が経営学修士コースとして、社会人向けに二年制の修士課程を新設しました。これが、日本国内の経営大学院(ビジネススクール)のはじまりとされます。次いで88年には、国際大学が国内初の“秋入学”や“英語による全授業の履修”を導入した本格的なMBAコースを提供。筑波大学は1990年代初頭に、日本で初めて夜間授業による社会人向けMBAコースを開講しました。この三つの大学院のチャレンジが、日本のビジネススクールの流れを決めたと言われています。

ターニングポイントとなったのは、2003年度の「専門職大学院」制度の制定。日本は主要国に比べて大学院の規模が小さいという現状を踏まえ、「高度で専門的な職業能力を有する人材の養成」を担うために、教育のすそ野を拡大する目的で導入されたものです。これを機に、専門職大学院として開学・開講する経営大学院が大幅に増えました。現在、経営大学院は国内に100校程度あり、そのうち専門職大学院の在校生は、およそ30校分の定員数に相当する4000~5000名程度。大半は社会人で、数年前に現在の人数に達して以降、高水準を維持しているといいます。一部では学生募集に苦労し、定員割れを起こす例もありますが、平日夜間や土日を利用したパートタイム型のカリキュラム、ビジネス街や駅前などの好立地、柔軟な科目選択、オンライン授業など、忙しいビジネスパーソンでも学びやすい工夫を凝らす大学院には、定員を超える社会人が集まっています。

人も企業も、激化するグローバル競争を免れることはできません。昨今、経営大学院がビジネスパーソンで賑わっている背景に、自分の意思で仕事に直結する知識やスキルを磨きたい、MBAを取得して自らの価値を高めたいという、学びへの意欲の高まりがあることは間違いないでしょう。もちろん社会人がMBA取得を目指すなら、米国のビジネススクールをはじめ海外留学も一つの選択肢であり、むしろかつてはそちらが主流でした。しかし、社内に海外留学制度を設け、社員の留学費用を負担する企業は減少傾向にあり、代わりに、海外留学より費用が安く、働きながら学べる国内の経営大学院がその受け皿となっているようです。

なお、2014年10月から「教育訓練給付金」の給付内容が拡充され、厚生労働大臣から専門的・実践的な教育訓練の対象講座として指定された専門職大学院の講座も、給付金の支給対象となります。経営大学院も例外ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

高学歴ワーキングプア
修士号や博士号を所持してはいるものの、定職に就けず、アルバイトなどで日々の生計を立てている人たちや、弁護士、医師などの国家資格を取得していても開業後に仕事がなく貧しい生活を余儀なくされている人たちのこと。
ジュニアボード制
ジュニアボードとは、若手・中堅クラスの社員が企業経営の諸施策に関して具体的提言を行う“擬似役員会”のこと。柔軟で斬新な発想を取り入れて企業変革を促す、若手・中堅社員の経営中枢への参画意識を高める、意思決定の経験を通じて次世代リーダーの育成をはかる…などの目的で導入されるマネジメント手法です。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍を...

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ” 評価されづらい?「大学院卒」の転職
退職して大学院で学びなおすことで、転職の際に有利になるのか。留学や資格取得は? 人材紹介会社のコンサルタントが語る本音とは――。
2018/12/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
和田秀樹さん 「見落とされている企業経営者の「心」のケア」
日本の企業では見落とされている経営者のメンタルサポートの重要性について、精神科医の和田秀樹さんが語ります。
2004/10/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
柳本直行さん 企業が勝ち残るための「経営品質」
業が長く存続し、発展していくためにはさまざまな要素が必要ですが、そのひとつに「経営品質」という考え方があります。社会経済生産性本部・経営品質推進部部長の柳本直行さんは「企業が勝ち残っていくために追求し続けなければならないもの」だといいます。ビジネス環境が大きく...
2007/03/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

最終学歴の区分について
弊社では、新規入社者の最終学歴情報を、 「中学校卒」「高校卒」「専門学校卒」「短期大学卒」「大学卒」「大学院修了」 としております。 また、今度新規入社の方で「専門職大学院」を修了された方がいらっしゃいます。 そこでご相談させていただきたいのが、 「専門職大学院は、大学院修了と大学卒どちらに...
MBAは資格か? 学歴か?
最近、学び直しでMBAを取得する会社員が増えていると思いますが、弊社でも数名大学院に通い経営学修士課程を修了した社員がいます。 人事部内でもこれを資格として登録するか?学歴として登録するか?議論しておりますが、皆様の会社ではMBAをどちらに区分していますか? お忙しいなか恐れ入ります。 
大学院入学者の処遇について
弊社では、人材育成と技術習得を目的に社命で大学院へ社員を入学させます。学費や交通費は会社負担ですが、大学院への通学日が、平日の18時以降と休日の土曜日になります。 その際の時間外手当は支給するつもりはありませんが、問題ないでしょうか?本人と契約書を交わし、時間外手当は支給しない旨を明記すればよろしい...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ<br />
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

「法律ではどうなっている?」「届出・申請はどう書けばいい?」「最新の通...